スポンサーリンク

古いテレビでもYouTube動画を大画面で見る方法

動画配信サービス
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
大ちゃん
大ちゃん

こんにちは。大ちゃんです。

スマホやパソコンよりももっと大きな画面でYouTubeを見たい・・・!

そんなこと言ってもうちのテレビは古いからネットにつなげられないよ・・・!

スマホで動画を見ていると目や肩が疲れてきますし、バッテリーの消耗も早くなります。

また、動画を見ている間は他のアプリを使うことができなくなってストレスがたまりますよね

僕も以前はよくスマホでYouTubeを見ていたのですが、もっと大きな画面、例えば部屋にあるテレビで見れたらいいのになあと思っていました。

しかし、僕の家のテレビはネット接続ができない古い型のテレビ。

テレビ本体も以前よりは安くなったとは言え、やはり買い替えるとなると高価な買い物になりますし、そもそも故障しているわけでもないので、YouTubeを見るためだけに買い替えるというのはもったいないです。

ですが、あるアイテムを手に入れてからはYouTubeなどのネット動画をテレビの大画面で見ることができるようになったんです!

これには僕はもちろんのこと、家族も大満足!

今回は「テレビの大画面で動画を楽しみたい!」というあなたに、家のテレビがネットに対応していなくてもYouTubeなどの動画配信サービスを大画面で楽しめるようになる方法をお伝えしますね。

スポンサーリンク

コレ1台でおうちのテレビが動画配信サービス対応に早変わり!

ネットに接続できない古いテレビでもYouTubeをはじめとした動画配信サービスが楽しめるようになるアイテムがこの「Amazon Fire TV Stick」。

Amazonの「Fire TV Stick」本体。大きな消しゴムよりも一回りほど大きなサイズで、音声操作が可能なリモコン付き。

このAmazon Fire TV Stickがあれば、おうちにあるテレビの大画面でYouTube等の動画が楽しめるようになります

使い方はとっても簡単。

テレビのHDMI端子にコンセントをつなげたFire TV Stickを差し込むだけ。

ちなみにHDMI端子なら2010年以降に発売されたテレビであればどのメーカーのテレビでもあるので家のテレビが古くても大丈夫!

たったこれだけでYouTubeはもちろん、各種動画配信サービスの様々なコンテンツが全部テレビの大画面で楽しめるようになりますよ!

これでもう目が疲れたり肩が凝ったりすることはないですし、スマホのバッテリーを気にしながら動画を見る必要もなくなります。

そして何よりもYouTube動画を見ながらLINEやTwitterなど他のアプリも手元のスマホで使えるようになるので、ストレスを感じることなく動画を楽しめるようになりますよ!

なお、このFire TV Stickは、家電批評オブ・ザ・イヤーでも準グランプリに輝いたことがある製品で、実際に一度使ってみると、誰もが「買って良かった!」と絶賛する極めて優れたアイテムとなっているんです。

ここで、実際にFire TV Stickを購入された方の声を見てみましょう。

このように、Fire TV Stickはたいへん人気の高い商品ですので、頻繁に品切れ(入荷待ち)が発生します。

特に年末年始や春休み・夏休みなどの前には注文が殺到するので、なるべく早めに購入されることをおすすめします。

以上、ネットに対応していない古いテレビでもYouTube動画を見る方法を紹介しました。

大ちゃん
大ちゃん

最後までお読みいただきありがとうございます。当記事があなたの参考になればうれしいです。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

タイトルとURLをコピーしました