夢民島

~むみんとう~

サーバー移転に1週間悪戦苦闘した話

※この記事は約9分で読めます。

calendar

reload

サーバー移転に1週間悪戦苦闘した話

こんにちは。うつ病ブロガーの大ちゃんです。

前回のブログ運営報告の記事にも少し書いたのですが、2017年の2月下旬から2017年3月上旬にこのブログで使用しているレンタルサーバーの移転作業を行っていました。

「サーバーって何?」という方に簡単に説明すると、サーバーとはブログの文章や画像を載せるために借りている土地のようなもので、今回行った作業は前の土地(サーバー)から新しい土地(サーバー)へのお引越し作業です。

僕はコンピュータの学校に通っていた経験はありませんが、家族の中では一番そういうことには詳しいと自負しており、始めのうちはネットで調べるとやり方を書いている記事がたくさん見つかったので事前にそれ目を通していたところ、「こんなの楽勝じゃん」と思っていた僕でしたが、実際の作業に移ってみると全然楽勝ではなく結局サーバー移転に1週間もかかってしまいました。

具体的に言うと「ロリポップ!」から「エックスサーバー」に移転したのですが、今回はそのサーバー移転に僕が1週間もかかった話を書いておこうと思います。

スポンサーリンク

サーバーを移転しようと思った経緯

僕は約1年前にこのブログ『夢民島』を立ち上げましたが、その時は1年でこんなにアクセスがあるブログになるとは思ってもいなかったので、初めてレンタルサーバーを契約するということもあり「ロリポップ!」という初心者向けで月に500円ほどの安いサーバーを借りてブログを書き始めました。

しかし前回の運営報告の記事にも書いた通り、1日に約2,000人、月にして約6万人に見られるブログになりページや画像を読み込む速度も遅くなってきたなあと感じていました。

この時からもっと読み込みも早くて性能が良いサーバーに引っ越ししたいなあとサーバーの移転を検討していました。

そして僕がサーバーの移転をしようと決めた一番の理由は自分のブログに503エラーが出るようになってきたからです。

503エラーとは「サーバーの同時アクセス数が制限を超えているため、サイト閲覧者の閲覧を制限していますよ」という意味です。

つまりこのエラーが表示されている間はブログにアクセスされても画面が真っ白になって閲覧することができない状態になっていました。

「せっかくアクセスしてくれたにもかかわらず記事が表示されないというのはすごい機会損失につながっている…」

と考えた僕は将来的にもスペックの良いサーバーに移転した方がメリットが多いし、さらに記事数が増えると移転に費やす時間や手間もさらに増えることになるので「やるなら早い方が」と思い、サーバーの移転をすることに決めました。

初めてのサーバー移転記

エックスサーバーを契約

「ロリポップ!」より性能の良いサーバーはいろいろあるのですが、僕はプロブロガーと呼ばれる人や多くの企業のホームページでも利用されている「エックスサーバー」を契約しました。

エックスサーバーを選んだ理由は無料SSL化ができることや電話サポートが受けられる等、理由はたくさんあるのですが、この話は後日また別の記事でまとめてみようと思います。

当ブログ「夢民島」を常時SSL化しました!

今回僕が契約したエックスサーバーをはじめ、たいていのレンタルサーバー会社には10日間ほどのお試し期間があり、その期間中は無料でサーバーを利用することができるのですが、僕はこのお試し期間中に移転ができればと思っていました。

データベースとファイルの移転作業

ここからは少し専門的な用語がでてくる話ですので、ここでこのブログの仕組みについてもちょっと説明しておくことにします。

このブログは「ワードプレス」という仕組みでできていて、ワードプレスはこれまで書いた文章がある「データベース」と写真などの画像がある「ファイル」の2つで構成されています。

そしてサーバーを移転するにはいったん前のサーバーから自分のパソコンにデータベースとファイルをダウンロードしておいて、自分のパソコンにダウンロードしたデータベースとファイルを新しいサーバーにアップロードすることが必要です。

その他にも設定などやることはたくさんあるのですが、イメージとしては中身を取り出して別のところへ中身を移すいわば移植手術のような感じです。

うまくいくはずが…

こちらの方の記事を参考に僕は作業を進めていきましたが、これまで書いた記事が150記事もあるためファイルのダウンロードおよびアップロードにそれぞれ5時間ぐらいかかりました。

設定も終わりこれで新しいサーバーでちゃんとブログが表示されたら成功だと思い新しいサーバーの方にアクセスしてみましたが、サーバーの内部エラーである500エラーが出て表示されませんでした。

事前に移転方法の記事もくまなく何回も読んで作業も間違いがないように確認してしたつもりでしたがこのありさまです。

500エラーなので設定の記述をミスったのかなと思いましたが、この日はもう遅かったので翌日再び試してみることに。

また失敗

昨日移転に失敗したデータを一旦削除してから作業を進めます。

ファイルのアップロードにまた5時間がかかり、今度はページが表示され「よし!成功したぜ、やった!」と思ったのですが今度はワードプレスの初期画面が表示されてしまい、これまで書いた記事が表示されず初期状態になってしまいました。

また次の日。「今度こそは成功させてやる!」と思い再びやってみましたが結果は前日と同じ初期画面に。

「これは参ったなあ~」

と半分お手上げ状態の僕。

エラーも出ていないため「なんでうまくいかないんだ」と、うまくいかない原因も分からずモヤモヤした気分になり、いっそのこと移転作業を代行してくれる業者に依頼しようかと思ったりもしまいたが、代行費用を調べると相場が5万円~8万円ぐらいかかるようで、この後にサーバーの本契約も控えていることもあり、そんなにかかるならばやっぱり自分でやってしまおうと思いました。

そして何より自分でできれば自信にもなるし5万円で誰かの代行を自分がすることもできる。だったら自分の功績にしてしまおう。

そう思った僕はこれまでと同じ方法では何回やってもうまくできないので他にやり方がないか調べてみることにしました。

別の方法で試してみると…

調べてみるとプラグイン(拡張機能)を使う方法とワードプレスのエクスポート・インポートを使って移転する方法の2つが見つかりました。

プラグインは記事数や画像が多いとエラーになる場合もあるとあったのでエクスポート・インポートを使う方法でやってみるとな難なくあっさり成功。

データベースを新しいワードプレスにインポートするだけでこれまで書いた記事が表示され、この時は

「3日間の苦労は一体なんだったんだー!!」

という感じでした。

その後ファイルをアップロードすることで前のサーバーと全く同じのブログが完成。

うまく移転ができたのを確認したところで早速次の日に新しいサーバーの本契約を済ませました。

設定が初期状態になっていたり画像がうまく表示されなかったりした部分もありましたが、こちらも3日ほどかかったものの修正ができてようやくサーバーの引っ越しが完了しました。

一つだけ致命的なミスが…

ただここで重大なミスを犯してしまいました。

新しいサーバーで記事も画像もちゃんと表示されたのが嬉しかったのもあり、全部確認しなかった僕が悪いのですがこのミスに気付いたのは新しいサーバーで公開した後のことだったのです。

僕はブログの個別記事のURLにカテゴリー名を含ませているのですが、データベースをエクスポートする際に設定をミスって一つのカテゴリーだけ引き継ぎがされないままになっていました。

※URLとはウェブページの住所のようなもので例えばこのページは「https://mumin27.net/blog/server-transfer-hardships」です。

そのため一部の記事のURLが変わってしまったのです。

これの何がまずいかと言うと、これまでSNSでシェアされたURLと異なるためその投稿からページを開いた場合は「記事がありません」と表示されてしまいます。

また検索サイトでの検索順位の結果に影響を及ぼし、多くの場合はこれまでより順位が下がりアクセス数が下がってしまうといったデメリットがあるためです。

「ああー、とんだへまをこいてしまったな」

と落胆していたのですが、気づいた時には遅かったし幸いもともとシェア数が少ない記事で、しかも不思議なことに検索サイトからのアクセス数は減るどころか移転前より増えていき、自分で検索してみても順位が上がっていたのでそのまま変わってしまったURLにしておくことにしました。

URLが変わったもののアクセス数が増えたのは、最近は低品質な記事は検索結果からはじかれて役に立つ質の良い記事が上位表示されている傾向にあるので、自分で言うのもなんですけど記事の内容がある程度評価されているからなのかなと思います。

今回得た教訓

初期投資は大事

今日は僕がサーバー移転に苦労した話を書いてきましたが、今回の経験で僕が一番思ったことは、これからワードプレスでブログを本気で続けようと思っている人は初めからスペックの高いサーバーと契約すべきだということです

サーバーの移転は初心者や知識や技術が少ない人にとっては大変です。

1年もブログを書き続けると自然に画像等のデータ容量もアクセス数も増えていくためそれなら最初から利用するサーバーはケチらずに投資すべきです。

しかもサーバーは初期費用も別にかかるため移転をするとまた初期費用が必要になります。

始めは損かなと思っても長い目でみると金銭的にもスペックの高いサーバーと契約した方が得です

カテゴリー名はURLに含ませない方が良い

またブログ記事のURLを決めるときカテゴリー名はURLに含ませない方が良いです。

ブログをワードプレスで始めるときに重要な初期設定の1つであるパーマリンク設定ですが、今回の僕のような不注意でURLが変わってしまうこともあるので注意が必要です。

僕の場合は幸いにも大きくアクセス数が減少してしまうということにはならなかったのですが、検索順位以外の面でもカテゴリーを後から変更したいときにそれができない不便が生じるため初めからカテゴリー名を含ませないようにした方が良いです。

仕組みが分かった

最後に、実際自分でサーバーの移転作業をしてみていろいろ勉強になったことがありました。

昔はHTMLやCSSなど専門的な知識がないとブログは作れませんでしたが、今は誰でもその気になれば専門知識なしでブログを開設することができます。

例えば、上でも紹介したようにこのブログは「データベース」と「ファイル」で構築されているということはこれまでも頭ではなんとなく分かっていましたが、実際にデータベースやファイルを移動させるときにおいて、「これがデータベースなのか」ということが分かってどういう仕組みで自分が作ったブログが表示されるのか理解が深まりいろいろ勉強になりました。

今回のように自分がとても苦労したので「5万円でブログのサーバーの移転をしてほしい」と頼まれると「もう2度とやりたくない」という気持ちの方が強いですが、ひととおりのやり方はなんとか教えることができそうです。

最後に

今回は1年ワードプレスでブログを書き続けた僕がサーバー移転に悪戦苦闘した話をまとめて書いてみました。

実は僕は今回まとめたサーバー移転と同時にドメインの移管も行ったのですがこちらもうまくいかずに苦労しました。

この話もまた記事にしようと思っています。

とにかくワードプレスでブログやサイトを本格的に運営したいと思っている人は初めから高スペックなサーバーで始めることをおすすめします。

僕も契約しているエックスサーバーなら電話サポートなどの手厚いサポート体制の他に定期的に初期費用が安くなったりドメインが無料でもらえる等のキャンペーンも行っています。

1年前は何も知らなかったですが、移転をするのにこんなに苦労するんだったら初めからエックスサーバーにしておくべきでした。

専門知識があり自分で何でもできる人は深く考えなくてもいいですが、僕のように知識も乏しい初心者の人はエックスサーバーをおすすめします。



★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

関連記事&スポンサーリンク



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

大ちゃん

社会人1年目で就職した会社で過労・睡眠障害によりうつ病を発症後、休職から退職に追い込まれた25歳の男。現在はうつ病療養の傍ら複数のサイトを運営。当ブログ『夢民島』は毎月5万人以上の人に読まれています。 [詳細]

folder お知らせ

当ブログ「夢民島」を常時SSL化しました!
more...

folder お役立ち

大阪メトロ谷町線天王寺駅からJR天王寺駅への乗換案内
JR天王寺駅から地下鉄谷町線への乗換案内
JR新今宮駅からは地下鉄動物園前駅へも乗り換え可能!乗換方法を画像で解説
more...

folder 政治

参議院選挙に思うことと若い有権者に伝えたいこと
more...

folder 副業

副業の解禁や推進は大量倒産・大量失業時代への伏線だと思えてならない話
ビデオリサーチの会場調査に行ってきた
D STYLE WEBの会場調査で4,000円頂きました
more...

folder 音楽

ゆっぴの歌う『メロンパンのうた』がゆるさ全開で面白い!
奈良のご当地ソングを10曲厳選して紹介!
『おふろのうた』をガチで考察してみた
more...

folder 旅行記

大阪周遊パスはどれだけお得になるのか?実際にパスを使って観光してみたまとめ
青春18きっぷで行く豊岡・出石日帰り観光
青春18きっぷで行く日帰り尾道観光
more...

folder 登山

大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
六甲山登山【阪急岡本~有馬温泉約9㎞コース】
more...

folder 京都

JR京都駅から地下鉄京都駅への乗換案内
京都地下鉄1日乗車券でラクラク観光!優待特典もあって便利でお得!
JR京都駅から近鉄京都駅までの乗換案内
more...