夢民島

~むみんとう~

生きるのが辛いならあえて「死」を意識すると心が楽になるかもしれない話

calendar

reload

生きるのが辛いならあえて「死」を意識すると心が楽になるかもしれない話

こんにちは。うつ病ブロガーの大ちゃんです。

「この世に生まれてきた生き物はいつか必ず死ぬ」

先日、彼岸入りの日に先祖のお参りへ家族と一緒に行ってきた僕ですが、そこでちょっと思うことがあったので今回はその話をしようと思います。

「いつか必ず死ぬ」。

これは僕たち人間も例外はなく「死ぬ」ということはどのような人間であれ必ず訪れるものだと思うんですけど、実は僕は身の上で非常に苦しい思いをした時期があって自ら命を絶とうとしたことがありました。

そんなことは今回はどうでもいいのですが、僕はそのような経験から次第に「死」というものを強く意識するようになりました。

そして僕は現在「どうせ人はいつか必ず死ぬんだから」と思い毎日を生きています。

「どうせ…」という言葉から始まる表現はネガティブに感じる人も多いと思いますが、これは実はポジティブな意味でこの考え方をするようになってから僕は心の持ちようが辛いものや苦しいものではなくてとても「楽」に感じるようになったのです。

そこで今回は「死」という概念から生きるのが辛いなあ、人生って辛いなあと感じている人へ「人生が楽になる考え方」を一緒に考えてみようと思います。

スポンサーリンク

「死」を意識してみる

いつか命は必ず滅びる

冒頭に書いたように人に限らずこの世に生まれた命はいつか必ず亡くなります。

しかし現代を生きる人は「明日も今日と同じ会社や学校へ行く日が訪れるだろう」と思っていてこの「死」というものを強く意識して生活している人はほとんどいません。

明日、いや、今日この後数十分後に死ぬ可能性だって十分あるはずなんだけど、多くの人は今日と同じように明日はやってくるものだと思い込んでいます。

「人はいつか必ず死ぬ」

僕だってこの記事を公開した次の日に死んでこの記事が最期の記事になるかもしれないし、あなたがこれを読んでいる1時間後に大地震が来て死ぬことになるかもしれないし、今乗っている電車が脱線して・・・などということは可能性は決してゼロではありません。

実際東日本大震災では地震や津波の影響で多くの人が亡くなりましたし、だいぶん前のことですが福知山線の列車脱線事故も発生しています。

こうやって改めて考えてみると「死」というものはごくごく当たり前のことで、しかもそれがいつどこで自分の身に迫ってきてもおかしいものではないし、むしろこの世で生きている限り人はいつでも「死」と隣り合わせで生きているわけです。

家と会社・学校を往復しているだけで交通事故に遭うかもしれない、殺人事件に巻き込まれるかもしれない、家にずっといたとしても大災害に見舞われる可能性だって絶対にないとは言い切れないので、「死」というものはあなたや僕のすぐ近く、僕らが思う以上にとても身近なところにあるものなんです。

「死」を意識するとやる気が出てくる

どんなにお金持ちの人だって住む家もないホームレスの人だって死んだらこの世には存在しない「無」になってしまう。

一生かかっても使い切れないような何千兆円の資産を持っている人でも、一生かかっても返せないような借金まみれの人でも死んでしまうと全てなくなる。

そして多くの友達や家族に恵まれている人でも、家族にさえ見捨てられて孤独な人でも死んだら何もかもが無くなります。

どうやったって資産や借金、家族も友達もあの世に持っていくことはできません。

つまり「死」というものは良いも悪いもプラスもマイナスも全てリセットされ、それは地位や名誉、人柄さえも関係なく全ての人に訪れるもの。

僕もいつか必ず死ぬ。あなたもいつか必ず死ぬ。死んでしまったら命だけでなく何もかもが無くなってしまう。

「なんなら生きている間に好きなことややってみたいと思っていることをあれこれしておいた方がいいんじゃね?」というのが僕の考えです。

いつか必ず死ぬんだったらやりたいことを我慢して毎日生きていくよりとりあえずやってみたいことを考えて実際にやってみた方が得だと僕は思うんです。

「死」を意識すると比べることがアホらしくなる

人という生き物はどうしても他人と比べてしまう生き物です。

人間にとってそれは生物が本来持っている一種の防衛反応でもあるため仕方のないものでもあるのですが、それが行き過ぎると意味不明な優劣をつけてさまざまな問題を引き起こしてしまいます。

いじめが代表的な例ですが、皮膚の色や目の色などの見た目、就いている仕事、学歴、収入など人間は自分の面子を保つために勝手に自分の都合の良い優劣をつけようとします。

それで他人を羨んだり妬んだりすることが行きすぎるとそれこそ「死」にもつながるような事件になってしまうこともあります。

しかし冒頭にも言ったように人はそんなことをしなくてもいつか必ず死にます。

そしてそれは僕もあなたも例外ではないし、世界中の全ての人が時期は違えど平等に訪れるもの。

それを考えればそんな優劣なんてすごいちっぽけなものだと思うはずです。

どんなにお金持ちでも死ねば「無」になるのだからそこにお金も名誉も地位も関係ないんです。

そう考えると今現在の優劣なんて比べる必要は一切なくなります。

あなたはあなたなりに、僕は僕なりに命が尽きるまで楽しんで生きることだけに尽力すれば良いのです。

まとめ

今回は心が楽になる方法としてあえて「死」を意識してみることで見えてくる「人生が楽になる考え方」を考えてみました。

僕はうつ病になって前職を辞めざるを得なくなってから人と比べて自分は生きている価値がないんじゃないかと劣等感を背負ったまま自殺しようと思ったこともありましたが、今回紹介した考え方に徐々にシフトすることで心の持ちようがだいぶん楽になりました。

どんな人だって結局終着駅は一緒で全てが等しく「無」になってしまうんだから、それなら他人の意見に振り回されずに生きた方が絶対得なんです。

生きるのが辛いと思うのは他人の目を意識し過ぎているからです。

「どうせいつか人は死ぬんだから」と意識すると不思議と自然に前向きになれるのです。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (3)
  • 参考にならなかった (0)
プッシュ通知を

関連記事&スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

書いている人

大ちゃん

社会人1年目で就職した会社で過労・睡眠障害によりうつ病を発症後、休職から退職に追い込まれた25歳の男。現在はうつ病療養の傍ら複数のサイトを運営。当ブログ『夢民島』は毎月5万人以上の人に読まれています。 [詳細]

folder お知らせ

当ブログ「夢民島」を常時SSL化しました!
more...

folder LINE

【LINE】機種変更の際エラーが表示される時の対処法
more...

folder 政治

参議院選挙に思うことと若い有権者に伝えたいこと
more...

folder 副業

ビデオリサーチの会場調査に行ってきた
D STYLE WEBの会場調査で4,000円頂きました
more...

folder 音楽

奈良のご当地ソングを10曲厳選して紹介!
『おふろのうた』をガチで考察してみた
more...

folder 旅行記

青春18きっぷで行く豊岡・出石日帰り観光
青春18きっぷで行く日帰り尾道観光
青春18きっぷで行く日帰り浜松観光
more...

folder 登山

大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
六甲山登山【阪急岡本~有馬温泉約9㎞コース】
more...

folder 経済学

学割がある理由を詳しく説明【価格弾力性とは?】
収穫逓減の法則とは?例を挙げてわかりやすく解説
機会費用とは?人生を損しない魔法の考え方をわかりやすく解説
more...

folder 大阪

大阪メトロ本町駅での各ホームへの乗換案内
大阪メトロ心斎橋駅での乗換案内
きっぷは損!大阪メトロは回数カードで常に割引で乗車!誰でも簡単にできる節約法を紹介
more...

folder 京都

JR京都駅から地下鉄京都駅への乗換案内
京都地下鉄1日乗車券でラクラク観光!優待特典もあって便利でお得!
JR京都駅から近鉄京都駅までの乗換案内
more...

folder 日記

専業のうつ病ブロガーが確定申告をしてきた話【白色申告での申告】
仮想通貨(ビットコイン)を始めてみた
うつ病ブロガーのいらないものリスト
more...