夢民島

~むみんとう~

コインチェックの仮想通貨流出事件から学ぶ教訓とは?

※この記事は約5分で読めます。

calendar

こんにちは。うつ病ブロガーでこのところ仮想通貨にもはまっている大ちゃんです。

去る2018年1月26日、仮想通貨史上、そして人類史上最大規模であろう強盗事件が発生しました。

日本の仮想通貨取引所「Coincheck」(コインチェック)から時価約580億円相当の仮想通貨NEM(ネム)が外部に不正送金されたハッキング事件。

僕もコインチェックには少しばかりの仮想通貨(ネムとリップル)をおいていて、事件発生当日深夜に開かれたコインチェックの記者会見をリアルタイムで見守っていたうちの一人ですが、今回の事件は、仮想通貨のリスクやこれからの課題を含め、いろいろな教訓を学ぶいいきっかけになったと思っています。

今回はコインチェックの仮想通貨流出事件から、僕が感じたことをシェアしておきたいと思います。

スポンサーリンク

本質的に悪いのは一体誰?

コインチェック側は会見の中で、盗まれたNEMをネットにつながっていないオフラインのコールドウォレットではなく、オンラインのホットウォレットで保管していたこと、そして推奨されていたマルチシグネチャ(秘密鍵を複数施すこと)を施していなかったこと、さらには最初に盗まれてから8時間以上気付かなかったことを認めました。

これらは確かに基本的なセキュリティ対策がしっかりできていなかったという点で、コインチェック側の過失と思われても仕方がないことだなと思います。

「莫大な顧客の資産を預かっているんだからCMを大々的に打って顧客を増やすことよりも、セキュリティ対策を優先的に施すことの方が大事だったんじゃないの?」と、僕もそう思いますし、原因の究明や再発の防止に全力を尽くしてほしいと思います。

でもなぜかこんな人もいたようなんですよね。

ネットでも話題になっていた、全財産をつぎ込んだという人はそもそも論外ですが、それでも、コインチェック本社まで駆けつけて「カネ返せ―!!」と叫ぶのは「なんか違うんじゃないの?」と違和感を感じたんですよね。

さらに記者会見でも、ひたすらコインチェック側を責め立てる質問ばかりで、僕はなんというか、見ていて正直いたたまれない気持ちになりました。

今回の件で本質的に悪いのはコインチェックではなく、コインチェックからNEMを盗んだハッカーのはず

それでも上記のようなセキュリティ対策を怠ったままにしていたコインチェック側の過失はもちろんありますが、あの会見やニュース等のコメントやチャットを見る限り、特に多額の仮想通貨をコインチェックに預けたままにしている人ほど、ハッカーではなくコインチェックに怒りをぶつけている印象です。

でもでも、それを言うなら最終的に悪いのはコインチェックを利用していた僕ら利用者側だと思うんです。

仮想通貨投資はあくまで個人それぞれ各自の責任のもとで参入しているはずですし、実際にコインチェックの利用規約でも保有している仮想通貨の一部または全部がなくなる場合があると記載されていて、参入者は皆それに同意しているはずですからね。

だからコインチェックが絶対的な悪として一方的に責めるのは違うと思うし、もちろん盗んだハッカーが一番悪いんだけれど、コインチェックのウォレットに入れたままにしていたユーザーも悪いと思うんです。

そもそも取引所では利用規約にもあるように、資産の完全な保全は約束されていないですし、多額の仮想通貨が集まっている取引所はハッキングの対象になりやすいということは、マウントゴックスしかり、過去のいくつかの事例から見ても明らかです。

「取引所に置いておくこと自体がすごいリスクがあって危険だということは明白ですし、怒りをぶつけるほど膨大な額の資産をコインチェックにおいたままにしていた各個人の詰めが甘かったんだから仕方ないよね。」と僕は思うわけです。

そうでなくてもハイリスクな仮想通貨投資は余剰資金でやるのが鉄則のはず。

だから、今回の流出事件はコインチェックを一方的に責め立てて揚げ足どりをするのではなく、僕ら投資家がこういうところから教訓を得て学ばないと、また同じ悲劇が繰り返されると思うんです。

今回の件から学ぶことは、僕自身を含め、投資家自身がもっと賢くなること、もっと言うと他人任せにせず自分の頭でしっかり考えること、そういうことだなぁと僕は感じました。

もちろん、一番悪いのはハッカーだということは前提として。

自分でやったことならば、納得もできますし、損失したとしても諦めがつきやすいですからね。

最後に

本日、1月28日にはコインチェックから約26万人のNEM保有者に対して、時期は未定ですが補償を行うという発表がありました。

アルトコインであるNEMだけで見てもコインチェックだけで仮想通貨所有者がこんなにたくさんいるというのと、自己資金で補償するというのは驚きですが、今回の一件で多かれ少なかれ仮想通貨を少しでも所有している人は、利用する取引所の分散や仮想通貨の管理の重要性について、考えるきっかけになったのは間違いなさそうです。

そして新聞やテレビのニュースでも報じられたことから、仮想通貨の盗難リスクが世間一般にも広く知られるきっかけにもなりました。

さらには、コインチェックはこの一件以降も事業を続けるということから、補償の他にも、セキュリティ強化はもちろんのこと、取引所再開の目途や金融庁からの処分等、これから先も多くの課題や試練が待ち受けていることでしょう。

個人的には、大手取引所の中ではコインチェックが見やすくて使いやすいので一番気に入っていますし、僕はコインチェックで初めてビットコイン以外のアルトコインに触れることができました。

さらには僕と同じ若い世代が活躍しているベンチャー企業ということもあり、これからも使い続けることができるよう、仮想通貨テクノロジーのさらなる発展を期待して応援していきたいなと思っています。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (1)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

関連記事&スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

大ちゃん

社会人1年目で就職した会社で過労・睡眠障害によりうつ病を発症後、休職から退職に追い込まれた25歳の男。現在はうつ病療養の傍ら複数のサイトを運営。当ブログ『夢民島』は毎月5万人以上の人に読まれています。 [詳細]

folder お知らせ

当ブログ「夢民島」を常時SSL化しました!
more...

folder LINE

【LINE】機種変更の際エラーが表示される時の対処法
more...

folder 考え方

豪雨災害から人間が身につけるべき能力とは何か考えてみる
僕がブログを毎日更新しない理由
やりたくないことをやる必要ってあるの?そもそも我慢って必要?
more...

folder 政治

参議院選挙に思うことと若い有権者に伝えたいこと
more...

folder 副業

副業の解禁や推進は大量倒産・大量失業時代への伏線だと思えてならない話
ビデオリサーチの会場調査に行ってきた
D STYLE WEBの会場調査で4,000円頂きました
more...

folder 音楽

ゆっぴの歌う『メロンパンのうた』がゆるさ全開で面白い!
奈良のご当地ソングを10曲厳選して紹介!
『おふろのうた』をガチで考察してみた
more...

folder 旅行記

青春18きっぷで行く豊岡・出石日帰り観光
青春18きっぷで行く日帰り尾道観光
青春18きっぷで行く日帰り浜松観光
more...

folder 登山

大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
六甲山登山【阪急岡本~有馬温泉約9㎞コース】
more...

folder 大阪

大阪メトロ本町駅での各ホームへの乗換案内
大阪メトロ心斎橋駅での乗換案内
きっぷは損!大阪メトロは回数カードで常に割引で乗車!誰でも簡単にできる節約法を紹介
more...

folder 京都

JR京都駅から地下鉄京都駅への乗換案内
京都地下鉄1日乗車券でラクラク観光!優待特典もあって便利でお得!
JR京都駅から近鉄京都駅までの乗換案内
more...

folder ブログ

僕がブログを毎日更新しない理由
ブログ&アフィリエイトで月10万円達成!うつ病無職でもここまで来れた
ブログは過去の自分を救済するために書いているのかもしれない
more...