うつ病で退職の伝え方に悩んでいる人がやるべき事【これでラクになれる!】

退職の伝え方

うつ病になって会社を退職しようと考えている人は上司に退職の旨をどう伝えるか悩みますよね。

退職したい人
退職したい人

いつ切り出せばいいのか?

引き止められたらどうしよう?

などと考えたらなかなか自分から切り出せないですよね。

対処法としては勇気を出して直接伝えるしかないのですが、会社や上司の反応はさまざまです。

あっさり受け入れてくれれば良いのですが、引き止められたりさらに上の立場の人と話し合い場が設けられたりもするかもしれません。

さらには全然受け入れてくれなかったり怒鳴られたりすることもあり、正直言ってこれはもはや「運ゲー」で、こっち側ではどうやってもコントロールできないのが現実です。

このように、自分で伝えようと思う限りこういった悩みは完全には解消できません。

しかし退職したいのにできないでいると、うつ病が悪化する可能性は非常に高いです。

そして行き着く所まで進行すると療養に年単位の時間がかかり、元気に働くことが困難になってもっと辛い思いをしなくてはいけなくなります。

僕も最初に入った会社がブラック企業で、辞めたいと思っていたのに上司に伝える勇気がなくてそのままにしていたらある日突然会社に出社できなくなって病院に行ったら重度のうつ病と診断されたんです。

その時になって初めて「あの時に退職していればな」と思ったのですが、もうすでに時は遅し。

僕はこの時から長い長い闘病生活が始まり、働くどころか数か月の間は日常生活すら普通に送ることができなくなってしまったんです。

これだけは絶対に避けたいですよね。

ではどうすれば良いのでしょうか?

結論を言うと1番良い方法は退職代行を利用することです

なぜなら嫌な思いをせずすぐに苦痛から解放されてラクになれるから

とは言っても退職代行って周りで使っている人もあまり見かけませんし、ちょっと怪しいイメージもありますよね。

でも実はブラック企業が多い現在では、退職代行を利用するのは珍しいことではありません。

実際にTwitterで「退職代行」と検索するとたくさんの利用者がいることが分かります。

たとえば退職代行サービスには「日経新聞」や「報道ステーション」など、大手メディアでも紹介された「SARABA」(サラバ)があります。

「SARABA」に依頼すると、あなたに代わって退職の手続きを全て代行してくれます。

そのため直接会社に退職の旨を伝えなくても辞めることが可能となります。

しかも「SARABA」は労働組合が運営しています。

そのため、団体交渉権があるので会社側は「SARABA」側と交渉しなければ不当労働行為となり違法となります。

ですので退職が認められないといったことは起こりません。

さらに「SARABA」は24時間365日いつでも無料相談OK。

そして即日退職も可能です。

だからうつ病でしんどくて今すぐに退職したいあなたにもオススメ

ずっと悩み続けているとさらに心がしんどくなりますし、このまま放っておいても時間が解決してくれるものでもありせん。

そして何よりうつ病で身体を完全に壊してしまったら僕のように再起するのも大変です。

ですのであなたも今のうちに退職代行「SARABA」を利用して今すぐ苦痛から解放されましょう!

会社を辞められると苦痛から解放されて心の負荷も降り、その結果一気にラクになるので、きっとあなた本来の自分を取り戻せて豊かな人生を送ることができるようになりますよ

\今すぐ苦痛から解放されてラクになる!/

SARABAに退職代行を依頼する

SARABA会社を辞めたくても辞められない時の解決法とは?

以上、今回はうつ病で退職の伝え方に悩んでいる人がやるべき事についてお伝えしました

最後までお読みいただきありがとうございました。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA