スポンサーリンク

正倉院展2020 前売券の購入方法と奈良へのアクセス【コロナで今年は前売日時指定券のみ!】

奈良
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク
大ちゃん
大ちゃん

こんにちは。奈良の大ちゃんです。

この記事では、奈良市にある奈良国立博物館で開催される「正倉院展」の前売券の購入方法と奈良へのアクセスを紹介しています。

この記事が、正倉院展に行かれる際の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

【注意!】2020年の正倉院展は新型コロナウイルスの影響で「前売日時指定券」での観覧のみ

まず、一番注意しなければいけないのは、今年(2020年)の正倉院展は、例年と異なり、「前売日時指定券」のみでの観覧となっている点です。

新型コロナウイルスの感染防止のため、正倉院展の観覧には事前に「前売日時指定券」の購入が必要で、当日券の販売はありません

ですので、前売日時指定券を持っていないと会場に行っても入ることができないので注意が必要です。

なお、前売日時指定券の販売は9月26日(土)午前10時からの予定となっています。

前売日時指定券の購入方法

正倉院展の前売日時指定券は、ローソンチケット(ローソン・ミニストップ各店舗)、チケットぴあ公式サイト、セブン-イレブン各店舗での販売となっています。

なお、前売日時指定券は1回につき4枚までの購入が可能で、販売は先着順です。

人数に達し次第、購入ができなくなるので、早めに購入方法を確認し、スケジュールを調整することをおすすめします。

チケットぴあ

※正倉院展の会場である奈良国立博物館での販売はありません。

インターネットでの購入方法

インターネットでは、ローソンチケットチケットぴあで販売されます。

公式サイトの検索欄に

  • ローソンチケット(Lコード:57700
  • チケットぴあ(Pコード:763-373

を入力し、予約をしてください。

ローソンチケットで申し込んだ場合は、ローソン、ミニストップ各店舗で発券し、引き取りを行います。

チケットぴあで申し込んだ場合はセブンーイレブン、ファミリーマート、ぴあ各店舗での発券・引き取り、または配送での引き取りとなります。

ここではチケットぴあでの検索方法を実際のスマホ画面と共に説明していきます。

まず、チケットぴあの公式ホームページに行きます。

次に、チケットぴあの公式ホームページの上部に検索欄がありますので、先ほど紹介したPコード(763-373)を入力し検索を行います。

検索が終わると「第72回正倉院展」と表示されるので、画面上の「詳細へ」というボタンを押すと購入ページに行くことができます。

なお、発売前にはチケットを購入することはできませんが、チケットは先着順のため、購入時に焦って間違わないようにあらかじめ手順を確認しておくと良いと思います

また、チケットぴあで申し込んだ場合はチケット代の他にチケット1枚につき手数料(330円)が別途かかりますのでご注意ください。

電話予約での購入方法

チケットぴあの電話予約(TEL:0570-02-9999)より予約ができます。

電話予約の場合はセブンーイレブン、ファミリーマート、ぴあ各店舗での発券・引き取りとなり、こちらもチケット1枚につき別途手数料(330円)がかかります

コンビニ店舗での購入方法

ローソン、ミニストップ各店舗内にある端末機Loppi」(ロッピー)、またはセブンーイレブン店舗内のマルチコピー機で購入できます。

  • ローソン、ミニストップ(Lコード:57700
  • セブンーイレブン店舗(Pコード:763-373

を各端末機で入力し、購入ができます。

なお、セブンーイレブンでの購入はチケット1枚につき別途手数料(330円)がかかります

各端末機の操作方法については、以下を参照してください。

参考Loppiで購入する|ご利用ガイド – ローチケ[ローソンチケット]

参考セブンーイレブンでの購入方法|ヘルプ|チケットぴあ

正倉院展へのアクセス

次に、正倉院展が開催される「奈良国立博物館」へのアクセスについて説明します。

公共交通機関(電車・バス)の場合

奈良へのアクセス

国立博物館がある奈良へのアクセスですが、公共交通機関の場合、東京・名古屋方面からは、まず新幹線で京都駅まで行きます。

そして、京都駅で近鉄電車に乗り換えます。

近鉄京都駅から近鉄奈良駅へは特急で約35分、急行で約45分です。

博多・広島方面からは、新幹線で新大阪駅まで行き、次に新大阪駅で在来線に乗り換え大阪駅まで行きます。

大阪駅からJR奈良駅までは大和路快速で約50分、大阪駅から近鉄奈良駅までは、大阪駅から地下鉄を経由し、難波で近鉄線に乗り換えるか、大阪駅から大阪環状線で鶴橋駅まで行き、そこで近鉄線に乗り換えます。

ちなみに、大阪難波駅から近鉄奈良駅までは特急で約35分、快速急行急行で約40分です。

なお、奈良の玄関口は「JR奈良駅」「近鉄奈良駅」の2つがありますが、大阪市内の主要ターミナル駅から奈良への電車でのアクセス方法や運賃については、以下リンク先の記事に詳細をまとめましたので、こちらも参考にしていただけると幸いです。

また、関西国際空港や大阪国際空港(伊丹空港)からも奈良行きのリムジンバスが出ています。

関西空港から電車で奈良へ行く際は、南海電車で難波まで行き、難波で近鉄線に乗り換えます。

徒歩

近鉄奈良駅下車から東改札口を出て東へ徒歩約15分

近鉄奈良駅から徒歩で国立博物館へ行かれる場合は、近鉄奈良駅の東改札口を出て地上へ上がります。

地上に上がると登大路という幹線道路が東西に走っていますので、その道を東へ15分ほど歩きます。

奈良県庁の前を通り過ぎ、地下歩道を通って少し進むと、奈良国立博物館に到着です。

近鉄奈良駅からの詳しいルートについては、これも別の記事に詳しくまとめましたので、こちらの記事も合わせて参考にしていただくと良いと思います。

バス

JR奈良駅から国立博物館へは徒歩でもアクセスは可能ですが、距離があるため、バスを利用した方が便利です。

  • JR奈良駅東口または近鉄奈良駅から市内循環バス外回り「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ
  • 近鉄奈良駅からぐるっとバス奈良公園ルート「国立博物館」バス停下車すぐ
ただし、正倉院展期間中は奈良公園周辺の渋滞によりバスが遅れる場合がありますのでご注意ください。

JR奈良駅東口からは市内循環バスが約10分間隔で出ています。

市内循環バスは東口の2番のりばから出ており、側面にせんとくんが描かれている黄色いラッピングバスが目印です。(※ラッピングのない車両も運行しています。)

「氷室神社・国立博物館」バス停を降り、横断歩道を渡れば奈良国立博物館に到着です。

2020年は新型コロナウイルスの影響によりぐるっとバスは全便運休となっていますのでご注意ください。

また、正倉院展期間中は、観光客向けの周遊バスである「ぐるっとバス」も毎日運行されています。

ぐるっとバスは近鉄奈良駅の①番出入り口すぐの専用バス停から出ており、こちらは15分間隔で運行されています。

なお、奈良公園ルートのぐるっとバスはJR奈良駅へは経由しません。

国立博物館前の道を経由する奈良公園ルートのぐるっとバスは、赤い色が目印です

「国立博物館」バス停を降り、横断歩道を渡れば国立博物館に到着です。

バスの乗り場や行先などを詳しくまとめた、JR奈良駅から奈良公園へのアクセス方法については、以下リンク先の記事も参考にしてください。

さらに、ぐるっとバスの詳細についても、別の記事に詳しくまとめていますので、こちらも合わせて参考にしていただけると嬉しいです。

自動車の場合

車で行かれる場合、奈良国立博物館には駐車場がありませんので、周辺の有料駐車場を利用することになります。

ただし、はっきり言って車で行くことはおすすめできません

秋の奈良公園周辺はただでさえ通常の観光客で混雑しており、そこに正倉院展への来客も加わることで、どこの駐車場も満車の状態が続き、駐車場に入るまでに相当な時間がかかるからです。

車を駐車場に止めるまでに日が暮れてしまう場合もあり得ます。

ですので、可能な限り電車等の公共交通機関で行くことを強くおすすめします

ただし、どうしても車で行かなざるを得ない場合は、パークアンドライドを利用するとよさそうです。

正倉院展期間中の土曜日日曜日祝日は、国道24号高架下駐車場奈良市役所駐車場無料開放されています。

外部リンクパーク&ライドのご案内//奈良公園・平城宮跡アクセスナビ

このどちらかの無料駐車場に車を止め、ぐるっとバス(大宮通りルート・青いバス)を利用し、アクセス方法を途中で車からバスに変えることで、奈良公園周辺の混雑が避けられます。

無料駐車場に車を停め、大宮通りルートのぐるっとバスを利用する場合は、「宮跡庭園」「奈良市庁前」で乗車して、「県庁前」「氷室神社・国立博物館」で下車すれば、あとは徒歩で国立博物館に到着します。

奈良公園周辺の駐車場は有料で、さらには車を止めるのにもかなりの時間がかかりますが、パークアンドライドを利用することで駐車料金は無料 になりますし、車を止めるための待ち時間はかかりませんので、やむを得ない場合はパークアンドライドの利用の検討をおすすめします。

混雑を避けるには

次に、正倉院展の混雑を避けるべく、なるべく人の少ない時間帯を紹介します。

2020年は前述のとおり「前売日時指定券」のみでの入場となるため、混雑する時間帯は発生しない見込みです。

誰であっても正倉院展に興味がある人は、混雑はできるだけ避けて、ゆっくり鑑賞したいと思います。

正倉院展自体は毎年開催されていますが、展示される宝物が毎年異なるので、その貴重な宝物を一目見ようと考古学ファンはもちろん、たくさんの人が訪れます。

その人気のため、近年では土日・祝日はもちろん、平日でもかなりの混雑となっている時間帯もあります

特に午前中からお昼頃とお昼過ぎから午後4時頃は一般客の他に、ツアー客などの団体客の拝観も重なりますので、土日・祝日関係なく、この時間帯については、最低でも入館までに最大1時間程度の待ち時間は覚悟しておいた方がよさそうです。

また、近年は午後よりも午前中の方が混む傾向があります。

ここでは混雑を避けるためになるべく人が少ないであろう時間帯を説明しています。

なお、ここで紹介している時間帯はあくまで混雑のピーク時と比べると人の数が少ない時間帯であって、空いている時間帯ではないので、ご理解いただけますようお願いします。

早朝

朝早く奈良へ出かけることが可能であれば、開館時間前がおすすめです。

開館時間は午前9時ですが、その前の8時30分ぐらいに国立博物館に到着することができれば土・日・祝日であっても最大で30分程度の待ち時間で入館することができそうです。

開館時間である9時に到着を考えている人が多いため、その人たちよりも一足早い時間を狙ってみるといいでしょう。

平日のお昼前後

午前中からお昼頃が一番混雑する時間帯ですが、平日であれば、ちょうど昼食の時間帯であるお昼の12時前後から午後1時過ぎぐらいはオフピークタイムと言えそうです。

その理由としては、前述したツアーの日程の都合上、ツアー客がこの時間帯に押し寄せることはほぼないので、平日の日中の明るい時間帯に鑑賞するのであればこの時間帯が狙い目です。

奈良公園やならまちなど、周辺の観光も合わせて予定されている方は、昼食の時間をずらすとお店が一番混雑する時間帯も避けることができるので、一石二鳥なのではないでしょうか。

夕方

朝や平日お昼の時間帯に行くのが厳しい方は閉館時間ぎりぎりの夕方がおすすめです。

夕方、特に午後4時以降になるとツアー客も帰る時間帯になるので、午後4時以降であれば平日を中心に、入館に待ち時間なしで入ることができる場合も多いです。

観光の予定を立てる際は、お昼は東大寺や春日大社など、奈良公園周辺の観光をして、最後に正倉院展での鑑賞をする時間を持ってくるとよさそうです。

また、月曜日~木曜日は閉館時間が午後6時までですが、金曜日・土曜日日曜日祝日は閉館時間が延長され午後8時まで開いていますので、これらの曜日に行くと夕方でもゆっくり鑑賞できるかと思います。

ですが、入館は閉館の30分前までですのでご注意ください。

さらに、夕方の時間帯は月曜日~木曜日の午後4時30分以降、金曜日・土曜日日曜日祝日午後5時30分以降に入場できる「オータムレイトチケット」が発売されています。

オータムレイトチケットは国立博物館の当日券売場でのみ、月曜日~木曜日は午後3時30分より、金曜日・土曜日日曜日祝日午後4時30分より販売しており、通常の観覧料金より安くで入館することができます。

人の少ない時間帯にゆっくり鑑賞するには、金・祝日の午後5時30分以降が最もおすすめです。

ただし、奈良のお土産物屋や商店街は早い時間に店じまいしてしまうお店が多いので、お土産を買う場合などは先に買っておくなどしておうた方がといい場合もあります。

雨の日

また、雨の日も比較的空いているかと思います。

奈良国立博物館のある奈良公園一帯は屋外施設がほとんどですので、雨の日は一般の観光客が晴れの日と比べて少なくなります。

そのため、奈良公園に来る人の数が減るため、晴れの日と比べると雨の日の方が空いているのです。

それでも特に土日・祝日の場合は並ぶのを覚悟で行った方がよいでしょう。

2020年の正倉院展はゆったり観覧できそう

当記事では第72回正倉院展の前売日時指定券の購入方法と会場となる奈良国立博物館へのアクセス方法について紹介しました。

最後に要点をまとめておくと、

  • 2020年の正倉院展は新型コロナの影響で前売券のみ(当日券の販売はなし)
  • 前売日時指定券はインターネット・電話・コンビニで販売
  • 日時指定なので混雑はなくゆったり観覧ができそう

の3点となります。

当記事が正倉院展に行かれる際の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

基本情報

※2020年度の情報です。

第72回正倉院展

会期

  • 令和2年10月24日(土)~11月9日(月)

会場

  • 奈良国立博物館 東新館・西新館

開館時間

  • 午前9時~午後6時
    ※金曜日、土曜日、日曜日、祝日(10月27日・28日、11月2日~4日、9日~11日)は午後8時まで
    ※入館は閉館の30分前まで
  • ※開館時間から原則1時間毎に、各時間約260名。

観覧料金

すべて前日時指定券のみ

  • 通常券(一般)   :2,000円
  • 通常券(中・高・大):1,500円

お問い合わせ

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (56)
  • 参考にならなかった (2)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

「自由な人生を手に入れる教科書」を無料配布中!
【無料】ダウンロードはこちらから
「自由な人生を手に入れる教科書」を無料配布中!
ダウンロードはこちらから!
タイトルとURLをコピーしました