ブログ初心者は「PREP法」で記事を書こう!

※当ブログにはアフィリエイト広告が含まれます。

「記事がうまく書けない・・・」

「1記事を完成させるのにすごい時間がかかる・・・」

「頑張って書いてもひどい文章になってしまう・・・」

当記事ではこんな悩みを解決します。

ブログ記事を始めて書く人がいきなり文章を書き始めても、上手に書けないことがほとんどです。

書いている途中で止まってしまったり、1記事完成させるのにとても時間がかかったり、そもそも書き出しで詰まってしまうという経験はありませんか?

僕も記事を書き始めたばかりの頃はなかなかうまく書けなくて、1文書いては止まり、また書いては止まりで「うーん、やっぱりこうじゃないな」と何度も書き直しをしたものです。

そんなこんなで1記事書き上げるのに、気づけば4時間以上かかっていたこともありました。

しかし4時間もかけて書いたものを読み返すと、これがまたひどい文章なんですよ。

話が飛んでいたりつじつまが全然合っていなかったりで、

「自分はなんて文章力がないんだろう・・・」

と正直とても落ち込みました。

ですが、文章には基本的な型があるんです。

文章の基本的な型を知っておくと、記事はとっても書きやすくなります

そこで当記事ではブログ記事を初めて書く人に向けて、文章の基本的な型と書き方を解説していきますね。

文章の型を知ってそれを真似するだけでも、記事はものすごく書きやすくなりますし、読者に伝わる文章にもなりますよ。

記事を書く前に文章全体の構成を考えよう

記事を書く前に必ず準備をしよう

あなたは文章を書くときはいきなり本文から書き始めるタイプですか?

実はブログの記事は何の準備もなしにいきなり書き始めてはいけません

記事を書く前には必ず準備が必要なんです。

ですが準備と言ってもやることは簡単。

まずは文章全体の構成を考えます。

文章の構成にはいろいろなパターンがあるんですが、最初は簡単なパターンでOKです。

起承転結で書いてはいけません

なお、小学校や中学校の作文では、文章は「起承転結」で書くように教わったと思いますが、ブログ記事にはほとんど使いません。

「起承転結」とはたとえば以下のような書き方です。

  • 【起】僕はうどん屋さんに行きました。
  • 【承】僕はカレーうどんを注文しました。
  • 【転】ところがカレーそばが運ばれてきました。
  • 【結】食べてみるととても美味しかったです。

簡単に言うと4コマ漫画によくあるような構成ですね。

ですが、ブログではこのような起承転結で文章を書こうとするのは間違いです。

なぜかというと、実は起承転結は作家や小説家が使う高度な表現技法なんですよね。

だから文章を書くのに慣れていない初心者が真似をしてもうまく書けないのは当然なんです。

ブログ記事はもっとシンプルで分かりやすい構成で書くようにしましょう。

ブログ記事に向いている簡単な記事の構成パターンとは?

ではシンプルで分かりやすい文章の構成パターンとはどのようなものでしょうか?

以下で詳しく解説するよ!

だいだい

PREP法で書こう!

シンプルな文章構成とは「結論」⇒「理由」⇒「具体例」⇒「結論」という構成です。

  • 結論(Point)
  • 理由(Reason)
  • 具体例(Example)
  • 結論(Point)

英語の頭文字を取って「PREP法」(プレップ法)とも呼ばれ、この構成で文章を書くと、分かりやすく簡単に伝えられるというメリットがあります。

ポイントは「結論」を頭に持ってくること

以下に例文を示します。

  • 【結論】:リモートワークは生産性を向上させる効果があります。
  • 【理由】:なぜなら、通勤時間が削減されることで、従業員はより多くの時間を業務に充てることができるからです。
  • 【具体例】:例えば、ある調査では、リモートワークを実施した企業の70%以上が「従業員の生産性が向上した」と報告しています。
  • 【結論】:したがって、リモートワークは従業員の生産性を向上させる効果があると言えます。

この構成が最もシンプルで、読み手にとって非常に分かりやすいですし、説得力もあります。

特に結論を先に書いておくと、書き出しで「この記事にはこんなことが書いてあるんだな」と読者はある程度想像ができるので、書き手の表現力が多少乏しくても理解しやすい文章になります。

また、結論を先に書いておくことで話が脱線することもありません。

人間は先に結論を聞いた方が後の話が理解しやすくなるんです。

PREP法をマスターするポイント

なお、PREP法をマスターするポイントは接続詞

  • 理由の前に「なぜなら」や「なぜかというと」をつける
  • 具体例の前に「たとえば」や「具体的には」をつける
  • 最後の結論の前に「だから」や「したがって」をつける

このように、まずは接続詞を意識して記事を書くことで文章力は自然に上達していきますよ。

PREP法は文章を作る際の基本中の基本です。

なのにどうしてか学校ではあまり教えてくれないんですよね。

なお、PREP法はブログ記事の作成以外にも履歴書の自己アピール文やプレゼンなどでも使えるので、必ず練習してマスターしてみてくださいね。

最後に

ブログ記事を書くときはいきなり書き始めるのではなく、まずは文章全体の構成をしっかり考えましょう。

今回紹介したように「結論」⇒「理由」⇒「具体例」⇒「結論」の順に書いていくと、必然的に分かりやすい文章が簡単に書けるようになりますよ。

なお、この記事も「PREP法」で構成されているのに気づきましたか?

構成は以下のような感じです。

  • 【結論】ブログ記事は書く前に構成を考えてPREP法で書きましょう。
  • 【理由】なぜなら、PREP法で書くと分かりやすく簡単に伝えられる文章が書けるからです。
  • 【具体例】以下に例文を示します。(中略)
  • 【結論】だから、ブログ記事はPREP法で書くのがおすすめです。

このように「PREP法」で記事を書くと、記事を書くのがはじめての人でも分かりやすい文章がスラスラと書けるようになりますよ。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA