入社1年目の新卒でも会社を辞めてOK?ブラック企業であるなら退職代行の活用も

入社1年目で辞める

こんにちは。うつ病ブロガーのだいだいです。

入社1年目なんだけど、上司の嫌がらせやパワハラに耐えられないので今すぐにでも会社を辞めたい・・・!

入社前に聞いていた話と違い、残業や長時間労働が多すぎてしんどい・・・!でもなかなか「会社を辞めます」と言い出せない・・・!

この記事を開いたあなたは、こんな悩みを抱えてはいないでしょうか?

この記事の結論としては、たとえ入社1年目の新卒であっても、たまたま就職した会社がブラック企業であったり、最初の配属先で理不尽な上司にあたってしまったりした場合は、会社を辞めることもやむを得ない選択だなというものです。

というのも、この記事を書いている僕自身も新卒で入社した会社を4ヶ月で辞めた経験があるんです。

僕の場合も、入社した会社では長時間労働を強いられる割には休みの日も少なく、おまけにサービス残業も当たり前にあり、俗に言う「ブラック企業」でした。

そんな過酷な職場環境の中、そのまま我慢して働き続けた結果、ある日突然うつ病を発症し、出社することが困難になりました。

そこで今回の記事では、実際に新卒で入社して4ヶ月で会社を辞めた経験のある僕が、

  • 「入社1年目でも会社を辞めた方が良いケース」
  • 「入社1年目にもおすすめできる退職代行サービス3社」

の主に2点について、詳しく説明していきたいと思います。

当記事を最後まで読むと、入社1年目でも会社を辞めた方が良いケースが分かり、苦痛を伴うことなく会社を辞める方法も分かります。

入社1年目でも会社を辞めた方が良いケース

まず、「会社を辞めたい!」と思った時に、全ての場合において辞めることをおすすめできるというわけではないんですよね。。

ですが、「会社を辞めたい!」となった時に、以下のような状況の場合はなるべく早くやめた方が良いと断言できます。

  1. 入社した会社がブラック企業体質で残業や長時間労働を無理強いさせられている場合
  2. 上司からパワハラや嫌がらせ等、何らかの精神的苦痛を受けている場合
  3. 入社1年目という立場上、上司になかなか退職の旨を言い出すことができない場合

特に1と2のケースでは健康や精神を害する危険性も十分にあるので、命を守る為にもこういった場合は早急に会社から離れる必要があるからです

1.会社がブラック企業体質で残業や長時間労働を無理強いさせられている場合

冒頭にも書いたように、僕の場合もそうだったのですが、新卒で入社した会社が運悪く「ブラック企業体質」で、残業や長時間労働を無理強いさせられ、寝食の時間さえ十分に確保するのが難しい生活を強いられている場合は、退職代行サービスを利用しての退職も良いと考えられます。

僕の場合、入社してからすぐの頃は残業も少なく労働時間も適切な範囲だったのですが、入社して2ヶ月を過ぎた頃からは、だんだんと「勤務場所や労働時間が説明会や面接で聞いていた雇用条件」と異なってきました。

そしてそれからというものはさらに残業や長時間労働が増え、過酷な勤務になっていきましたが、そうした状況に不満を持ちつつも、「これぐらいはちょっと頑張れば何とかなる・・・」と甘くみていたんですよね。

しかし、そうこうしているうちに月日は慌ただしく流れていき、いつの間にか僕は過労によって夜眠る事さえできなくなっていたんです。

そしてある日の朝、僕はどうしたことか涙が止まらなくなり、次の日には会社に出社することもできなくなってしまいました。

こんな感じで僕と同じように運悪くブラック企業に入社してしまい、

「過酷な残業や長時間労働に耐えられない!!」

という場合は、そもそも会社が従業員を酷使していること自体が労基法に反している可能性が高いですし、自分の命を守る為にも「なるべく早いうちに退職する」のを僕は強くおすすめします。

個人的には、

「限りある自分の時間を毎日会社に奉仕しているはずなのに、残業や長時間労働を当たり前のようにさせられた結果、自由に遊ぶ時間どころか、食事や寝る時間さえもままならない・・・」

なんてとてもおかしなことですし、おまけに、

「どれだけ働いても働いても給料は安いまま・・・」

なんていう働き方をするぐらいなら、もっと条件が良い会社に転職したり、多少収入が減ったとしても派遣社員やアルバイトをしながら副業として自分の好きなことを仕事にした方が何十倍も良い働き方だと思います

2.上司からパワハラや嫌がらせ等、何らかの精神的苦痛を受けている場合

また、上司からパワハラや嫌がらせ等、何らかの精神的苦痛を受けている場合もなるべく早くの退職をおすすめします。

会社を辞めるとなった時、まず相談をすることになるのは直属の上司になる場合がほとんどだと思いますが、その上司から精神的苦痛を受けているとなると、相談もできないですからね。

そもそも、上司がパワハラや嫌がらせをするなんて・・・小学生じゃないんだし、あり得ない行為だと思うんです。

たぶんそういう嫌がらせをする上司は、

「これぐらいやってもそう簡単に辞めることはないだろう」

と軽い考えでやっていることがほとんどだと思いますが、あなた自身が上司の行為によって精神的苦痛を受けているのであれば、これもなるべく早急に退職する必要が出てきます

特に日本社会では、入社する会社はある程度選択できても、どんな上司に当たるかなんていうのは自分の意思で選択することができず、スマホゲームのガチャのごとく、ほぼ「運ゲー」で決まってしまい、上司を自分で決めることが一切できないですからね。。

僕はどんな仕事であっても、どういった人と一緒に働くかで仕事の楽しさややりがい、それに人生の幸福度は大きく変わってくると思いますので、尊敬できる上司の下で仕事ができるのかどうかについては、幸せな人生を送るためにおいて、きわめて重要なことだと思っています

運よく人柄の良い上司に当たればいいですが、社会人デビューがそうした悪い上司に当たってしまうと、自分から離れようと行動に移さなければ人事異動があるまではずっとその上司と一緒に仕事をしなければいけませんからね。

僕もうつ病などの病気に理解がない上司だったのでよく分かるのですが、これがどれだけ辛いことかと思うと、人事異動を待つより、いっそのこと転職して新しい環境で働いた方が良いと思うんです。

また、中小企業であれば、会社にもよりますが、社員数も少なく社内はみんな顔見知りの場合がほとんどで、そもそも人事異動もないケースもありますからね。

入社1年目にもおすすめできる退職代行サービス3社を紹介

さて、ここからは入社1年目の新卒にもおすすめできる退職代行サービスを3社紹介しようと思います。

退職代行サービスを利用することで上司と電話もすることなく今すぐに会社を辞めることができ、その結果、あなたは今の苦痛から無条件で解放されることができます。

ちなみに当ブログでは、あなたに安心して退職代行サービスを利用してほしいので、弁護士や行政書士が監修しており、かつ、料金が一律の退職代行サービスのみ紹介しています。

退職代行サービスの安全性については、以下リンク先の記事にまとめていますので、安心して退職代行サービスを利用するためにも、利用の前にはぜひこちらの記事にも一度目を通していただければ幸いです。

それでは早速、新卒で入社1年目のあなたにもおすすめできる退職代行サービスを3社紹介していくことにします。

業界最安値&24時間対応で圧倒的におすすめなのは「SARABA」

退職代行サービスの「SARABAサラバ」は業界でも最安値の一律で、しかも24時間365日対応しています。

そのため、

残業が長くていつも帰宅が深夜近くになる・・・

入社してすぐであまりお金がないので、出来るだけ安くでお願いしたい

などといった、ブラック企業で長時間労働を余儀なくされている入社1年目のあなたでも、安心して利用できるピッタリの退職代行サービスとなっています。

退職代行サービス「SARABA」の特徴としては、

  • 24時間365日いつでも対応可能!
  • 追加のオプション費用は一切なし!
  • 万が一の場合の全額返金保証つき!

といった特徴があり、入社1年目であっても問題なくおすすめできます。

退職代行サービス「SARABA」について、もっと詳しい説明は以下リンク先の記事で紹介しているので、こちらの記事も参考にしていただければ幸いです。

SARABAうつ病気味で会社を辞めたいときは退職代行サービスを利用して今すぐに苦痛から解放されよう!

精神面がやられているならばカウンセリングつきの「Jobs」

退職代行「Jobsジョブズ」は、退職に関わる手続きだけでなく、それと同時にカウンセリングにも力を入れています

ですので、職場環境がブラックで精神的にも参っていたり、過労でうつ病気味といったりする方であっても、Jobsなら親身になって相談に乗ってくれるため、とても心強いんです。

そのため、

残業や長時間労働が辛くてこのところ精神が参っている・・・!

上司のパワハラや嫌がらせを我慢するのももう限界・・・!

といった方でも安心しておすすめすることができます。

Jobs」の特徴としては、

  • 24時間365日いつでも対応可能!
  • 特典として心理カウンセリングが受けられる!
  • 代表が顧問弁護士で顔出しされており安心して利用できる!

といった特徴があります。

退職代行Jobsのもっと詳しい説明は以下リンク先の記事で紹介しているのでこちらも参考にしていただければ幸いです。

退職代行Jobs(ジョブズ)の料金・利用方法・メリット・デメリットを解説

メディア掲載はNO.1!転職コンシェルジュとも連携していて転職活動も同時に始められる「EXIT」

退職代行サービスの「EXITイクジット」は業界最大手の退職代行サービスで、NHKや読売新聞といった大手メディアでも多く掲載されており、数ある退職代行業者の中では一番知名度があると言っても過言ではないでしょう。

ただ、利用料金は正社員が50,000円(税込)となっており、最初に紹介したSARABAと比べると高くなるのが唯一の欠点です。

ですが、メディア掲載はNo.1なので、数ある退職代行サービスの中でももっとも安心して利用することができます。

さらにはEXITならではの特徴もあって、それは退職後のアフターフォローがとても充実しているところです。

実はEXITは転職コンシェルジュの「ワークポート」提携しているため、EXITの利用者は退職後の転職活動に必要な履歴書の作成や面接対策などを全て無料で受けることができます。

ですので、料金面が気にならなければ、

「退職とともに転職の準備も一緒に進めたい!」

といった入社1年目のあなたにはピッタリな退職代行サービスなんです。

退職代行サービスEXITの特徴をまとめてみると、

  • 24時間365日いつでも対応可能!
  • 正社員は50,000円(税込)で今すぐに会社を辞めることができる!
  • 転職コンシェルジュの「ワークポート」と提携しているので、次の仕事も見つかりやすい!

といった特徴があります。

退職代行サービスEXITのもっと詳しい説明は以下リンク先の記事で紹介しているのでこちらも参考にしていただければ幸いです。

退職代行サービス「EXIT」(イクジット)の料金・利用方法・メリットとデメリット・特典を解説【業界最大手】

「EXIT」の公式サイトを見てみる

最後に

今回は過去の僕と同じように、

「入社1年目の新卒だけれども、入社した会社が労働環境が悪いブラック企業で、会社を辞めようかどうか悩んでいる、だけどなかなか辞められない・・・」

というあなたに向け、入社1年目の新卒にもおすすめできる「退職代行サービス」を3つ紹介してきました。

ブラック企業やパワハラ上司といった問題は社員であるあなたが悪いわけではなく、全て会社が原因なのです。

たとえ入社1年目だったとしても、「入社した会社がブラック企業体質で残業や長時間労働を無理強いさせられている場合」「上司からパワハラや嫌がらせ等、何らかの精神的苦痛を受けている場合」は退職代行サービスを利用してすぐに会社を辞める方が良いでしょう。

そして僕が実際にそうだったのですが、そのまま劣悪な労働環境の中を我慢して働き続けているとうつ病といった精神疾患にもなりかねません。

うつ病になると回復するまでは長い年月がかかりますし、仕事どころではなくなります。

そういったブラックな労働環境である会社で働き続けてもあなたが消耗するだけなので、僕はそういう会社は退職代行サービスを使って苦痛から解放され、新しい人生を歩んでいった方が良いと思います。

今回のお話は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


心がラクになるかもしれない考え方はnoteで公開中!
詳細はコチラ
心がラクになるかもしれない考え方はnoteで公開中!
詳細はコチラ!