ブログ初心者でも分かりやすい記事が書ける文章の型を紹介【SDS法】

※当ブログにはアフィリエイト広告が含まれます。

「ブログ初心者でも分かりやすい記事が書きたい・・・」

「分かりやすい文章が書ける方法はないの?」

当記事ではこういった悩みを解決します。

記事をたくさん書いても全然読まれないのは悲しいですよね。

記事を一生懸命に書いても読まれない原因は「分かりにくい文章」になっているからかもしれません。

なぜなら、せっかくブログにアクセスがあっても、文章が分かりにくいと読者は理解が難しく、記事の途中で離脱してしまいます。

ですので、記事を書くときは分かりやすくてちゃんと話が伝わる文章を書く必要があります。

そこで当記事ではブログ初心者でも読者に伝わる文章が書ける「SDS法」について詳しく解説しています。

SDS法をマスターすれば、あなたも読者に伝わる分かりやすい文章が書けるようになりますよ!

分かりやすい文章の書き方が知りたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

SDS法とは?

SDS法は、

  1. 要点(Summary)
  2. 詳細(Details)
  3. 要点(Summary)

の順番で文章を構成する文章術です。

英語の頭文字を取って「SDS法」と呼ばれます。

SDS法は最初に「要点」をおくことで、まずは読み手の興味を引きます。

そして、次に「詳細な内容」を伝え、最後に「要点」を再び繰り返すことでまとめます。

SDS法は、最初に要点を伝え、最後にまた要点を繰り返すため、内容が理解しやすく、読み手の記憶にも残りやすい文章構成となっています

そのため、ブログやアフィリエイトでは、商品の概要を説明するときによく用いられる文章構成です。

この文章構成は自己紹介やプレゼンをする際に有効な方法で、ニュースの原稿なんかにもよく使われています。

SDS法の構成

SDS法は、

  1. 全体の概要を説明(要点)
  2. 詳細な説明(詳細)
  3. 全体のまとめ(再び要点)

の順番で文章を書いていきます。

以下で詳しく説明していくよ!

だいだい

①最初の要点(全体の概要)

まずは、この文章が何のテーマについて書いているのか、全体の概要を説明します

たとえば、記事の内容について、「当記事は○○についてお伝えします」とか「私は○○だと思います」というように、簡潔に説明・主張します。

なお、ここでは全体の概要のみを簡潔に書きます。

ここで文章を長くしてしまうと、読者はすぐに離脱してしまいます

あくまで要点を絞り、本当に伝えたいことのみを書くようにしましょう。

②詳細な説明

文章の概要を伝えたら、詳細な説明に入ります。

ここは最初の要点で伝えた内容を詳細に説明することで、読者に納得してもらうパートになります。

ですので、ここではできるだけ分かりやすく丁寧な説明を心掛けましょう

ここでのポイントは根拠や理由を示したり、箇条書きなどを使ったりして、読者に内容をイメージしてもらい納得してもらえるような文章を目指します。

③全体のまとめ(再び要点)

最後に文章全体のまとめをして終わります

たとえば「当記事は○○についてお伝えしました」とか「以上のことから私は○○だと思います」のように書いて文章全体をまとめて閉めます。

最後に冒頭で主張したことを再び主張することで、読者により納得感を持ってもらえるようになります。

SDS法で文章を作るメリット

では次にSDS法で文章を作るメリットについて解説します。

①読者の興味を引きやすくする

SDS法は1番最初に要点を伝えるため、読者の興味を引きやすくします

ブログ記事を読む人は常に急いでいます。

つまり「早く答えが知りたい!」と考えているわけです。

そのため、冒頭で要点を伝えてあげることで、読者は「自分の知りたいことが書いてあるかも!」と思ってくれます。

冒頭で興味を持った読者は知りたい答えに関する詳細も気になってくるので、次の文章を読み進めてくれる可能性がグッと高まります。

冒頭でのつかみが最重要!

だいだい

②読者に分かりやすく伝えられる

SDS法で書かれた文章は、「要点⇒詳細⇒要点」の順番で構成されているので、読者にとって内容が理解しやすい構造となっています。

たとえば、あなたはこんな経験はありませんか?

ニュースを途中から聞くと、全体の概要が分からないため、詳細を聞いてもあまり理解できませんよね。

「うん?容疑者がどうのこうのとか言っているけど、そもそもこの事件ってどんな事件なんだ?殺人事件?それとも交通事故?」って思ったことは1度はあると思います。

しかし、「今日午前、○○県△△市のコンビニで強盗事件がありました。」と最初に聞いていると、その後の詳細は強盗事件を前提として話が入ってくるので、理解しやすくなりますよね。

このように、話の内容や要点を最初から知っていれば、詳細な説明が頭に入ってきやすくなります。

さらに最後にもう一度要点を伝えることで、より一層理解を深めてもらえます。

このため、SDS法は読者に分かりやすく伝えられる文章構成と言うことができます。

最初に要点を知っていると、後の話はすんなり入ってきます!

だいだい

SDS法の例文

それではSDS法の例文を紹介します。

【要点】読者に分かりやすく伝えられる文章術は「SDS法」です。

 

【詳細】SDS法は「要点⇒詳細⇒要点」で構成されています。

 

SDS法では最初に要点を書くことで、読者は何のテーマについて書かれている文章なのか理解したうえで読み進められます。

 

そして最後にもう一度要点を伝えることで、より一層理解を深めてもらうことができます。

 

【要点】このように、SDS法を使って文章を作れば、読者に分かりやすく伝えられる文章が書けるようになります。

例文なので簡単に短く書きましたが、SDS法で書かれた文章は話の要点を1番最初に伝えるので、読者はその内容をすぐにつかむことができます。

この例文の場合、冒頭部分で「読者に分かりやすく伝えられる文章術はSDS法なんだな」ということが分かるため、その後の詳細が理解しやすくなっています。

話の内容が分かればその先の文章も読み進めやすくなるため、内容全体を分かりやすくスムーズに伝えることができます。

最後に

読者に伝わる分かりやすい文章を書くには今回紹介した「SDS法」を使って書くと良いでしょう。

SDS法は「要点⇒詳細⇒要点」のたった3つの要素で構成されたシンプルな文章術のため、初心者でも簡単に習得することができます。

SDS法を使って記事を書くことで、あなたも読者に伝わる分かりやすい文章が書けるようになりますよ!

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA