夢民島

~むみんとう~

日本に生まれただけでこんなに恵まれているということに気付いた話

※この記事は約5分で読めます。

calendar

reload

日本に生まれただけでこんなに恵まれているということに気付いた話

こんにちは。うつ病ブロガーの大ちゃんです。

誰でもそうだと思いますが、「自分が恵まれた立場でいる」ということはなかなか自分では自覚できないものだと思います。

住む家があって着る服があって食べるものがあって、そういうものが満たされていても別のことばかり考えてしまい、そんなのは当たり前のことだと思ってしまうからです。

でもそれはあなたが高すぎる目標を設定しているからかもしれません。

それは一体どういうことでしょう?

今回はそんな当たり前の幸せをちょっと大きな目線で考え直してみようと思います。

スポンサーリンク

自分はどれくらい恵まれているか?

今日の夕食を選べる人の割合

世界の人口は2017年現在で70億人以上です。

そのうち、「今日の夕飯は何にする?」といえるような人は70億人中、14億人程度だけなんです。

これは世界の一部の富裕層とアメリカや日本など先進国の人だけです。

だいたい5人に1人の計算で、残りの人たちには「今日の夕食」に選択肢があることはないのです。

雇用形態の男女比

この国日本において、正規・非正規合わせた労働者(全雇用者)のうち、正規雇用の男性は約5割近くなのに対して、正規雇用の女性は2割程度にとどまっています。

逆に非正規雇用の労働者のうち約7割は女性です。

男性と女性の割合はだいたい半々なので、世界人口の70億人のうち、日本を含めた「先進国の男性」というのは7億人しかいないということです。

ということは、この日本で男性として生まれただけで世界のトップ10%に入るとても「恵まれた人たち」なんです。

僕はうつ病で無職なので、約5割の男性正社員には入らないんだけれど、日本で生まれたというだけで14億人には入っています。

これまで今日明日食べることに悩んだことのない14億人のうちの1人であり、本当に恵まれているなあと思います。

自分がどれくらい有利な立場であるか

今、この世界の中で「自分がどれくらい有利な立場であるか」決まる要素は、

  1. いつの時代に、
  2. どの国や地域で生まれるのか
  3. 健康であるかどうか
  4. 男性か女性か
  5. その国や地域で多数派を占める人種であるか

ぐらいだと思います。

いつの時代にどの国で生まれるのかどうかでほぼ決まってしまい、病気や障害を持っていると、どの国でもいつの時代でも相当大きなハンディキャップを背負って生きていくことになります。

雇用形態の男女比の話もしましたが、別に僕はここで「所得格差や男女差別をなくせ!」と言いたいわけではありません。

なぜなら、今の日本で衣食住が確保されているということだけで、自分は十分恵まれているなあと感じているからです。

もちろん、恵まれているからといって卑屈になる必要はありませんし、逆に恵まれていないからといって自分一人が「格差や差別をなくせ!」と叫んだところで何も変わりません。

僕も子どものころから「ちょーカネモの家に生まれてたらなあ・・・」とか「すげーイケメンに生まれてたら・・・」と思ったり、うつ病になってからは「あの時の健康な身体に戻れたらなあ…」などと思ったりもしますが、ドラマのように過去に戻れるわけではないので、今は今の与えられた環境と条件の中でやっていくしかないのです。

それに大金持ちにならない限り、自分より恵まれていない全ての人を助けることもできません。

僕は「世界の中では何百人もの人が飢え死にしているから、食事は全部残さずに食べなさい」という教育というか理屈は因果関係が全くないので嫌いです。

だって僕が食事を完食したって残したって、世界の餓死数は変わりません。

どう考えたって、僕が残した食事が貧しい国の人たちの前にテレポートするわけではありませんからね。

自分の与えられた環境で生きていく

目標は常に低く

このように人は無力なんです。

残った食事を瞬間移動させる能力は誰も持っていないし、僕が「飢餓に苦しむ人を救いたい!」と思っても、うつ病で無職の今の僕がやれることはせいぜい小銭の募金ぐらいで、大金持ちにならない限り不可能なことです。

だから人は自分の与えられた環境で、楽しく生きることに一生懸命になればいいと思うのです。

たとえうつ病無職が不利だったとしても、僕は身体に鞭を打ってまで正社員になりたいとは思いません。

だけれども、この世界にはいろんな条件の人がいることは若いうちに知っておいた方がいいと思います。

世の中には努力だけではどうにもできないことがあって、うつ病歴&ニート歴がある僕が今から正社員を目指しても、病歴はあるわブランクはあるわで健常者よりも不利な立場であることは明白です。

もし僕がうつ病になった後も正社員という立場を諦めきれず、また就活を始めていたらそれは無駄な努力と時間を費やすことになっていたかもしれません。

こんな言葉があります。

神よ、
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。

ラインホールド・ニーバー(1892-1971)

この言葉は「ニーバーの祈り」というものですが、僕はうつ病になった後、努力すれば自分の手の中に入れることができるものと、努力しても自分の手の中には入らないものがあることを知りました。

これを理解した僕は、他人が持っている道具ではなく、今自分が持っている道具でこれからの人生を乗り切り楽しくやっていこうと思えるようになりました。

だから僕は今日もこうしてブログを書いているのです。

冒頭にも書きましたが餓死もしないこんなに恵まれている日本で多くの人が悩んだり不満をもったりするのは高すぎる目標を設定している人が多いからだと思うのです。

目標を低く持つこと、僕の場合は正社員だなんて高望みせず、今日食べるご飯が買えるぐらいのお金を稼げればそれでいいじゃんと思えたからこそ、自分は十分恵まれているなあと感じられるようになったんだと思います。

人間が幸せだって感じる要素って案外シンプルでこんなものなんじゃないかなあと僕は思っています。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (10)
  • 参考にならなかった (1)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

関連記事&スポンサーリンク



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

大ちゃん

社会人1年目で就職した会社で過労・睡眠障害によりうつ病を発症後、休職から退職に追い込まれた25歳の男。現在はうつ病療養の傍ら複数のサイトを運営。当ブログ『夢民島』は毎月5万人以上の人に読まれています。 [詳細]

folder お知らせ

当ブログ「夢民島」を常時SSL化しました!
more...

folder LINE

【LINE】機種変更の際エラーが表示される時の対処法
more...

folder 政治

参議院選挙に思うことと若い有権者に伝えたいこと
more...

folder 副業

副業の解禁や推進は大量倒産・大量失業時代への伏線だと思えてならない話
ビデオリサーチの会場調査に行ってきた
D STYLE WEBの会場調査で4,000円頂きました
more...

folder 音楽

ゆっぴの歌う『メロンパンのうた』がゆるさ全開で面白い!
奈良のご当地ソングを10曲厳選して紹介!
『おふろのうた』をガチで考察してみた
more...

folder 旅行記

大阪周遊パスはどれだけお得になるのか?実際にパスを使って観光してみたまとめ
青春18きっぷで行く豊岡・出石日帰り観光
青春18きっぷで行く日帰り尾道観光
more...

folder 登山

大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
六甲山登山【阪急岡本~有馬温泉約9㎞コース】
more...

folder 京都

JR京都駅から地下鉄京都駅への乗換案内
京都地下鉄1日乗車券でラクラク観光!優待特典もあって便利でお得!
JR京都駅から近鉄京都駅までの乗換案内
more...