夢民島

~むみんとう~

奈良にはなぜ鹿がいるの?地元民が解説するよ

calendar

reload

※この記事は約5分で読めます。

奈良にはなぜ鹿がいるの?地元民が解説するよ

こんにちは。大ちゃんです。

あなたは「奈良」と聞くと何をイメージしますか?

大仏、寺社仏閣、古墳など思い浮かべた方もいらっしゃると思いますが、なんと言っても「奈良と言えば鹿」なのではないでしょうか。

今回の記事では、

男の子
奈良にはなぜ鹿がたくさんいるの?
女の子
そもそもなんで犬でも猫でも猿でもなくて鹿なの??

という人のために、奈良で生まれ奈良で20年以上暮らしている奈良県民の僕がその疑問にお答えしようと思います。

スポンサーリンク

奈良に鹿がたくさんいるのはなぜ?

奈良の鹿

 

奈良公園に到着すると鹿。鹿。鹿。

初めて奈良公園に来られた方はそこら辺を歩いていたり座っていたりする圧倒的な鹿の数に驚く人も多いです。

(僕は子どもの頃から近くで鹿が徘徊しているのに慣れているので何とも思いませんが…)

ではなぜ奈良公園には鹿がこんなにもたくさんいるのでしょうか?

話は奈良時代までさかのぼります。

実は奈良公園にいる鹿は神様の使いなのです

奈良公園の中には世界遺産にも登録されている春日大社という大きな神社があります。

Kasuga-Grand-Shrine-gate

春日大社には武甕槌命(たけみかづちのかみ)という神様が祀られています。

奈良に都ができた頃、奈良時代の貴族、藤原氏の氏神として鹿島神宮(現在の茨城県)から神様を現在の春日大社の裏にある御笠山(みかさやま)に移して祀りました。

この時、その神様である武甕槌命は白い鹿に乗って鹿島から奈良にやって来たという言い伝えがあります。

(マジかよ。あくまで言い伝えであって本当かどうかはわかりません。僕は正直半信半疑といったところです。ホントは馬だったのではないか。。。そもそも『鹿男あをによし』のように人間が鹿なんかに乗れるわけないし。)

奈良の鹿=神様の使い。

そのため奈良では鹿を大切にするようになったわけです。

奈良と鹿の関係

鹿を殺すと死刑?

このような伝説から奈良では鹿はとても大切に保護されてきました。

江戸時代には鹿を殺してしまうと死刑になったという話もあります。

ある日、興福寺の近くに住んでいた少年が字の練習をしていると鹿が来て半紙を食べてしまいました。

その少年は鹿を追い払おうと文鎮を鹿に投げましたが、打ち所が悪くその鹿は死んでしまいました。

その後少年は神様の使いを殺した罰により処刑されたと言われます。

そのような事例からか自分が処刑されないように、奈良では毎朝誰よりも早く起きて家の前に鹿が死んでいないかチェックするようになりました。

もし自分の家の前に鹿が死んでいると処刑されてしまうので、鹿が倒れていた時は隣の家の前に鹿を運んで行ったと言います。

そのため奈良の人々は他の地域の人より早起きになったとも言われています。

奈良の鹿の歴史

江戸時代は鹿を殺すと死刑になったほど保護されていましたが、明治以降は保護が手薄となり太平洋戦争の頃は食糧を確保するため奈良の鹿も狩猟の対象となった時期もあります。

そのため一時期は鹿の頭数は2ケタ台にまで減り絶滅の危機もありました。

しかしその後は国の天然記念物にも指定され奈良の鹿は再び保護されるようになりました。

現在では奈良の鹿愛護会という団体がけがをした鹿の治療を行うなどの保護活動を行っています。

その活動もあり今では約1,200頭の鹿たちが奈良公園で暮らしています。

鹿は誰のもの?

これまでの説明でなぜ奈良に鹿がたくさんいるのかについてはお分かり頂けたことかと思いますが、では奈良公園にいる鹿は誰のものでしょうか?

先ほど国の天然記念物と書いたので国や県のものだと思われるかもしれませんが、奈良の鹿は野生です。

動物園のようにどこかの団体が所有しているわけではないのです。

街中にいるカラスやスズメ、野良猫などと同じあくまで野生動物なのです。

そのためあなたが鹿から被害を受けけがをしたとしても鹿の所有権を誰かが持っているわけではないので責任をとってもらうことはできません。

また車で鹿を轢いてしまった場合、「国の天然記念物だから逮捕や罰金などの刑罰がある」と思われている方もいらっしゃると思いますが、鹿を過失で轢いてしまった場合でも江戸時代のように逮捕や罰金等の刑罰に科されることはありません。

鹿を故意に傷つけることは罪になりますが、わざとでなければ罰せられることはありません。

もし奈良公園内の道路を走っていて鹿を傷つけてしまった場合はすみやかに鹿の愛護会や警察署に連絡して鹿の命を守るようにしてください。

  • 一般財団法人奈良の鹿愛護会:0742-22-2388(8時30分~17時15分)
  • 奈良警察署:0742-20-0100(夜間の交通事故)

鹿とのふれあい方

 

奈良公園の鹿はこれまで見てきた歴史にもあるように人間とのかかわりがとても深いです。

本来鹿はとても警戒心が強く人にはなつきませんが奈良の鹿は人間に保護されてきた経緯もあって警戒心はほとんどありません。

しかしあくまでも奈良公園の鹿は野生生物ですので自分の命を守るため時には攻撃してくる場合もあります。

奈良公園内には鹿に注意するように呼びかける看板が至るところに設置されています。

鹿注意看板

この看板には鹿と触れ合う際の注意点が書いてあり、鹿は主に「かむ」、「たたく」、「突く」、「突進」の4つの技で人間を攻撃してくる場合があります。

鹿と触れ合う際はある程度鹿との距離を取ったり鹿の様子を観察したりするなどして鹿に攻撃されてけがをしないようにしてください。

特に観光シーズンと重なる5月から7月の出産の時期は雌鹿が、9月から11月の恋愛の時期は雄鹿の性格が荒くなるので高齢の方や小さなお子さん連れの方は特に注意するようにしてください。

まとめ

今回は「なぜ奈良に鹿がたくさんいるのか?」、「そもそもなぜ鹿なのか?」について説明してみました。

神の使いとして長年大切にされてきた奈良の鹿。

僕は親しみを込めて「鹿ちゃん」とか「シーカ」とか適当に呼んでいますが実は神の使いなのです。

奈良は人と鹿が共存している世界で唯一の場所です

奈良を訪れる際はお寺や神社の観光やお土産選びだけでなく、鹿と触れ合うことでより楽しい思い出になることと思います。

地元民としてはこれを読んでいるあなたもぜひ奈良に遊びに来ていただけたらなあと思います。

鹿さんもあなたを待っている…はずです。(笑)

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (17)
  • 参考にならなかった (3)
プッシュ通知を

関連記事&スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す




書いている人

大ちゃん

社会人1年目で就職した会社で過労・睡眠障害によりうつ病を発症後、休職から退職に追い込まれた25歳の男。現在はうつ病療養の傍ら複数のサイトを運営。当ブログ『夢民島』は毎月5万人以上の人に読まれています。 [詳細]

folder お知らせ

当ブログ「夢民島」を常時SSL化しました!
more...

folder iPhone

【iPhone】「ウイルスを検出」と表示された時の対処法
機種変更して初めて分かった「クローンiPhone」の恐怖
【LINE】機種変更の際エラーが表示される時の対処法
more...

folder アプリ

ひとりぼっち惑星が面白い!遊び方と楽しみ方を徹底解説
more...

folder LINE

【LINE】機種変更の際エラーが表示される時の対処法
more...

folder うつ病

うつ病で働けなくて自分に価値がないと思っている人へ
「自分に価値がない」という人はただそう思い込んでいるだけ
生きているだけではダメですか?
more...

folder 政治

参議院選挙に思うことと若い有権者に伝えたいこと
more...

folder 副業

ビデオリサーチの会場調査に行ってきた
D STYLE WEBの会場調査で4,000円頂きました
more...

folder 音楽

『おふろのうた』をガチで考察してみた
more...

folder 旅行記

青春18きっぷで行く豊岡・出石日帰り観光
青春18きっぷで行く日帰り尾道観光
青春18きっぷで行く日帰り浜松観光
more...

folder 登山

大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
六甲山登山【阪急岡本~有馬温泉約9㎞コース】
more...

folder 経済学

学割がある理由を詳しく説明【価格弾力性とは?】
収穫逓減の法則とは?例を挙げてわかりやすく解説
機会費用とは?人生を損しない魔法の考え方をわかりやすく解説
more...

folder 大阪

心斎橋駅での乗換案内
きっぷは損!大阪の地下鉄は回数カードで常に割引で乗車!誰でも簡単にできる節約法を紹介
【無料&穴場!】大阪駅前ビルの展望台に行ってきた
more...

folder 京都

京都地下鉄1日乗車券でラクラク観光!優待特典もあって便利でお得!
JR京都駅から近鉄京都駅までの乗換案内
京都大原観光【のどかに佇む京の隠れ里へ】
more...

folder 奈良

地元民おすすめ!奈良観光に便利でお得な「ぐるっとバス」のすすめ
正倉院展へのアクセスと混雑を避ける方法

No Image

more...

folder 日記

仮想通貨(ビットコイン)を始めてみた
うつ病ブロガーのいらないものリスト
幸せに働くことができる社会を実現するために僕はブログを書き続ける
more...