初心者必見!アフィリエイトで商品を成約させる記事の書き方【新PASONAの法則】

※当ブログにはアフィリエイト広告が含まれます。

「アフィリエイトで商品を成約させる記事を書きたい!」

「記事を書き続けてもなかなか成約させることができない!」

当記事ではこういった悩みを解決します。

ASPの管理画面を見ても、来る日も来る日も成果は0件。

ブログを頑張って書き続けても、アフィリエイトを全く成約させることができないのはつらいですよね。

僕も以前、何記事書いても一向に成約させることができなくて、とても悩んでいました。

しかしながら、ブログ記事からアフィリエイト成果が発生しないのは記事の文章が原因です。

なぜなら、記事の文章で読者の購入意欲が高まっていないから

実はアフィリエイトを成約させるには、文章で読者の購入意欲を高めることが必要なんです。

当記事を最後まで読むと、初心者でも商品やサービスを売れる文章が簡単に書けるようになりますよ!

売れる文章の型「新PASONAの法則」とは?

それではどういった文章を書けば読者の購入意欲を高められるのでしょうか?

結論から言うと、ブログ初心者でもテンプレートに当てはめるだけで簡単に売れる記事を書く方法に「新PASONAの法則」という文章の型があります。

新PASONAの法則は有名なコンサルタントである神田昌典さんのコピーライティングのテクニックの1つです。

これは消費者の購買心理のプロセスに基づき最適化された文章構成のことで、ネット広告やセールスレターで幅広く活用されている文章術です。

簡単にいうと、数ある文章の型の中でも商品やサービスが飛躍的に売れやすくなる文章テンプレートです。

ですので、新PASONAの法則はブログやアフィリエイトなど、文章で稼ごうと思ったら必ずマスターしておきたい文章構成術なんです。

実際、多くのネット広告の文章がこの新PASONAの法則の文章構成で書かれており、成果を上げています。

ですので、新PASONAの法則で文章を構成すると、初心者でも読者の購入意欲があがる文章を簡単に書くことができるようになりますよ。

新PASONAの法則の文章構成

それでは新PASONAの法則の文章構成を紹介していきます。

新PASONAの法則の文章構成は以下の6つになります。

  • Problem(問題提起)
  • Affinity(親近感)
  • Solution(解決策)
  • Offer(提案)
  • Narrow down(絞り込み)
  • Action(行動)

それぞれのパートの英語の頭文字を取って「新PASONAの法則」と呼ばれています。

※新がついているのは以前はAffinity(親近感)がAgitation(煽り)、Solution(解決策)とOffer(提案)がSolution(解決策)のみの「旧PASONAの法則」と区別するためです。

以下からは各パートを順番に説明していくよ!

だいだい

Problem(問題提起)

まずは読者が持つ問題や悩みを「提起」し、読者自身にその問題を認識させます。

冒頭で読者が抱えている悩みを明確にするわけです。

問題を明確にすることで読者は自身が抱える悩みに気づいてもらえます。

そうすると読者に「おっ!この記事は自分に関係がある記事だな!」と思ってもらえるので、この先の文章を読んでもらえやすくなります。

Affinity(親近感)

読者の悩みを明確にしたら、次は「親近感」を持ってもらいます。

提起した問題や悩みに「共感」したり、事例を交えて詳しく説明することで親近感を持ってもらいましょう。

このパートの重要なポイントは、読者に「この人は私の悩みを分かってくれている」と感じてもらうこと。

自分も同じ悩みを抱えていて、読者と同じ境遇だったんですよということを認識してもらいます。

なお、この親近感のパートは読者に共感して「同じ悩みを持ったもの同士」という立場に立つことで、読者からの信頼を得るという効果もあります。

Solution(解決策)

ここで悩みに対する「解決策」を提示します。

共感をして読者の抵抗感をなくした後は、読者の悩みを解消する解決策を提示します。

このパートでは解決策だけではなく、なぜ悩みが解決できるのか、証拠となる客観的なデータや理由、実際の写真などを紹介すると効果が上がりますよ。

Offer(提案)

次に解決策を手にしてもらうための「提案」を行います。

悩みを解決することができる商品の特徴や効果を具体的に説明します。

Narrow down(絞り込み)

商品の提案をしたら「絞り込み」に移ります。

絞り込みとは読者を見込み客に絞り込みその気にさせることです。

オファーの期間や対象を絞り込み、読者に「今、行動しなくては」と感じてもらいます。

絞り込みをするには、商品の限定性を提示すると有効です。

具体的には「お1人様1点限り」とか「この価格は本日限り」とか「当ページ限定の特典付き」などが絞り込みに当たります。

Action(行動)

最後に具体的な「行動」を促します。

読者はこちらが指示しないと行動してくれませんので、具体的な行動を促します。

行動のパートはいわゆる最後の一押し。

たとえば「○○は以下のボタンをクリックしてご購入ください」と読者にとってもらいたい行動を具体的に説明します。

以上が「新PASONAの法則」で、セールスレターなどでよく使われている文章構成です。

新PASONAの法則の文章例

ここで新PASONAの法則を使った例文を紹介します。

新PASONAの法則の文章例は以下のような感じです。

【例文】

 

問題提起

「毎日頑張って記事を量産しているのに、いつまで経っても全く稼げない・・・」

そんな悩みはありませんか?

 

親近感

毎日毎日、収益が出ないブログを更新し続けるのは苦痛ですよね。

 

収益も出ないのに毎日記事を書き続けるのは本当に大変なことです。

 

実際、僕も「ブログなんてもう辞めてやる!」と思ったことは1度や2度どころではありません。

 

記事を書いても1円も稼げないならバイトでもした方がマシですからね。

 

解決策

そんな悩みを解決できるのが、「○○」という方法です。

 

この方法では、記事の量産はしません。書く記事は20記事だけです。

 

「20記事だけで本当に稼げるのか?」と思われるかもしれませんが、何の戦略もなくただ闇雲に記事を量産するのと、事前にしっかりと計画を立てて20記事だけを完璧に仕上げるのとどちらが読者にとって有益でしょうか?

 

ブログは事前の準備がきちんとできてさえいれば、記事数が少なくてもしっかり稼げるのです。

 

提案

「○○」は通常価格は10,000円ですが、販売記念価格として今なら半額の5,000円で購入することができます。

 

絞り込み

ただし、本気で稼ぎたい人だけに手にしてほしいので、この料金は今週限定です。

 

行動

「○○」は以下のボタンを押してご購入ください。

どうでしょうか?

もちろんこれは例文ですので、「○○」という商品は実際にはありません。

ですが、ブログで収益化を目指しているあなたは少なからず興味を持ったのではないでしょうか?

新PASONAの法則で文章を書くときの重要なポイント

新PASONAの法則で文章を書くときに特に重要なのは、「私はあなたの悩みをよく理解していますよ。そして、私はあなたの悩みを解決する方法を知っている」ということをしっかり読み手に伝えることです。

この部分が弱いと読者は自分事として文章を読み進めてくれないので、新PASONAの法則で記事を書いても成果が出にくくなります。

悩み主体で文章を書く

新PASONAの法則では、読者が自身さえ気が付いていない潜在的な悩みを掘り起こして問題提起をします。

ですので、悩みや問題を主体にし読者の気持ちになって文章を書きます。

特に最初の問題提起で書く悩みや問題の内容が実際の読者が抱える悩みとずれていると先のパートを読んでもらえません。

したがって、新PASONAの法則を使って収益記事を書く際は事前にリサーチをきっちり行うことが大切です。

さらに、解決策のパートで「あなたの悩みが解消できれば、こんなに素晴らしい未来が待っていますよ!」ということが読者にきちんと伝わることで、この文章構成の効果を最大限に発揮させることができますよ!

最後に

当記事ではブログ初心者でもテンプレートに当てはめるだけで簡単に売れる記事を書くことができる「新PASONAの法則」という文章構成の型を紹介しました。

新PASONAの法則はブログやアフィリエイトなど、文章で稼ごうと思うのなら絶対にマスターしておきたい文章構成術です。

あなたが商品を成約させたい収益記事を書く際に、ぜひこのテンプレートを使って文章を書いてみてくださいね。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA