【テンプレあり】ブログ記事のリード文の役割と書き方を解説

※当ブログにはアフィリエイト広告が含まれます。

「記事を書くときのリード文ってどう書けばいいの?」

「リード文って適当に書いちゃダメ?」

「リード文が1番重要って聞いたんだけどなんで?」

当記事はこういった悩みを解決します。

あなたはブログ記事のリード文を適当に書いてはいませんか?

実はリード文は記事の中でも重要な役割を持っているんです。

なぜなら、リード文は読者が最初に目にする文章だから

というのも、ブログの読者は、最初に目にするリード文で自分のためになる記事かどうかを判断しています。

つまり、リード文には読者が「記事を最後まで読むかどうか」がかかっているんですよね。

ですので、リード文を適当に書いては絶対にダメ

せっかく本文を丁寧に書いても、リード文が適当だとその記事は読まれることはありません。

そこで当記事はリード文の役割から書き方のコツ、そして初心者でも簡単にリード文が書けるテンプレートを解説します。

当記事を最後まで読めばあなたも魅力的なリード文が書けるようになって、読者に最後まで読まれる記事を書くことができるようになりますよ!

そもそもリード文とは?

リード文とは、本文に入る前の冒頭の文章のことです。

導入文とも呼びます。

たいていの場合、目次や1番最初の見出しの前に書かれている文章がリード文です。

リード文に書く内容は、以下のとおり。

  • 読者の悩みの代弁
  • 記事の内容の要約
  • 記事を読むことで得られる便益
以下で詳しく解説していくよ!

だいだい

リード文はブログ記事の「玄関」

玄関

冒頭でも述べたとおり、リード文はブログ記事の重要なパートになります。

なぜかというと、読者はリード文を見てその記事を読むかどうか判断するからです。

リード文で大切なポイントは「共感」と「ベネフィット」。

※ベネフィットとは「顧客が商品から得られる恩恵(プラスの効果)」を指します。ブログ記事では「読者が記事を読むことで得られる利益」のことを意味します。

というのも、記事を読みに来てくれる読者は、貴重な時間を使ってあなたの記事を読みにきます。

ですので、記事の最初には読者自身の知りたいことや解決したいことが書かれていないと本文より先の文章を読み進めてくれません。

そこで、リード文で最初に記事の内容を簡潔にまとめて、

「この記事にはあなたの知りたいことが書いていますよ!」

「記事を最後まで読むと良いことがありますよ!」

とアピールする必要があるのです。

ブログ記事を家にたとえるとリード文はいわば「玄関」。

玄関が汚いと他の部屋がきれいだとしてもその家にはお客さんは誰も入りたがりません。

逆に玄関がきれいだとその家の印象は良くなり、「入ってみたい!」と思いますからね。

このように記事を最後まで読んでもらうにはリード文を整えて読者をおもてなしする必要があるんです。

リード文の役割

リード文には大きく分けて2つの役割があります。

  • 読者の興味を引く
  • 読者に本文を読ませる

読者は記事のタイトルやアイキャッチ画像を見て興味を持ったとしても、リード文で興味を引かれなければ、本文が読まれることはありません。

そのため、リード文には検索やSNSからやってきた読者の興味を惹きつけて、続きの本文を読ませるという重要な役割があります。

以下でリード文に書く具体的な内容を見ていきましょう。

読者の興味を引く

リード文で読者の興味を引くには、以下のポイントを意識しましょう。

  • 読者の悩みを代弁して悩みを明確にしてあげる
  • 読者の悩みを解決する内容であることを示す
  • 具体的な事例や客観的なデータを入れて、内容に説得力を持たせる

まずは、読者の悩みを明確にして、記事を最後まで読めばその悩みが解決できることを伝えます。

ここでは「あなたにはこんな悩みがありますよね」と具体的に悩みを示して読者が何に悩んでいるのかを明確にします。

さらには書き出しで悩みを話し言葉で代弁してあげるのも効果的。

たとえば「○○で悩んでいるんだけど、どうすれば解決できるのだろう?」という書き出しで始めます。

すると、読者は「そうそう!これで悩んでいるんだよ!」という共感が生まれるので読者の興味を引き出すのに効果的です。

僕は代弁での書き出しを多用しています!

だいだい

また、テーマによっては悩みを解決できるにしても、納得できる材料がないと読者は信用できず帰ってしまうこともあるでしょう。

そこで具体的な例や体験談、そして信頼できる客観的なデータを紹介するとより説得力が増して信用される記事に仕上がりますよ。

読者に本文を読ませる

リード文で読者の興味を引くことができれば、次は読者に続きとなる本文を読ませる必要があります。

リード文で続きを読ませるには以下のポイントを意識してみてください。

  • 記事の内容を簡単に要約する
  • 記事を読むことで得られる便益を提示する

リード文で記事の内容を簡単に説明することで、読者は本文を読む前に記事の大まかな内容を理解することができます。

さらに、記事を読んで得られる便益(ベネフィット)を提示することで、読者の本文を読む意欲をさらに高めることができますよ!

以上が、リード文の役割となります。

このように、リード文は、記事の滞在率や離脱率を向上・改善させるための重要な要素となります。

アフィリエイターの間では「リード文が記事の8割を決める」と言われているほど、リード文によってその記事が読まれるか読まれないかが決まってくると言っても過言ではありません。

リード文が魅力的だと、記事に対する読者の期待が高まります。

読者のテンションもMAXです!

だいだい

今回紹介したポイントを意識して、あなたもぜひ読者の興味を引く魅力的なリード文を書いてみてくださいね。

読者の興味を引かせる魅力的なリード文の書き方

では、ここからはリード文の書き方について解説していきます。

なお、注意点ですが、リード文には余計なことをタラタラと書く必要はありません。

文字数にすると400文字前後がベスト。

だいたい300~500字以内におさまるように書きましょう。

ただ、文字数よりも大切なことは先ほども述べたとおり、読者に「共感」と「ベネフィット」が伝わるように書くことです。

共感部:「この記事は自分のための記事だ!」と読者に思ってもらう

リード文の共感部に書くのは、「この記事は自分のために書かれた記事だ!」と思ってもらうことです。

具体的には、

  • 「あなたはこんなことで悩んでいませんか?」
  • 「実は僕もあなたと同じようなことで悩んでいたんです。」

といった感じで、読者の悩みや気持ちを代弁して「共感」してあげると、「この記事を書いた人も自分と同じことで悩んでいたんだな!」と思ってもらえます。

たとえば、占い師の人は「今あなたはこんなことで悩んでいますよね」と言って興味を引こうとしますよね。

言われた人が実際にその悩みを持っていると、「なんで自分の悩みが分かるの!」となって、その後は占い師の言うことをすっかり信じて聞いてしまいます。

もちろん、占い師はあくまで想像で物を言いますが、ブログ記事の場合、記事のテーマに沿った悩みを持った人のみをターゲットとするので、読者に共感さえ生まれればその後も読み進めてくれる確率はかなり高まります。

このように、リード文にこういった共感のパートがあると、読者は、

  • この記事を書いた人は自分の気持ちを理解してくれる!
  • きっと自分の求める答えをおしえてくれるはずだ!

という気持ちになってくれ、最後まで自分ごととして記事を読み進めてくれるようになります。

ベネフィット部:記事を最後まで読むとどんな良いことがあるのか読者に伝える

リード文のベネフィット部の目的は、「この記事を読むと自分にとって良いことがあるから最後まで読まないと!」と思ってもらうことです。

リード文で「記事を読んだらこんなに良いことがあるよ!」と思ってもらえたら、大体の読者は最後まで記事を読んでくれます。

たとえば、極端な話ですが、「この記事を最後まで読めば現金100万円あげるよ」と書かれていれば、詐欺だと分かっていても気になって読み進めてしまいますよね。

僕も気になって読んでしまいます(笑)

だいだい

もちろん、ブログ記事の場合、詐欺ではいけませんのでリード文だけではなく本文にもちゃんとした答えや解決法を書く必要があります。

ですが、こんな感じで「記事を最後まで読むとこんなハッピーな未来が訪れるよ!」とベネフィットを提示すればかなりの高確率で読者は最後まで記事を読んでもらえるようになります。

リード文のテンプレート

「リード文の役割や書き方は分かった。でもいざ書こうとするとやっぱり難しい・・・」

リード文の重要さが分かっても、実際に書こうとすると難しいですよね。

そんなあなたのために、リード文を作る際のテンプレートを用意しましたので、このテンプレートに当てはめてリード文を作ってみてください。

  • 「○○で悩んでいるんだけどどうすれば良いのだろう?」(悩みの代弁)
  • 「あなたは○○で悩んでいますよね」(悩みの明確化)
  • 「実は○○で解決できます」(悩みが解決できるという主張)
  • 「なぜなら○○だからです」(悩みを解決できる理由)
  • 「当記事では○○を解説しています」(記事の要約)
  • 「当記事を最後まで読むと○○」(記事を読むことで得られるベネフィット)

上記がリード文のテンプレートとなります。

僕の記事のリード文も、たいていがこのテンプレートのとおりとなっています。

あなたが実際にリード文を書くときは、ぜひこのテンプレートを真似して書いてみてください!

なお、この記事のリード文もこのテンプレートを基に書いていますので、ぜひもう一度見直して読んでみてくださいね。

リード文が上手に書けないときは

リード文の作成が上手くできない時は、記事の目的と想定する読者を再確認してみましょう。

  • 読者が抱えている悩みや疑問は何か?
  • この記事を読むことで、読者はどうなりたいのか?
  • この記事は読者にとってどんな価値のある情報を提供できるのか?

このように、読者のニーズを考え、読者の立場になって考えてみましょう。

あとは今回紹介したテンプレートにあてはめれば、自然とリード文が書けるようになりますよ。

最後に

当記事ではリード文の書き方が分からない方に向け、最後まで記事を読んでもらえるリード文の書き方を詳しく解説しました。

リード文には読者の興味を引き、読者に続きの文章を読ませる役割があります。

また、読者を惹きつける魅力的なリード文を書くには「共感」と「ベネフィット」をしっかりと伝えることです。

そうすると、あなたのブログ記事も最後まで読者に読んでもらえるようになりますよ!

実際にリード文を書くときは、今回紹介したテンプレートに従って文章を書くとうまく書くことができますので、ぜひ試してみてくださいね。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA