【ブログを書くのに国語の成績は関係ある?】読みやすい記事を書くうえで気をつけたいこと

※当ブログにはアフィリエイト広告が含まれます。

こんにちは。だいだいです。

「文章を書くなんて正直学生時代の作文以来で、ちゃんとした文章が書けるか不安だ・・・」

「文章をまともに書いた経験もないのに読みやすいブログ記事なんて書けるわけがない・・・」

「学生時代の国語の成績はあまりよくなかったけど、こんな自分がこれから記事を書いてもちゃんとした文章が書けるのかな?」

あなたにはこういった不安や悩みはありませんか?

読まれるブログを書くにはある程度の文章力は必要ですが、実はブログに書く文章では「読みやすい文章にするためのテクニック」がいくつかあるんですよね。

むしろそのテクニックをマスターしてしまえば誰でも簡単に分かりやすい記事を書きあげることができますので、ブログ記事を書くのに上記で挙げたような不安がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

なお、結論を言うと、学生時代の国語の成績はブログ記事の作成にはほとんど関係ありません

ですので、国語が苦手だからといってブログを書くのに向いていないわけではありませんので、学生時代に国語が苦手だった方も安心して読み進めてみてくださいね。

①漢字を減らす

ブログ記事を書くときはなるべく漢字を減らしましょう。

学生時代の作文では、

「これまでに習った言葉で漢字が使える場合はすべて漢字で書きましょう」

と教わった方も多いと思いますが、ブログ記事を書くときは必ずしも漢字を使わなければいけないわけではありません

ブログは分かりやすさが重視されるため、漢字ばかりだと逆に読みにくくなる場合もあります

と言うのもあなたも経験があると思いますが、取扱説明書や利用規約の文章はむずかしい漢字ばかりで途中で読むのをやめたという方も多いのではないでしょうか。

誰に向けて書いているのかにもよって少し変わってきますが、僕は以下のような漢字はあえてひらがなで書くことが多いです。

  • 時 ⇒ とき
  • 事 ⇒ こと
  • 他 ⇒ ほか
  • 難しい ⇒ むずかしい
  • 嬉しい ⇒ うれしい
  • 沢山 ⇒ たくさん
  • 色々 ⇒ いろいろ
  • 丁度 ⇒ ちょうど
  • 丁寧 ⇒ ていねい
  • 改めて ⇒ あらためて
  • 敢えて ⇒ あえて

これらはほんの一例です。

漢字を減らすのも実は読者へのおもてなしなんです!

だいだい

もちろん「これが正解」というものではなくケースバイケースになるのですが、漢字かひらがなかどちらが良いか迷った時は僕は「どっちの方が読者が読みやすいかどうか」で判断しています。

ですが漢字とひらがなのバランスには注意が必要。

特に「それじゃあ、むずかしそうな漢字は全部ひらがなで書けばいいんだな」と思った方は要注意。

あまりにもひらがなが多すぎると幼稚な印象を受ける文章になりますし逆に読みにくくなります。

ですので、あくまで全体のバランスを考えて漢字の量を決めます。

ちなみにこういったバランス感覚はいろいろな文章を読むことで自然と養えますよ。

②改行を増やす

ブログ記事を書くときは改行を増やしましょう

これは少し新しい話かもしれません。

ですがスマートフォンが広く普及するようになってからは、改行はとても重要なことなんです。

おそらく先ほどの漢字の話と同様に、学校の作文などでは「一つの文章の中で改行するのはダメだ」と教わったと思います。

たとえば以下の例文を見てください。

〈例文〉

僕は今日、会社の有給を利用してできた休みの日に、自分のブログをワードプレスで半日かけて作りました。

これは一つの文章なので、作文のルールでは改行してはいけません。

ですが、Web上(特にスマホ)で読まれる文章なら、たとえばこういう風に改行してもいいわけです。

〈例文〉

僕は今日、

会社の有給を利用してできた休みの日に、

自分のブログをワードプレスで

半日かけて作りました。

というのも、スマホだと画面の縦幅が狭いので改行がないととっても読みにくくなるんですよ。

イメージしやすいようにこれから改行がなくて少し長い文章を書きますね。

できればパソコンよりもスマホで読んでいただけた方がより理解がしやすいと思います。ではいきますよ。次の文章を一度声に出して読んでみてください。「まさにこのブログの文章はスマホで見て読んでいる人が多いと思いますが、このような長い文章だと改行しないとすごく読みにくくなってしまいますよね?だからこのブログでも僕は改行を多めにいれているんです。」どうですか?イメージできましたか?

どうでしょうか?

改行がないとものすごく読みにくいですよね?

なお、どこまで改行を入れるかについてはこれもケースバイケース。

目安としてはスマホで見た時に文章が5段を超えるようなら改行した方が良いと言えるでしょう。

パソコンだけで読む人ばかりなら先ほど挙げた例までは改行はしません。

ですが、スマホで見る場合やメールなんかで書く文章は必ず改行を意識しましょう。

これもいろいろなブログやWeb記事を実際に読んで研究してみると良いと思います。

なお、一文が長くなってしまった時は接続詞を使って一つの文を二つに分けると良いでしょう。

接続詞には「そして」や「だから」などの順接と「しかし」や「ですが」などの逆接がありますので文章によって上手に使い分けてみましょう。

接続詞を上手に使い分けることができれば、説得力のある文章を書くことができるようになりますよ!

ブログ初心者は「PREP法」で記事を書こう!

【最後に】ブログを書くのに国語の成績は関係ない!

僕の元には学生さんと思われる方から、

「国語の成績が良い方がブログを書くのに有利ですよね?」

みたいな質問がたまに来るのですが、ブログを書くのに国語の成績はほとんど関係ありません

ぶっちゃけ、日本語が読み書きできれば誰でもブロガーやアフィリエイターにはなれます

僕はブログを書くのに大切なのは国語の成績よりも、読者のことを思いやる心だと思います。

ブログの文章は強いて言うなら「読者へのプレゼント」。

プレゼントを贈るときは自分の能力よりも相手のことを思いやることが何よりも大切ですよね。

文章もプレゼントと同じで、文法的に正しいかどうかよりも読者が読んでいて分かりやすいかどうかが1番重要なことです

今回紹介した「漢字を減らす」「改行を増やす」、これらは些細なことだなと思われた方もいらっしゃるかと思います。

しかし、この2つを意識するだけでも読みやすく分かりやすい文章が書けるようになるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


収益を10倍にする記事の書き方に興味はありませんか?
詳細はコチラ
収益を10倍にする記事の書き方に興味はありませんか?
詳細はコチラ!