夢民島〜むみんとう〜

うつ病&コミュ障で働けないけど、ブログでどこまで稼げるか挑戦してみる

大阪メトロは「バスとバス」「バスと地下鉄」を乗り継ぐと割引になってお得に

※この記事は約6分で読めます。

calendar

こんにちは。節約が好きな大ちゃんです。

Osaka Metro(以下「大阪メトロ」と表記)と大阪シティバスは、地下鉄・バスともに路線網が発達しており、観光やビジネスはもちろん、普段の買い物やちょっとしたお出かけの際にも大変便利です。

また、大阪メトロでは他の都市の交通機関と比べ、豊富な割引制度があって、うまく活用することで交通費を抑え、結果的に安く移動することができ、今回紹介する「乗継割引」もその例外ではありません。

そこで、今回の記事では、大阪メトロの「乗継割引」について、その割引システムや割引の対象となる乗車方法など、詳しく見ていこうと思います。

(※なお、大阪市の地下鉄とバスの運営は2018年4月にそれぞれ「大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro)」、「大阪シティバス株式会社」となり民営化されましたが、市営時代にも過去に同じ内容の割引制度があり、変更点はありません。)

参考バスとバス、バスと地下鉄の乗り継ぎについて|Osaka Metro

スポンサーリンク

大阪メトロの「乗り継ぎ割引」制度

バスとバスを連続して乗り継ぐ場合、90分以内なら2回目の運賃が自動的に無料になる

まずは「バスとバス」を乗り継ぐ場合の割引を見ていくことにします。

「バスとバス」を乗り継ぐ場合、合計の運賃が自動的に210円となります。(小児は110円)

分かりやすいように式にすると、

  • 1回目のバス(210円) + 2回目のバス(210円) =210円(2回目の乗車が無料に)

となります。

シティバスは1乗車の大人運賃は210円ですので、乗継割引が適用されると2回目の運賃がなんと無料になるんです。(!)

これは知っておくだけでとてもお得な情報だなと思います。

ただし、この場合、乗継割引が適用されるのは、最初のバスを降車後、90分以内に次のバスを降車した場合のみ」に限ります。

また、3回目の乗車は割引の適用外となりますが、その乗車から90分以内の乗車であれば、新たな乗継割引が適用され、乗継割引を1日に何度も利用することは可能です。

このように、大阪メトロでは他の都市の路線バスでは信じられないほどお得な割引制度となっていますが、大阪市民の間ではこれは当たり前となっているようです。

ちょっとした短時間(90分以内)のお出かけなら片道の運賃だけで済む

この超お得な大阪メトロシティバスの割引システム。

名称は「乗継割引」なんですが、2回目の乗車が1回目の乗車と同じ区間、つまり「往復」で利用する場合でもこの割引が適用されるんです。

ですので、バスでちょっと離れたお店に行って、同じ区間のバスで帰ってくる場合、90分以内であればトータルでかかる運賃は片道運賃のみで済んでしまうということになります。

バスと地下鉄を連続で利用すると自動的に100円引きに

次に「バスと地下鉄」or「地下鉄とバス」の場合を見ていきます。

「バスと地下鉄」、またはその逆である「地下鉄とバス」を乗り継ぐ場合、バスと地下鉄の運賃の合計金額から100円引きされます。(小児は50円引き)

こちらも分かりやすいように式にしてみると、

  • 地下鉄(例:2区 230円) + バス(210円) =340円(100円引き)

  • バス(210円) + 地下鉄(例:2区 230円) =340円(100円引き)

となります。

また、こちらの乗継割引は、バスとバスの乗継割引のように、当日の間であれば時間の制限はありません。

ただし、この乗り継ぎ割引が適用されるのは「連続して乗車した場合のみ」に限ります。

どういうことかと言うと、例えば、「最初にバスに乗り、次に私鉄やJRに乗り、そのあと地下鉄に乗る」といった利用だと、間に別の交通機関が入ることでバスと地下鉄が連続した乗車とはならず、この場合は乗り継ぎ割引が適用されませんので注意が必要です。

上級者向け:「バス⇒バス乗継」と「バス⇔地下鉄乗継」を合わせて利用できる

さらに、上級者向けですが、実は上記の乗継割引を2つ合わせて利用することもできちゃいます。

少しややこしいですが、

  • 1回目のバス(210円) + 2回目のバス(210円) + 地下鉄(例:2区 230円) =340円

    (2回目のバスで「バス⇒バス乗継」が適用され2回目のバスが無料になり、さらに地下鉄の乗車で「バス⇔地下鉄乗継」が適用され100円引きになるため)

  • 地下鉄(例:2区 230円) + 1回目のバス(210円) + 2回目のバス(210円) =340円

    (1回目のバスで「バス⇔地下鉄乗継」が適用され100円引きになり、さらに2回目のバスで「バス⇒バス乗継」が適用され2回目のバスが無料になるため)

となります。

バスに先に乗った場合は地下鉄の運賃(例の2区の場合230円)から100円引き、地下鉄に先に乗った場合はバスの運賃(210円)から100円引きとなりますが、トータルでかかる運賃はどちらの場合も実質「地下鉄の運賃+110円」で済むということになります。

乗り継ぎ割引が適用されるのは「カード乗車券」での乗車のみ

こんなにもお得な大阪メトロの「乗継割引制度」ですが、この乗継割引が適用されるのは「ICOCA」や「Suica」、「PiTaPa」などの「全国共通ICカード乗車券」と、大阪メトロが発売している磁気カードである回数カードを利用して乗車する場合のみです。

これらで乗車し、上記の条件を満たす乗車をすると、自動的に乗継割引が適用されます。

現金のほか、普通のきっぷや紙の回数券などの場合は割引適用外となります。

磁気カードである回数カードにはさらに別の割引もあり、自動券売機でも簡単に購入することができるので、よく大阪の地下鉄やバスに乗るという人は回数カードを手元に1枚常に持っておくといいと思います。

〈参考〉エンジョイエコカードとどっちがお得?

大阪メトロには、利用日当日に限りバスと地下鉄が定額で乗り放題となる1日乗車券であるエンジョイエコカードもあります。

エンジョイエコカードは平日用が800円、土日祝日用が600円で販売されており、詳しい情報についてはこちらの記事にまとめて書いています。

参考エンジョイエコカードが便利でお得!大阪観光にもおすすめ!

ここで気になってくるのが、「乗継割引を利用するか、それとも思い切ってエンジョイエコカードを購入するか」、一体どちらの方がより安くなるのかという点。

今回紹介した乗継割引、特に「バスとバス」の割引は90分以内なら2回目の乗車が無料になるという、とても充実した割引内容であるため、特に平日にバスを複数回利用する場合なら、トータルでも800円以下で済んでしまう場合もあるので、エンジョイエコカードを利用するよりも安くなる場合もあります。

ただし、バスとバスの乗継割引が適用されるのは、前述したとおり90分以内という条件があるので、利便性を考慮すると、一概にどちらの方が良いか断定することはできません。

ですので、お出かけ前に自分がどれだけ利用するのか、現地での滞在時間はどれくらいになるのかなど、あらかじめ計算し把握したうえでどちらにするか決めた方がいいかもしれません。

最後に

今回は大阪メトロの「乗継割引」の内容について、割引が適用される乗車方法や割引の仕組みなどを中心に詳しく見ていきました。

大阪のバスと地下鉄は今回紹介した乗継割引以外にも割引制度やお得な乗車券が充実しているので、これらをうまく利用し、なるべく交通費を抑えて賢く利用していきたいものですね。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

関連記事&スポンサーリンク



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


書いている人

大ちゃん

社会人1年目で就職した会社で過労・睡眠障害によりうつ病を発症後、休職から退職に追い込まれた26歳の男。現在はうつ病療養の傍ら複数のサイトを運営。当ブログ『夢民島』は毎月5万人以上の人に読まれています。 [詳細]

folder お知らせ

当ブログ「夢民島」を常時SSL化しました!
more...

folder アトピー性皮膚炎

正直うつ病より辛いアトピー性皮膚炎が障害と認定されないのは絶対におかしい件
more...

folder 政治

参議院選挙に思うことと若い有権者に伝えたいこと
more...

folder 音楽

ゆっぴの歌う『メロンパンのうた』がゆるさ全開で面白い!
奈良のご当地ソングを10曲厳選して紹介!
『おふろのうた』をガチで考察してみた
more...

folder 旅行記

大阪周遊パスはどれだけお得になるのか?実際にパスを使って観光してみたまとめ
青春18きっぷで行く豊岡・出石日帰り観光
青春18きっぷで行く日帰り尾道観光
more...

folder 登山

大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
六甲山登山【阪急岡本~有馬温泉約9㎞コース】
more...

folder 京都

JR京都駅から地下鉄京都駅への乗換案内
京都地下鉄1日乗車券でラクラク観光!優待特典もあって便利でお得!
JR京都駅から近鉄京都駅までの乗換案内
more...