【超基本】集客記事と収益記事の役割と書き方を解説

※当ブログにはアフィリエイト広告が含まれます。

「記事を書き続けてもアクセスがほとんど来ない・・・」

「アクセスはたくさんあるのに収益が出ない・・・」

あなたにはこんな悩みはありませんか?

記事をたくさん書いてもアクセスが少ない、または、アクセスはあっても収益が出ないのは「集客記事」と「収益記事」の区別ができていないからかもしれません。

僕も集客記事と収益記事の違いを知らないまま100記事、200記事と書き続けてしまったので「アクセスは10万近くもあるのに収益は数千円・・・」という何とも悲しい結果に終わってしまった過去があります。

結論を言うと、ブログで稼ぐには集客記事と収益記事の違いは絶対に知っておく必要があります

当記事では集客記事と収益記事の役割と、それぞれの記事の書き方について紹介しています。

ブログでなるべく早く収益を出したいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

集客記事と収益記事の違いは?

ブログ記事には大きく分けて「集客記事」と「収益記事」の2つの種類があります。

集客記事は、名前のとおりブログにアクセスを集めるための記事です。

一方で、収益記事は商品やサービスを購入してもらい、収益を上げるための記事です。

  • 集客記事:ブログにアクセスを集めるのが目的の記事
  • 収益記事:アフィリエイトで収益を発生させるのが目的の記事

このように、記事の種類によって目的が全く異なるので、記事の内容や書き方も異なってきます。

ブログは集客記事と収益記事の2種類の記事があることで、アクセスを集められ、かつ、収益を発生させることができるのです。

たとえば、集客記事がなくて収益記事ばかりだと一向にアクセスが集められません。

逆に集客記事ばかりで収益記事がなければアクセスがあっても収益を発生させることができません。

そのため、これから自分が書く記事はどちらなのか、記事を書く前に必ず意識しておくことがきわめて重要になります。

以下でそれぞれの記事の役割を詳しく解説していくよ!

だいだい

集客記事の役割

集客記事とは、文字通り、ブログに読者を集めることを目的とする記事です。

集客記事の役割は、内部リンクを貼り、集めた読者を収益記事に誘導することです。

したがって、集客記事の役割は以下の2つ。

  • 読者をブログに集める
  • 読者を収益記事に誘導する

集客記事は収益記事に読者を送ることを目的とするので、アフィリエイトリンクを貼ることはしません。

集客記事で集めた読者を収益記事に誘導することで、ブログ全体でアフィリエイト成果を上げていきます。

集客記事には、読者の悩みや疑問を解決する記事や、読者にとって役に立つ情報を提供する記事を書きます。

想定したキーワードで検索結果の上位表示を狙って記事を書くことで、多くの人に自分のブログを読んでもらえます。

収益記事の役割

一方、収益記事の役割は、商品やサービスを成約してもらうことを目的とします。

収益記事の役割は以下のとおり。

  • 読者に商品やサービスを購入してもらう

ブログの収益は、主にこの収益記事から発生します。

収益記事では記事内にアフィリエイトリンクを設置し、読者を商品・サービスの販売ページへ誘導します。

そのため、集客記事がたくさんあっても、収益記事がなければ収益を上げることはできません。

収益記事で成約させるためには読者の購入意欲を高めるための文章術である「セールスライティング」の技術が求められます。

成約させやすい収益記事を書くには、商品の特徴やメリットはもちろんのこと、読者がその商品を使用するとどんな未来が訪れるのか等を具体的に説明して、読者の購買意欲を高めることが必要です。

(※その方法については後述しています。)

次はそれぞれの記事の書き方について詳しく解説していくよ!

だいだい

集客記事の書き方

集客記事の書き方のポイントは以下の3点です。

  1. ターゲットを選定する
  2. 収益記事に関連するキーワードで書く
  3. 分かりやすい文章を書く
順番に説明していくよ!

だいだい

①ターゲットを選定する

はじめに想定する読者のターゲットを決めます。

最初にターゲットを決めることで記事の内容がちゃんと読者に伝わるようになります。

ターゲットの決め方で1番大切なのは「たった1人」をターゲットにすること。

ターゲットの決め方については以下の「【重要】ブログ初心者でも簡単に記事のターゲットを決める方法」という記事で詳しく解説しているので、こちらの記事を参考にして記事のターゲットを決めてください。

②収益記事に関するキーワードで書く

集客記事は収益記事に誘導する目的で書くので、収益記事に関連したキーワードで書きます

たとえば集客記事でダイエットの話をしているのに、収益記事では投資のサービスを紹介しても読者は「読みたい」とは思いません。

ですので、集客記事を書くときは収益記事から逆算し、収益記事に関連するキーワードで記事を書く必要があります。

なお、集客記事を読みに来る人は「潜在顧客」と言って、商品やサービスの購入を検討するかどうかはまだ決めていない人たちです。

そのため「買いたい!」よりも「失敗したくない!」という気持ちが強いので、集客記事では上記①で決めたターゲットの不安や悩み、疑問を解決する記事を書くと効果的です。

繰り返しになりますが、集客記事では商品やサービスの紹介は基本的にはしません。

あくまで読者の悩みや疑問を解決する内容で記事を書きます。

読者の役に立つ記事の書き方については、以下の「ブログ初心者でも「アクセスの集まる記事の書き方」を解説」という記事で詳しく説明していますので、こちらの記事を参考にして記事の内容や構成を考えてください。

ブログ初心者でも「アクセスの集まる記事の書き方」を解説 ブログ初心者でも「アクセスの集まる記事の書き方」を解説

③分かりやすい文章を書く

記事の内容が決まったら、記事を作成します。

記事の構成は「PREP法」や「SDS法」などを使って、読者にとって簡潔で分かりやすい文章になるように意識して書いていきましょう。

PREP法やSDS法などの文章構成術については、それぞれ以下リンク先の記事で紹介しています。

ブログ初心者は「PREP法」で記事を書こう! ブログ初心者は「PREP法」で記事を書こう!

ブログ初心者でも分かりやすい記事が書ける文章の型を紹介【SDS法】 ブログ初心者でも分かりやすい記事が書ける文章の型を紹介【SDS法】

収益記事の書き方

次に収益記事の書き方について説明します。

収益記事を書くときのポイントは以下の5つです。

  1. アフィリエイトする商品やサービスを決める
  2. デメリットも正直に紹介する
  3. 実体験や感想を入れる
  4. 読者にハッピーな未来(ベネフィット)を提示する
  5. 読者の感情を揺さぶり購入意欲を高める文章構成で書く
順番に説明していくよ!

だいだい

①アフィリエイトする商品やサービスを決める

収益を発生させるためには、アフィリエイトする商品やサービスを先に決めておく必要があります

そもそもアフィリエイトできる商品・サービスが決まっていないと収益記事を書き始めることができません。

ですので、まずはASPの案件を検索し、自分が売りたい商品を見つけることが必要です。

なお、売る商品を決める際は可能な限り、これまで自分が使ったことがある商品や好きな商品など、自身の体験が活かせるものを選びましょう。

なぜなら、興味のない商品を選んでしまうと記事を書くのが苦痛になってしまうからです。

②デメリットも正直に紹介する

収益記事を書く際は商品やサービスのメリットだけではなく、デメリットも隠さずに正直に紹介します

デメリットも正直に書くことで、読者からの信頼を得ることにも繋がります。

というのも、人間は疑り深い生き物なので、メリットばかり紹介すると読者は、「この商品は本当に買っていいのだろうか?」「何か裏があるんじゃないか?」と逆に不安な気持ちになり、怪しまれてしまいます。

そうすると、購入には至らなくなるので、デメリットも正直に紹介し、読者に安心感を与えましょう。

なお、デメリットを紹介するときは、それを上回るメリットを紹介するようにします。

たとえば、以下の2つの文章を比較してみてください。

「この商材は具体的に解説してありますし、補足のテキストも充実しているので、初心者の人にもおすすめです。」

「この商材は具体的に解説してありますし、補足のテキストも充実しています。すぐに成果が出るわけではありませんが、真面目に継続して取り組めば必ず成果は出ますので、初心者の人にもおすすめです。」

前者と後者ではどちらがより信用できるでしょう?

おそらく後者の方が信用できる内容になっていますよね。

後者の文章は「すぐに成果が出るわけではない」と、あえて商品のデメリットを伝えています。

そのうえで「真面目に継続して取り組めば必ず成果は出る」とデメリットを上回るメリットを紹介しています。

このように、デメリットも正直に伝えた方が読者は安心して購入に進めるので、より信用できる記事を完成させることができます。

また、購入に至らなくても読者から信頼を得ることで、他の記事を読んでもらえる可能性も高まります。

そのため、デメリットもちゃんと正直に書くようにしましょう。

③実体験や感想を入れる

収益記事には、なるべく商品・サービスを使った自分の体験談や感想を入れることがおすすめです。

自分の体験談を紹介することで、商品の使用感など読者は商品を実際に使う場面をイメージすることができます。

あなたもインターネットで商品を買うときに「口コミ」を参考にしたことはあるのではないでしょうか?

商品やサービスを実際に利用したエピソードを読んで「それなら私も試してみよう!」と購入を決める人も多くいるため、実体験や感想はなるべく記事内で紹介するようにしましょう。

また、自分の感想を入れることで、独自性が生まれ、他のブログと差別化を図ることもできます。

独自性のある記事は検索でも上位に表示されやすくなるので、より多くの人に記事を読んでもらえれる可能性も高まり、その結果、収益の増加も見込めます。

④ハッピーな未来(ベネフィット)を提示する

収益記事を書くときは読者が商品やサービスを使うと実際どうなるのか「商品を手に入れた後の未来」を提示すると効果的です。

商品を手に入れた後の未来は専門用語で「ベネフィット」とも言います。

※ベネフィットとは、商品やサービスを購入することでもたらされる変化や未来のこと。

つまり「この商品を買えば今の私はどうなるの?」ということを読者にしっかり認識させてあげると、商品に対する読者の期待と購入意欲が高まり、成約に至ってくれる確率が劇的に高くなります。

そのため、収益化を加速させるためには「商品を手に入れた後のハッピーな未来」は必ず記事に盛り込むようにしましょう。

⑤読者の感情を揺さぶり購入意欲を高める文章構成で書く

収益記事は読者の購入意欲を高める文章構成で書いていきます。

ここで必要な文章力は「売れる文章を書く力」。

つまり、セールスライティングのスキルです。

要は読んでいて「欲しい!」と思える文章が書けるかどうかということ。

では、どうすれば「売れる文章」を書くことができるのでしょうか?

答えは「感情を揺さぶる」ことです。

なぜなら人が物を買うときは「感情」で購買を決めてから「理屈」で正当化するからです。

そして感情を動かす文章には「テンプレート」があります。

ある一定のパターンに当てはめるだけで、初心者でもそれなりに売れる文章を書くことは可能です。

そのテンプレートの1つが「新PASONAの法則」。

新PASONAの法則については以下の「初心者必見!アフィリエイトで商品を成約させる記事の書き方【新PASONAの法則】」という記事で詳しく解説しているので、こちらの記事を参考にして収益記事を書いてみてくださいね。

初心者必見!アフィリエイトで商品を成約させる記事の書き方【新PASONAの法則】 初心者必見!アフィリエイトで商品を成約させる記事の書き方【新PASONAの法則】

記事を書く順番は?

集客記事と収益記事はどちらから先に書いていけばいいのでしょうか?

結論としてはどちらから書き始めてもOKです。

初心者は書きやすい方から書いていけば良いでしょう。

難易度でいえば収益記事よりも集客記事の方が書きやすいです。

しかし、個人的には収益記事を書いてから集客記事を書くのがおすすめです。

なぜなら、収益記事を先に書くと、集客記事が書きやすくなるからです。

というのも、収益記事を書くには紹介する商品について、一定の知識や理解が必要になります。

あらかじめ商品についての知識があると、集客記事を書くときも収益記事に自然とつなげられるように書くことができるので、効率よく記事を書くことができます。

集客記事と収益記事の割合は?

集客記事と収益記事の割合はブログのテーマやジャンルにもよりますが、だいたい9:1~8:2が目安です。

記事を作る時は売りたい商品を決めたらまずは収益記事を1記事書き、関連するキーワードで集客記事を10記事ほど書いて収益記事へリンクをつなげていきます。

集客記事から収益記事への自然な誘導を心がけよう

集客記事を書く際は、内部リンクを貼って収益記事へ読者をスムーズに誘導することも大切です。

記事の内容と関連する収益記事へ、自然な流れで誘導できるように意識して書くと良いでしょう。

収益記事へリンクを貼る時は、記事を読む読者の気持ちになり、集客記事を読んだ読者が収益記事も読みたくなるような自然な誘導を心がけるようにしてください。

【最後に】集客記事と収益記事の役割を理解してから記事を書こう

当記事では集客記事と収益記事の役割や目的、そしてそれぞれの記事の書き方について詳しく解説しました。

最後にまとめておくと、

  • 集客記事:ブログにアクセスを集めるための記事
  • 収益記事:アフィリエイトで収益を発生させるための記事

それぞれの記事の書き方は以下のとおり

【集客記事の書き方】

  1. ターゲットを選定する
  2. 収益記事に関連するキーワードで書く
  3. 分かりやすい文章を書く

【収益記事の書き方】

  1. アフィリエイトする商品やサービスを決める
  2. デメリットも正直に紹介する
  3. 実体験や感想を入れる
  4. 読者にハッピーな未来(ベネフィット)を提示する
  5. 読者の感情を揺さぶり購入意欲を高める文章構成で書く

ブログで稼ぐには集客記事と収益記事の役割を知ったうえで記事を書き分け、それぞれの記事をリンクでつなげ読者の導線を整えることが大切です。

最初のうちは意識するのが難しいかもしれませんが、「これから書こうと思う記事は以前書いた記事につなげることができそうかな」と考えながら記事のネタを探すのがおすすめ。

集客記事と収益記事を使い分け、それぞれの記事を書くことができれば、あなたもブログで収益をどんどん上げていくことができるようになりますよ!

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

3 COMMENTS

taka

はじめまして、takaです。
ランキングサイトから来ました。
集客記事と収益記事。記事で随分違ってくるんですね。
見直すと集客はブログで、収益はアフィリエイトなどのLP用になるんですかね。

返信する
だいだい

takaさん

はじめまして。
当ブログ運営者のだいだいです。

コメントありがとうございます!

はい、大体そのような認識でOKです。

集客記事は読者の悩みを解決し読者から信頼を得ることを目的として記事を書きます。
一方、収益記事は読者に商品を購入してもらうことを目的として記事を書きます。

このように目的によって記事の書き方も変わってくるので、
記事を書く際はどちらの記事を書くのか区別してから書き始めることが大切です。

他に質問や疑問点があれば遠慮なく書き込んでくださいね。

返信する
taka

集客記事と収益記事。記事で随分違ってくるんですね。
見直すと集客はブログで、収益はアフィリエイトなどのLP用になるんですかね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA