ブログ記事で説明をするときは例を用いて具体的に書こう

※当ブログにはアフィリエイト広告が含まれます。

「ブログの記事で説明したいことがあるんだけど、うまく説明ができない・・・」

「分かりやすい文章を書くためのコツって何かあるの・・・?」

ブログ記事を書いていると、読者に対して物事を分かりやすく説明しないといけないことがありますよね。

だけど、具体的にどう書けば上手な説明ができるのか、悩んではいませんか?

そこで当記事では分かりやすい説明文を書くために必要な文章術を紹介しています。

当記事を最後まで読めばあなたも分かりやすい説明文が書けるようになりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

文章は具体的に書こう

まず、文章は抽象的ではなく具体的に書きましょう

これは高学歴の人ほど注意が必要です。

というのも、勉強ができるという意味の「頭のいい人」ほど物事を抽象的にとらえる傾向があるからです。

どういうことか詳しく説明すると、抽象度の高い文章は読者には理解しにくい文章なんですよ。

あなたも経験はありませんか?

勉強はできるし頭もいいんだけど、教えるのが極端に下手な人。

こういった人の話はとっても理解しにくいですよね。

でも具体的に文章を書くだけでものすごく分かりやすい文章になるんです。

以下で例文を挙げながら説明します。

たとえば、以下の2つの文章を読みくらべてみてください。

〈例文〉

日本の人口は急激に減少しており、日本経済は確実に衰退していくだろう。

〈例文〉

日本の人口は1年ごとに鳥取県の全人口がまるまる消えてしまうほど急激に減少しており、日本経済は確実に衰退していくだろう。

おそらく後者の方が具体的で分かりやすいですし、説得力もある文章ですよね。

その理由はなんと言っても具体的でイメージしやすいから。

毎年鳥取県の人口が消えるペースで人が減ったら、さすがに日本経済が衰退することは誰でも予想できますからね。

このように、具体的に説明することで分かりやすくなるのはもちろんのこと、説得力も増す文章になります。

たとえ話を入れよう

また、分かりやすい文章にはたとえ話がある場合が多いです。

これは僕が以前SNSか何かで見た文章なんですけど、以下の例文はとっても分かりやすいなと感心した文章だったので、参考になると思いとっさにメモしておきました。

〈例文〉

1兆円がどれくらいのお金かといいますと、たとえば1日200万円ずつ毎日使い続けても1,500年以上かかります。つまり奈良時代から毎日使い続けてもまだまだ残っている、それくらいすごい額のお金なんです。

こう言われると「1兆円」という漫然とした莫大な金額のお金が具体的にイメージしやすくなってとても分かりやすいですよね。

このように、たとえ話を入れると一気にイメージが膨らみ、分かりやすい文章になります。

なお、分かりやすいたとえ話をするコツは具体的な数字を入れること

テレビのニュースなどでもたとえば「東京ドーム〇個分」とか「日本の面積の約〇倍」という表現はよく聞きますよね。

数字を使うときは身近に使う単位や誰もが知っているモノや単位に置き換えて説明するとより分かりやすいたとえ話になりますよ。

【最後に】

当記事では分かりやすい説明文を書くためのコツを2点紹介しました。

  • 具体的に文章を書く
  • たとえ話を入れる

具体的に文章を書くことはとても重要です。

そして、たとえ話が上手い人の話は分かりやいですよね?

たとえ話は抽象度の高い話を具体化しているので、とても分かりやすいんです。

文章中にたとえ話を入れるのは、読者に対するおもてなし。

例を挙げて具体的に書くことを意識すれば、必然的に分かりやすい文章につながるでしょう。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


収益を10倍にする記事の書き方に興味はありませんか?
詳細はコチラ
収益を10倍にする記事の書き方に興味はありませんか?
詳細はコチラ!