スポンサーリンク

葛城古道を歩いてみた その4【橋本院~住吉神社】

散歩・ハイキング
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

葛城古道パート4。今回は橋本院~住吉神社。

当記事は写真を多用している関係で全7記事に分割しています。ご了承ください。

葛城古道の記事一覧

\葛城古道へのアクセスについてはこちら/

スポンサーリンク

橋本院~住吉神社

橋本院の瞑想の庭の奥に葛城古道が続いています。歩いていてとても気持ちのいい道。(12:46)

逆側を向いて撮った写真。奥に金剛山が見えて、本当に絵に描いたような景色です。(12:47)

道を進んでいくと動物除けの柵を通り、山に入ります。(12:49)

山に入るとさっきまでの開けた景色が一変します。(12:50)

逆方向を向いて撮った写真。がらりと世界が変わります。(12:50)

山道を少し進むと道は急な下り坂に。滑らないように注意して進みます。(12:51)

山の中の案内標識。ちょうど橋本院と極楽寺の中間地点。

杉並木の森の中を進んでいきます。(12:55)

今度は砂防堤防にかかった橋を渡ります。

橋の幅は大人一人がちょうど渡れるくらいの幅で、柵や欄干はありません。左側は滝つぼのようになっていて高いので、高所恐怖症の方にはきついかもしれません。(13:00)

橋を渡り少し進むと、山の出口が見えてきます。ここでも動物除けの柵を開閉して進みます。(13:03)

下界に降りてきました。(13:04)

斜め左方向に進みます。(13:05)

民家の中にある路地を下ります。(13:07)

山麓線に出ました。ここで左に曲がり山麓線(県道御所香芝線)の歩道をあるきます。(13:09)

吐田極楽寺への分岐。(13:10)

直進すると極楽寺へ。葛城古道はここを右折です。(13:10)

右に曲がり少し進むと再び山麓線に合流。(13:13)

山麓線の県道番号の案内標識があるところを右に曲がります。横断歩道がないので横断する際は車に十分注意してください。(13:15)

下り坂を進みます。

しばらく歩くと、住吉神社に到着です。(13:20)

その5に続きます。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

タイトルとURLをコピーしました