スポンサーリンク

節約したいなら格安SIMへの移行は必須!速度や手続きの難易度を詳しく解説

節約
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。大ちゃんです。

「節約をしよう!」と思ったとき、

毎月の携帯代が高いなぁ。もうちょっと安くできないのかなあ?

と考えたことはありませんか?

支出には大きく分けて食費など毎月支出額が変わる変動費と、光熱費など毎月かかってくる固定費がありますが、変動費より固定費を削る方が節約としては簡単な方法でして、かつ、節約の効果が目に見えてはっきり感じられる節約法です。

携帯代は毎月かかる固定費で、ドコモやau、ソフトバンクなどのいわゆる大手キャリアと呼ばれるところですと、平均で一人月に6,000円~8,000円もかかります。

それを格安SIMに移行し、携帯代を半分に削ることができれば、月3,000円~4,000円(年にすると3万6,000円~4万8,000円)も節約できます。

しかし、格安SIMと聞くと、

  • 電波がつながりにくいのでは・・・
  • 結局は安かろう悪かろうじゃないの?
  • 移行手続きが難しいのでは・・・

といった不安をどうしてもお持ちになりますよね。

そこで当記事では、そんな「格安SIM」について、実際にソフトバンクからLINEモバイルに移行した僕が解説してみようと思います。

スポンサーリンク

格安SIMは電波が悪いって本当?【格安SIMは確かにつながりにくい時間帯はあるけれども・・・】

 

格安SIMは電波がつながりにくい

ネットの速度が遅くなる

格安SIMにそういったイメージを持っており、

節約はしたいし興味はあるんだけれども、なかなか踏み出せない・・・

といった方はけっこう多いと思うんです。

何より僕がそう思っていましたからね。

しかし、実際に格安SIMに移行して、電波がつながりにくかったり、ネットの速度が遅くて不便な思いをしたことは僕は全くないと言っていいほどありません

確かに格安SIMはdocomoなどの大手キャリアと比べると、ネットの速度が遅くなる時間帯はあります。

具体的に言うと、僕が今使っているLINEモバイルだと、平日のお昼(12時台)や夕方(17時台~18時台)は回線速度が遅くなります。

しかし、遅くなるといっても、たいていの格安SIMの速度は最低でも500Kbps~1Mbpsは出ます。

これぐらいの数値だと、通常のウェブページを閲覧するには不便を感じない速度ですし、動画でさえもなんとか止まることなく見れる速度です。

僕の感覚としては、

 

大ちゃん
大ちゃん

ソフトバンクよりもちょっと遅くなる時間帯はあるけど、不便を感じることはほとんどないな。

っていう感じです。

それよりも、毎月の携帯代がこれまでの半分以下になったことの方がメリットとして大きかったので、

大ちゃん
大ちゃん

もっと早く格安SIMにしておけば良かった。

と思ったほどです。

ですので、

「格安SIMはつながりにくい、遅い」

といったイメージをお持ちの方は、

「確かにつながりにくかったり、遅くなったりする時間帯はあるけど、不便に感じることは実際にはほとんどない」

といったことだけでも覚えておいてほしい点です。

~ここでのまとめ~

格安SIMは確かに速度が遅くなる時間帯はあるけど、遅い時間帯でも我慢できないほど不便な速度になることはほとんどない

格安SIMが安いのは質が悪いからっていうのは本当?【安いのは実店舗でのサポートがないため】

 

格安SIMが安いのは電波の質が悪いから

結局格安SIMは安かろう悪かろうだろう

そう思っている方もやっぱりけっこう多いと思います。

しかし、格安SIMが安い理由というのは、回線の質が悪いのではなく、

「実店舗を持っておらず、店舗を運営するために必要な人件費や設備費を抑えることに成功しているから」

だということは、ぜひ覚えて帰ってください。

これを言い換えると、格安SIMには実店舗がないので、故障した時など、何かサポートを受けたいときに対面で相談することは基本的にできません。(例外としてY!mobileや楽天モバイルなど一部で店舗があるものもあり)

ですが、大手キャリアを使っていて、実際に店頭に行って相談するというのは、携帯を初めて持った方で、しかも、周りに相談できる相手が誰もいないなど、よほどの事情がない限り基本的にはないのではないでしょうか。

これを読んでるあなたも振り返ってみてほしいのですが、直近1ヶ月以内にキャリアショップに用があって実際に赴いたという方はほとんどいないことでしょう。

きっとあなたを含め、キャリアショップには、

 

機種変更や新規契約をするときにしか足を運ばない

といった方がほとんどなのではないでしょうか。

ですので、何度も何度も頻繁にキャリアショップにお世話になっている人を除いては、格安SIMに移行しても何ら問題はないということになるのです。

そのため、ここでは、

「大手キャリアの携帯代が高いのは、実店舗があるからで、格安SIMが安いのは実店舗を持たずに運営しているから」

だということをぜひ理解しておいてください。

逆に言えばキャリアの実店舗を毎月必ず利用していて、毎日のように携帯の操作やアプリの操作を店員さんに教えてもらっているといった方には、格安SIMに乗り換えるのをおすすめすることはできません

それ以外の方は何のデメリットもなしに料金が安くなるので、この点については格安SIMに移行しない理由はよっぽどのことがない限りないと言っても過言ではないのです。

~ここでのまとめ~

キャリアの実店舗にほとんど行くことがないのであれば、格安SIMに移行しても料金が安くなるだけなので何ら問題はない

格安SIMへの移行手続きが難しいというのは本当?【移行手続きは意外と簡単!基本的にはSIMカードを入れ替えるだけでOK!】

ここまで読んで、

格安SIMに変えようかなあと思ったけど、やっぱり手続きが難しいんじゃないの?

これまではキャリアショップでデータの移行なども全部やってもらっていたので、自分でやるとなると不安だなあ。。

と感じている方も多いと思います。

実際には大手キャリアから格安SIMに乗り換えるには「SIMロック解除」が必要になってきたり、対応している端末や回線会社を調べたりするなど、手間がかかる点はありますが、基本的には端末に入っているSIMカードを新しいものに入れ替えて簡単な設定をするだけです。

SIMカードの入れ替えは誰でも簡単にできますし、設定もそれぞれの格安SIM会社の方でマニュアル化されているので、その手順どおりに移行の手続きをすれば、難なく乗り換えることができます。

格安SIMに申し込みをすると、SIMカードといっしょに、操作方法を解説しているマニュアルが同封されているものが家に届きます。

SIMが届いたら、自分のスマホのSIMカードを入れ替え、簡単な設定をするだけで手続きは完了です。

僕も実際に自分でやってみるまでは、

大ちゃん
大ちゃん

ちゃんとできるか不安だな

と身構えていたのですが、いざ手続きが完了すると、

大ちゃん
大ちゃん

えっ!?これで終わり?

っていうように簡単すぎて拍子抜けしたくらいです。

ちなみに僕がソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えた際に一番苦労したのは、SIMロック解除でもSIMカードの入れ替えでもなく、ソフトバンクでの名義変更でした。

実は携帯会社を移行するには、移行前と移行後の契約者名義を一致させることが必要なんです。

現在あなたが大手キャリアで使っている契約者名義が自分自身のものであれば何も問題はないのですが、僕の場合は契約者が親名義だったので、LINEモバイルに乗り換える前にソフトバンクで親⇒自分への名義変更手続きが必要でした。

それ以外は最初に思っていたのとは異なり、意外と簡単に乗り換えることができたので、この時も

大ちゃん
大ちゃん

こんなに簡単ならもっと早くに移行しておけばよかった。。

と後悔したくらいです。

~ここでのまとめ~

格安SIMへの移行手続きは意外と簡単!基本的にはSIMカードを入れ替えるだけ!

最後に【格安SIMに移行して大幅に節約しよう!】

今回は格安SIMについて、僕が実際に乗り換える前に感じていた不安な点を中心に、解説してみました。

最後にもう一度ポイントだけをまとめておくと、

  • 格安SIMは平日の昼間や夕方など、速度が遅くなる時間帯はあるけど、遅い時間帯であっても我慢できないほど不便な速度になることはほとんどない。
  • 格安SIMが安いのは実店舗を持たないため。キャリアの実店舗へほとんど行くことがないのであれば、格安SIMに移行しても料金が安くなるだけなので何ら問題はない。
  • 格安SIMへの移行手続きは思っている以上に簡単で、基本的にはSIMカードを入れ替えて簡単な設定をするだけで完了する。

の以上3点です。

大手キャリアでの契約は、言ってみれば貧乏人がシャネルやグッチの高級バッグを持っているようなものです。

あなたが高級バックに興味がないのであれば、バックは物がちゃんと運べたらそれだけで充分ですよね。

携帯もバックと同じで、LINEやネット、メールとアプリが少し使えるだけで良いという方は、オーバースペックな大手キャリアと契約し続ける必要性っていうのはどこにもないはずです。

もしあなたが利用している大手キャリア会社の熱烈なファンで、

「誰に何と言われようとも絶対に変えることはない!自分は今使っているキャリアが世界中の何よりも好きなんだ!!!」

というのであれば無理に移行する必要はないですが、

「なんとなく使い続けているだけ」

であれば、さっさと格安SIMに乗り換え、浮いたお金を貯金したり自分の好きなことに使ったりして、人生をより楽しいものにしていきましょう。

なお、僕が使っているLINEモバイルであれば、全てのプランでLINEアプリの通信使用量が毎月の通信量にカウントされないカウントフリーがついています。

しかも月の容量を使い切ったとしてもLINEであれば通信制限なしに快適に使うこともできます。

他にも余った通信量を翌月に繰り越せたり、家族や友達と通信量を融通したりもできますので、ここまで読んで格安SIMに乗り換えてみようと思った方は、ぜひLINEモバイルも検討候補に入れてみていただければ幸いです。

以上、今回は格安SIMについて、はじめて乗り換える際に不安だと思う点を中心に解説してみました。

今回の記事は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

「自由な人生を手に入れる教科書」を無料配布中!
【無料】ダウンロードはこちらから
「自由な人生を手に入れる教科書」を無料配布中!
ダウンロードはこちらから!
タイトルとURLをコピーしました