スポンサーリンク

奈良盆地周遊型ウォークルートの葛城市パート(前半)~大和高田市パートを歩いてみた

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
大ちゃん
大ちゃん

こんにちは。大ちゃんです。

先日、奈良盆地周遊型ウォークルートの葛城市パートの前半と大和高田市パートを実際に歩いてきました。

スタート地点は御所市の猿目橋バス停、ゴール地点は近鉄尺土駅、距離は約14.5km。

なお、かっこ内の数字は写真を撮影した時間です。所要時間の目安にしてください。

スポンサーリンク

御所市の猿目橋バス停からスタート

今回は御所市の猿目橋バス停からスタート。

近鉄御所駅から葛城ロープウェイ行きのバスに乗り、この場所にアクセス。

時刻は午前11時前。

なお、この猿目橋バス停は、葛城古道の終点にもなっています。

バスを降り、西へ進みます。いきなり上り坂。(10:56)

御所市の老人福祉センターの横の坂道を登っていきます。(10:59)

さらに坂が急になっていきます。(11:01)

石標に葛城山頂と書かれています。(11:04)

さらに坂道を登っていき、ガードレールのあるところを右折。(11:06)

ここからは下り坂に。奈良盆地が見渡せます。(11:07)

そのまま下ると県道へ。左折して県道を進みます。

そばには水車とポストがありました。上り坂です。(11:11)

県道から外れ、矢印の方向へ進みます。(11:13)

下り坂を進み次の分かれ道を右折。

木標には「笛吹神社」とあります。(11:18)

葛城市パート(前半部分)

ここから葛城市に入ります。

道なりに進むと別れ道に。ここは左の方向へ。(11:23)

その後もいくつか分岐になっていますが、標識があるので迷うことはありません。(11:26)

11時30分ごろ、葛木坐火雷神社(通称「笛吹神社」)に到着。

ここは全国でも珍しい火の神様と音楽の神様が祭られている神社。

笛吹神社を参拝したため30分ほど経過。

次は葛城山麓公園を目指して歩きます。

神社を後にしてルートを進みます。

この分岐を左へ進みます。(11:56)

ここからはしばらく上り坂。左前方に葛城山、右前方に岩橋山を目にして進みます。(11:57)

と、ここでハプニング発生。

ルートでは坂を上ったところの交差点を右折しで老人ホームがある方向へ進むのですが、道路の工事中のため、通行不可とのこと。

仕方なく直進し、次の分岐で右折。

老人ホームを大回りするように迂回し、本来のルートに復帰。

※写真は迂回した道です。(12:15)

 

このため、10分ほどロスになりました。

大きな道の下り坂を進みます。(12:17)

葛城山麓公園の看板がある場所を左折、交差点で道標もあるので分かりやすいです。(12:20)

葛城山麓公園への入り口。(12:22)

今回はここで昼食にしました。平日のためか、公園内には他に人は誰もいませんでした。(12:40)

昼食を取り再び歩き出します。

葛城山麓公園を後にし、大きな道を進んでいきます。(12:45)

ここから再び上り坂。(12:47)

坂を上り切ってしばらく進むと、左側にある細い道へと進んでいきます。(12:49)

道は細いですが畦道ではなく、舗装されています。(12:50)

田畑の間を進んでいきます。(12:53)

まっすぐ進んでいくと道が民家が立ち並ぶ方へ入ります。(12:56)

ここからは住宅地の中の道を進むので、少し分かりにくいです。

ここは斜め左の方向へ。(12:58)

ここは左の方向へ(12:59)

分岐がありますが、まっすぐ進みます。(13:04)

ここは左へ。標識はありませんでした。(13:07)

今度は右へ進みます。(13:08)

坂を登っていくと二塚古墳の前の道へ。

右のコンクリートで舗装された急坂を登っていくと古墳があります。

二塚古墳。説明の看板以外は特に何かあるわけではありません。ただ、草刈りが行われているところを見ると、ちゃんと管理はされているようです。(13:11)

ここでどちらに行くか迷いましたが、標識は民家の横の細い道が「浄願寺」となっているため、細い道を進みました。(13:13)

※黒い矢印はルートではなく、今回実際に通った道です。

左に民家、右に竹林。(13:13)

しばらく進むと浄願寺の癒しの庭の前にでました。(13:16)

本来のルートは古墳のところでまっすぐに進み、この癒しの庭を回り込むようなルートだったのですが(ピンクの矢印)、民家横の細い道へ進んでしまったため、この写真の地点まで、ルートから離れてしまったようです。

逆側から見た写真。ピンクの矢印の方向へ進みます。本来のルートはピンクの矢印のとおりです。(13:22)

標識がありませんが、細い道へ進みます。下り坂。(13:24)

葛城市給食センターの前を通り過ぎ、県道へ。左折して県道に入ります。

下り坂の県道を進んでいきます。道路の両側とも歩道はありますが、少し狭いです。(13:30)

道の駅かつらぎの前。ここにウォークルートの案内板がありました。(13:38)

中戸交差点で信号(横断歩道)を2回渡ります。

交差点の横断歩道で道路の右側に渡った後、さらに写真奥の方の直進に交差している道路を渡り左に進みます。

次の交差点には横断歩道はありません。(13:43)

ここからは南阪奈道路および大和高田バイパスの高架橋の下の道をひたすら歩きます。(13:45)

信号のある横断歩道を何度かわたります。(14:05)

近鉄御所線の踏切を渡ります。(14:12)

東西橋西詰南側交差点で左折します。(14:15)

高架をくぐり向かい側の道路へ渡ったら橋を渡り左折します。(14:16)

大和高田市パート

ここから大和高田市に入ります。

高田川の東側の歩道を進んでいきます。(14:21)

しばらく川に沿って道なりに進みます。紅葉しているのは桜の木。(14:24)

道は舗装されていますが、少し草が茂っていて歩きにくい場所がありました。(14:35)

車道と合流してしばらく進み、左折。磯野西橋を渡ります。(14:40)

橋を渡ったらすぐに右折。川沿いに進んでいきます。(14:40)

近鉄南大阪線の踏切を渡ります。右には川を挟み県立高田高校、左には大和高田市病院。(14:43)

国道を横断歩道か歩道橋で渡ります。イチョウの黄葉が綺麗でした。(14:47)

大中公園に到着。(14:52)

この大中公園は春になると桜がとても綺麗で有名な場所のようです。

この日は平日でちょうど下校時間のためか、子どもたちが遊具で遊んでいました。

そして子どもたちの母親であろうママさんたちが何人かで立ち話をしており、近くには老人の家があるためか、お年寄りたちもベンチに座って会話を楽しんでいました。

見たところ、この大中公園は市民の憩いの場になっているようです。

公園にある池を回り込むように進みます。(14:58)

池にはこのような浮御堂も設置されており、春のお祭りの日にはここで能が楽しめるようです。(14:59)

公園を出たら病院の出入り口前にある横断歩道を渡り、国道を右(西の方向)へ進みます。この国道が竹内街道です。(15:02)

川を挟んだ側道へ進みます。なお、車道側の道は左側に歩道がありません。(15:03)

再び葛城市へ

この辺りで再び葛城市へと入ります。

左側に団地、川と道路を挟み右側にはドラッグストア。右前方には二上山も見えます。(15:11)

尺土五の坪交差点を渡ってから左折。(15:16)

この辺りは団地や住宅地のほか、スーパーなど商業施設が密集しており、便利そうです。

踏切の前の道で右折。(15:19)

住宅街の中をしばらく進んでいきます。

神社がある場所で左折。(15:27)

左に曲がるとすぐに近鉄尺土駅が見えます。

地下道を使って近鉄尺土駅の下をくぐります。(15:30)

15時30分過ぎ、近鉄尺土駅に到着しました。(15:34)

今回のウォーキングはここで終了です。

最後に

所要時間は約4時間半。

途中、神社に参拝したり昼食を取ったりしていたので、歩いた時間は4時間弱。

今回実際に歩いたルートを地図上で測ってみると、約14.5kmの道のりとなりました。

なお、昼食に適した場所は今回のルートだと葛城山麓公園か道の駅かつらぎのどちらかがいいでしょう。

御所市の境から道の駅かつらぎまでは、基本的に民家の間や田畑など、のどかな風景の中を進んでいきます。

トイレもあるため、安心して歩けます。

ただ、道の駅を越えて大和高田市に入る手前までは、南阪奈道路および大和高田バイパスの高架橋の下を2kmほど延々と歩いていくので、つまらなかったです。

大和高田市パートについては、途中の大中公園を挟み、前半は高田川沿いの歩道を、後半は基本的に住宅地の中を進んでいくことになります。

そのため、途中の大中公園で休憩を入れるのがおすすめです。

今回の記事は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

タイトルとURLをコピーしました