スポンサーリンク

葛城古道を歩いてみた その6【葛城一言主神社~九品寺】

散歩・ハイキング
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

葛城古道パート6。今回は葛城一言主神社~九品寺。

当記事は写真を多用している関係で全7記事に分割しています。ご了承ください。

葛城古道の記事一覧

\葛城古道へのアクセスについてはこちら/
スポンサーリンク

葛城一言主神社~九品寺

葛城古道は神社右側の細い道へと続いています。(14:22)

ちなみにこの辺りは西に山があるので日没時間がとても早いです。(14:24)

 

曲がりくねった道を進み、小さな橋を渡ります。(14:25)

 

しばらく進むと視界が開け、道が細くなってコンクリートに変わり、道が二手に分かれている場所に着きます。(14:27)

左側の畦道の方へ進みます。右側のコンクリートの道は行き止まりなのでご注意を。(14:28)

田んぼの中の畦道を進んでいきます。本当に良い景色。(14:29)

この辺りは秋の彼岸の頃になるとヒガンバナがたくさん咲き乱れ、ハイカーやカメラマンがたくさん集まる場所です。(14:30)

畔道を進んでいくと森の中へ。(14:32)

杉木立の一角に綏靖天皇葛城高丘宮跡の石碑。(14:32)

ここも動物除けの柵を開閉して先へ進みます。(14:33)

畦道ですが歩きやすい道です。遠くには畝傍山も望めます。(14:34)

楢原休憩所。ただ休憩所と言っても小さな東屋があるだけでトイレ等はありません。(14:35)

まだまだこんな畦道が続いています。(14:36)

案内図のところを直進。奥に民家が見えています。(14:37)

民家の脇を通り九品寺の手前へ。(14:41)

標識に従って進み九品寺へ。(14:42)

 

九品寺の門。葛城古道は右へ。(14:43)

なお、九品寺境内にある本堂の右側から奥の裏山に登っていくと、千体石仏群があります。ものすごい数の石仏はまさに圧巻。(15:02)

その7(最終頁)へ続きます。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

無職でも生きていける現実的な方法を公開中!
詳細はコチラ!
うつ病・無職でも生きていける現実的な方法を公開中!
詳細はコチラ!
タイトルとURLをコピーしました