夢民島

~むみんとう~

僕はお金について何も知らなかった

※この記事は約6分で読めます。

calendar

こんにちは。うつ病ブロガーの大ちゃんです。

今回はこれまで僕が25年間生きてきて、最近よく思っていることの話です。

いきなりですが、「お金」って何かあなたは真剣に考えたことはありますか?

お金というものは僕もあなたも物心ついたときから今までずっと使ってきているものなんですけど、「自分ってお金のことってホントに何も知らなかったんだなあ」と最近はつくづく思うわけです。

スポンサーリンク

大人になればお金の知識は勝手につくものだと思っていた

僕は、誰もが大人になって働いて、それなりの額の給料をもらうようになれば、お金の知識というのは勝手についていくんだろうと思っていましたが、最近はどうやら、「そんなことないぞ」と思い始めました。

例えば、商品の代金を支払う際にリボ払いにする人もいますが、利息が商品の金額以上になるということを知っていれば、明らかに損をするのが分かってしまうため、リボ払いを選択する人はいなくなりますからね。

また、そもそも借金であるにもかかわらず借金だと思っていない人も多いのではないでしょうか。

その代表的な例が「奨学金」という名の学生ローンです。

僕の場合でいうと、上で挙げた例とは少し違うかもしれませんが、学生時代にアルバイトをして稼いだお金も、社会人になって自分なりに一生懸命働いてもらったお金も、ろくに給料明細も見ずに毎月の給与額だけを見て「よっしゃ、今月はこんなに稼いだぞ!」とか「今月少なすぎだけど、こんなものかな」などと一喜一憂しているだけ。

大学でも経済学を専攻してきたにもかかわらず、そしてどんな欲望でも叶えてくれるお金が子どもの頃から大好きだったにもかかわらず、恥ずかしながらその裏でどのような税金や保険料がどんな計算によって引かれているのかは全く分からないままでした。

無職になって実感したお金の真実

そんな中、僕はうつ病になり勤めていた会社を退職せざるを得なくなり、それと同時にうつ病の療養が始まりました。

退職するまで母に連れられ2~3度ほど精神科を受診した後、会社を退職してから初めてこれまでと同じように精神科を受診したときのこと。

健康保険の切り替えが済んでいなかったため、保険証が手元に届くまでは医療費を全額立て替えることに。

さらに薬局では手持ちのお金が足りなくて、その場で薬を一週間分もらうことができなかったことは今でもよく覚えています。

その時はうつ病になった自分の情けなさと同時に、「こんなに払わないといけないの?」とびっくりしましたが、もっと驚いたのは、切り替えの手続きが済んだ後に郵送で送られてきた国民健康保険の保険料と年金保険料の支払い用紙。

それには無職でうつ病の僕には到底払えないような金額が記載されていました。

「えっ!?病気で働けなくて収入も0なのに毎月こんなにも払わないといけないとかこれマジ!?」

そして健康保険料の支払いと通院費で貯金がだんだんと減っていく中、年金なんていうのはすぐに必要なものでもないと思い放置していました。

そして3ヵ月ほどずっと放置していると、日本年金機構の代行により業務委託している会社から年金保険料の取り立ての電話がかかってきて、僕はようやく税金について調べ始めました。

すると、年金については収入が少ない人には支払いの猶予制度というものがあり役所で申請することで猶予されるということ、さらには、会社を退職した人は所得税を払い過ぎている場合があって、確定申告をすると払い過ぎた税金が還ってくるということも知りました。

参考無職の人のための確定申告書の作成方法を解説【マイナンバー必須!】

僕はそれまでそんなことは何一つ知りませんでした。

そうです。僕はこのとき初めてこれまで自分が毎月どれくらいの税金を支払っていて、自分が納めるべき税金は毎月トータルでどれくらいかということを知ったのです。

もし、うつ病にならなくてずっと会社勤めを続けていたら、今でも税金のことなんか何も考えずに、ただ単に毎月の給与額だけを気にして、自分がいくら税金を払っているのかわからずに過ごしていたのかと思うと、今考えてみるとこれってすごい恐ろしいことだなと思いました。

僕はうつ病で無職になったことがきかっけで、自分はお金について何にも知らなかったんだなと思い知らされることになったのです。

お金の知識は誰も教えてくれない

「これまで小中高と学校に通って勉強してきて、大学の経済学部まで卒業したにもかかわらず、どうして自分はお金のことについて全然知らないのだろうか?学生時代、他の子よりかは真面目に勉強してきたはずなのに。。やっぱり自分は不真面目だったのだろうか?」

なんて思ったりもしたけれども、よくよく考えてみると、実際は、日本の学校ではお金の稼ぎ方や税金など、お金のことを勉強する機会っていうのはほとんど設けられていないということだったんです。

僕はそれに気づいてからは、

「お金って生きていく上ですごいすごい大事なものなのに、なんで学校で勉強しないのだろうか??」

と疑問に思ったのですが、お金の勉強について調べていくうちに、どうやら誰も彼もがお金についての教養を持ってしまうと、お金持ちの人(特に政治家や経営者・資本家)にとっては都合が悪くなるんだろうなと察しがつきました。

そしてそれが資本主義の正体であったと。

こんな僕をはじめ、あなたも例外ではなく、日本に生まれたら親や先生など、偉いとされている人たちから、

「とりあえず真面目に一生懸命働いて、お金を稼いで、そして何かあった時のためにお金は貯めておくといいよ」

と「常識」として教えられ、ほとんどの日本人はそれが良いか悪いか自分の頭で考えることすらせず、ただ単に「みんながそうしているから」と言って働いて稼いだお金を利息がほとんどつかない銀行に預けたままにしているのが事実です。

大事なことほど教えてくれないし自分で知るしかない

でも、この国日本をはじめ世界の多くの国は資本主義である以上、お金というものは僕たちが生活するうえで切っても切り離せないものだし、その上、学校でも教えてくれないんだったら、僕は自分で能動的に学んでいくしかないなあと思ったわけです。

僕はブログを使って自分ひとりで初めて雇われずにお金を稼いだとき、お金というのは決して仕事の我慢料なんかではなく、「人を喜ばした『ありがとう』の対価」なんだなあとこの時初めて気づきました。

参考お金持ちになるにはたくさんの人を喜ばすことが絶対条件である理由

お金の存在自体が直接人間を幸せにするわけではありませんが、「資本主義という仕組みである世界で生きている以上、人間が幸せになるためには、精神的に余裕を持つことができるくらいのお金は必要不可欠だなあ」と僕は強く思うわけです。

だから僕は精神的に余裕を持つためにも、これからもっとお金を稼いでいきたいし、それと並行してこれからはもっとお金というものを勉強していきたいと思っています。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (2)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

関連記事&スポンサーリンク



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

大ちゃん

社会人1年目で就職した会社で過労・睡眠障害によりうつ病を発症後、休職から退職に追い込まれた25歳の男。現在はうつ病療養の傍ら複数のサイトを運営。当ブログ『夢民島』は毎月5万人以上の人に読まれています。 [詳細]

folder お知らせ

当ブログ「夢民島」を常時SSL化しました!
more...

folder お役立ち

大阪メトロ谷町線天王寺駅からJR天王寺駅への乗換案内
JR天王寺駅から地下鉄谷町線への乗換案内
JR新今宮駅からは地下鉄動物園前駅へも乗り換え可能!乗換方法を画像で解説
more...

folder 政治

参議院選挙に思うことと若い有権者に伝えたいこと
more...

folder 副業

副業の解禁や推進は大量倒産・大量失業時代への伏線だと思えてならない話
ビデオリサーチの会場調査に行ってきた
D STYLE WEBの会場調査で4,000円頂きました
more...

folder 音楽

ゆっぴの歌う『メロンパンのうた』がゆるさ全開で面白い!
奈良のご当地ソングを10曲厳選して紹介!
『おふろのうた』をガチで考察してみた
more...

folder 旅行記

大阪周遊パスはどれだけお得になるのか?実際にパスを使って観光してみたまとめ
青春18きっぷで行く豊岡・出石日帰り観光
青春18きっぷで行く日帰り尾道観光
more...

folder 登山

大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
六甲山登山【阪急岡本~有馬温泉約9㎞コース】
more...

folder 京都

JR京都駅から地下鉄京都駅への乗換案内
京都地下鉄1日乗車券でラクラク観光!優待特典もあって便利でお得!
JR京都駅から近鉄京都駅までの乗換案内
more...