夢民島〜むみんとう〜

うつ病&コミュ障で働けないけど、ブログでどこまで稼げるか挑戦してみる

【炎上】プロブロガーに滅びの爆裂疾風弾炸裂

※この記事は約5分で読めます。

calendar

reload

【炎上】プロブロガーに滅びの爆裂疾風弾炸裂

こんにちは。大ちゃんです。

本日(2016年7月4日)、自称プロブロガーが「私の1日を50円で買いませんか?何でもやります!」という商売を始めたところ、依頼者から「自分の代わりに日雇い労働をしてその労働の対価である賃金を振り込んで」という依頼にプロブロガー側が断ったためツイッターが炎上するという事態に発展しました。

事の詳細については以下のまとめサイトにまとめられています。

参照プロブロガー「私の1日を50円で売ります! 依頼内容は何でもOK!」「今なんでもするって言ったよね?」 -togetterまとめ

僕もこうやってブログで情報発信している立場ですので看過できない出来事だと思い、今回はこの騒動から僕が考えたことを書いておこうと思います。

スポンサーリンク

騒動の概要

まとめサイトを見ていただくとだいたいのことは分かると思いますが、自称プロブロガーである宮森はやと氏がネットショップで「1日50円で何でもやります!」という記事を公開したことから事は始まります。

今回の騒動はこの宮森氏が提供するサービスに対して依頼者が「日雇いで働いた分の賃金を自分に振り込んでほしい」と依頼したのですが、宮森氏は自身のツイッターでその依頼主の依頼を断る姿勢を示したことで依頼者とその取り巻きが「何でもやるって書いてあるじゃないか!この詐欺師ブロガーめ!」という感じで炎上に発展したといった流れです。

しかもその50円は支払い済みで契約が成立しているので、「何でもやる」と言ったブロガーは詐欺罪に当たるのではないかとのことでネット上では騒ぎになっています。

「何でもやる」の両者の乖離

依頼者の「日給50円でプロブロガーを雇い、働いてもらい賃金を回収することでその差額を手に入れる」という発想自体は中々賢い考えです。

バカな僕にはそんなこと思いつきもしません。まさにリアル錬金術です。

しかしどう考えても「何でもやる」ことは不可能です。

プロブロガーでなくても「宇宙旅行に連れて行ってほしい」などの依頼は普通の企業や普通の一般人に遂行できることではないわけですし、人間にできることは限られています。

そこを理解せずに「何でもやる」という文言だけで自分の代わりに働いてと言う依頼者も、自分が何でもできないのに「何でもやる」と言う自称プロブロガーもどっちもどっちなのではないかと僕は思います。

つまり今回の騒動は両者の間で「何でもやる」という言葉の解釈に乖離があったため生じた騒動であるということができるでしょう。

どうして炎上したのか?

ではなぜこのような乖離が生じたのか依頼者側とプロブロガー側そして炎上させた取り巻きに分けて考えてみようと思います。

依頼者側

依頼者のツイッターのツイートを少しさかのぼって見ると「プロブロガーは自ら魔物の洞窟に裸一本で乗り込んで来たんだからな、剥げるだけ剥ぐぞ」と言うツイートが散見されました。

このツイートから推測して社会的に成功しているプロブロガーを陥れようとしている意図があるのは明らかだと思われます。

この依頼者はツイッターでのフォロワー数が1万人を超える”アルファツイッタラー”(影響力のあるアカウント)で金銭的にも困窮しているらしく、成功しているプロブロガーに対して嫉妬や嫌悪の感情があったのだと思います。

しかしブロガーが「何でもやる」と言ったとしてもブロガーができる範囲での依頼を考えてからするべきですし、そんな社会通念上から逸脱した依頼をするのはとても幼稚な考えだなあと思います。

「日給50円でプロブロガーを雇い、働いてもらい賃金を回収することでその差額を手に入れる」という発想自体はとても賢いだけにこのような形で炎上させるのはとても残念なことだと思います。

プロブロガー側

商売を始めたプロブロガー側にも問題はあります。

「1日50円で自分を買ってください」

この発想自体は面白くて良い企画だったと思います。

この企画は自分のブログの読者(ペルソナ)を想定して書いたのだと思いますが、ネットの世界にはリアルと同様いろんな人がいることを想定して発信しなければならないと思います。

そこに自分が想定していない「読者以外」からの依頼がくることを想定していなかったのは問題だと思います。

「ここにはそんな常識を逸脱した依頼などしてくる人などいない」と言う風に。

自称プロブロガーですし、そういう事情は経験的に周知のことだと思います。

「何でもします!しかし例外もあります」と注意書きを添えておけばこんな事態にはならなかったことでしょう。

世界中の誰もが見るインターネットの世界だからこそこのような人もいることを想定して条件を付けるなどして商売すべきだったと思います。

炎上させた取り巻き

今回の騒動の炎上元となったのはプロブロガーの記事ではなく、依頼者のツイッターです。

依頼者のツイッターはフォロワーが2万人以上もいる影響力のあるアカウントでした。

そのため「これは詐欺だ」という多くの人の共感を得たことによりこのような事態に発展しました。

実際この騒ぎがなければ僕もこのような記事を書くことはなかったでしょう。

確かにツイッターの意見では、代金の50円は振り込み済みということで契約は成立しているため「詐欺だ」という依頼者の意見に賛同する声が多いですし僕も賛同ですが、プロブロガーに対する嫉妬心を炎上といった形で持っていくのは間違っていると僕は思います。(特に宮森氏にリプを送っている人の意見には僕は賛同できません。)

どう収拾させるのか

法律的には派遣事業の資格がない者に派遣労働させるのは法律違反です。

参照第六条 何人も、法律に基いて許される場合の外、業として他人の就業に介入して利益を得てはならない。(中間搾取の排除) (労働基準法 第一章 第六条)

そのためこの問題はプロブロガーの宮森氏側が依頼者に「50円を返金する」か、「依頼に答えるが労働の対価は支払わない」かどちらかを決めるしかないでしょう。そうしないとブロガーの方は詐欺罪で訴えられても仕方ないです。

まあ今回の「滅びの爆裂疾風弾炸裂」がブロガーにとってはネタになり多くの人に注目されるのでデメリットばかりではないと思いますが…

今回の騒動に対する所感

今回の騒動からネットの世界でもリアルの世界でも不特定多数の人々に対して商売(特にサービスの提供)をするには価格の他にルールや条件をきっちり記載して明記することが大切なことだなあと思いました。

僕はこのブロガーやこの依頼者のような大きな影響力はないですが余計なトラブルを未然に防ぐためにも「何でもやる」などというような曖昧な表現は避けなければならないと感じました。

ネットでの書き込みは口で言うのと違い本人が死んだあとも人類が滅びるまで永遠に残るのでどんな人が見るのかよく考えてから書かなければならないなあと思いました。

にしてもたくさんのフォロワーを動かす影響力があり、しかもこんな面白い発想ができる依頼者の方こそブログを書いてブロガーになるべき人だと僕は思います。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

関連記事&スポンサーリンク



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

大ちゃん

社会人1年目で就職した会社で過労・睡眠障害によりうつ病を発症後、休職から退職に追い込まれた26歳の男。現在はうつ病療養の傍ら複数のサイトを運営。当ブログ『夢民島』は毎月5万人以上の人に読まれています。 [詳細]

folder お知らせ

当ブログ「夢民島」を常時SSL化しました!
more...

folder 政治

参議院選挙に思うことと若い有権者に伝えたいこと
more...

folder 副業

副業の解禁や推進は大量倒産・大量失業時代への伏線だと思えてならない話
ビデオリサーチの会場調査に行ってきた
D STYLE WEBの会場調査で4,000円頂きました
more...

folder 音楽

ゆっぴの歌う『メロンパンのうた』がゆるさ全開で面白い!
奈良のご当地ソングを10曲厳選して紹介!
『おふろのうた』をガチで考察してみた
more...

folder 旅行記

大阪周遊パスはどれだけお得になるのか?実際にパスを使って観光してみたまとめ
青春18きっぷで行く豊岡・出石日帰り観光
青春18きっぷで行く日帰り尾道観光
more...

folder 登山

大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
六甲山登山【阪急岡本~有馬温泉約9㎞コース】
more...

folder 京都

JR京都駅から地下鉄京都駅への乗換案内
京都地下鉄1日乗車券でラクラク観光!優待特典もあって便利でお得!
JR京都駅から近鉄京都駅までの乗換案内
more...