【はじめましての方へ】まずはじめに読んでほしい記事10選
スポンサーリンク

世の中が「生きづらい」と感じるようになった理由とその対処法

考え方
この記事は約7分で読めます。

こんにちは。大ちゃんです。

今の時代って、なんだか、

生きづらいなあ・・・

とか、

昔より世知辛い世の中になったなあ・・・

と感じている人も多いと思います。

今回はこういった「生きづらさの正体」と僕が考える「その対処法」をまとめていこうと思います。

過去の僕のように生きづらさを感じている人は参考にしていただける部分もあると思うので、ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。

スポンサーリンク

「昔は良かった」と言うけれども・・・

僕は現在20代の後半で、世間から言えば「若者」まっただ中の世代だと思うのですが、20代~30代の今の若い世代の価値観の中って、子どもの頃からおそらく、

「車と家と結婚がステータス」

「一度就職した会社は辞めずにできるだけ長く働いた方が良い」

「この年齢だと年収は最低限これくらいはないと」

「毎日一生懸命頑張れば必ず報われる」

といったような、日本が経済成長していたときにできた慣習」による影響が未だに根強く残っているように感じます。

それは親や先生をはじめ、上司など、周りの大人からの影響が大きいと思います。

だけど、上記に挙げたような慣習は、経済や社会状況の変化によって、今日こんにちの日本の環境にはだんだんと合わなくなってきているのが実情で、自分たちより上の親や上司の世代の人の言うことをそのまま、

「なるほど、なるほど、それじゃあ自分も同じようにして生きていこう」

と素直に聞き入れて言うとおりにしていっても、そのとおりにはならないことの方が多いし、むしろそのように頑張ることでかえって生きづらくなっていくということも多いです。

特に今の若い世代は素直な人も多いと言われていますので、自分が素直であると思う人ほど生きづらさを感じやすいのではないでしょうか。

さらに今のままだと年金ももらえるかどうか怪しくなってきているし、労働環境で言うと法令を遵守しないブラック企業が増え、違法なサービス残業や長時間労働に加え、過労死や過労自殺までもが問題となっているし、そもそも正規雇用が減り非正規雇用が増えてきているなど、お金や仕事などの問題を中心に、僕たちの生活に直結する社会問題が次々と明るみに出てきています。

このような社会状況だと、多くの人が生きづらさを感じるのはそりゃあ当たり前といえばそのとおりで、

冒頭に挙げたように、結果として「昔は良かった」とか「世の中世知辛い」とあなたが感じるのは、もはや普通の感覚だと僕は思います。

だけど、こういった社会問題がなぜ起こるのかと言えば、やはり時代が変化しているからと言わざるを得ない部分がほとんどなのではと僕は思うんです。

戦争に負けて落ちるところまで落ちたときは経済は伸びるしかなかったし、この時は「復興からの経済成長」といったように国民がやるべきことというのが明確に決まっていました

このころは新しいものや便利なものが瞬くまたた間に次々と生まれ、それがすぐさま生活に取り入れられ、おまけに未来はバラ色で、頑張れば頑張るほど豊かになっていったという時代

こういった時代では、特に人と変わったことをしなくても、周りに合わせて標準的に暮らしているだけで日本の経済発展と比例して自分の生活も豊かになっていき、頑張れば誰もが幸せを目指せる、そんな時代でした。

ですので、そういった経済状況の元においては、労働者として会社に雇われ、一度就職した会社に長く務める方がお金を稼ぐには効率が良いですし、そうすることで車やマイホーム、そして家庭を築くことを第一目標にして日本人全員が頑張ることができた時代だったのです。

だけど今はこれとはずいぶん変わってきていて、モノが溢れ、国全体が豊かになった現在では、これから高度経済成長のような大きな経済成長を見込むことはできないし、そういった頃とは対照的に人口はどんどんと減っていくばかりです。

そしてロボットをはじめAIといった人工知能などの活用で、人間がやる仕事はどんどんと効率化され、今までと同じ働き方が続けられるとは限らないし、いつまでも同じ人材が求められることはあり得ません。

このように、社会や経済状況などの周りの環境は時が経つにつれ、だんだんと、そして着実に変わってきてはいるんだけれども、人間が作った制度や法律・ルール、また、常識や人の気持ちというものはすぐに変わることはなく、目の前に命の危機が迫るなど、本当にヤバい状況にならないと一気に変わることはないのです。

したがって、こうした実際の社会・経済状況と、人々が正しいと思う慣習や常識との間に乖離かいりが生じ、その差がだんだんと大きくなっていることが生きづらさにつながっている一番の原因なんじゃないかと僕は強く思うのです。

時代の流れは考えてもしょうがない!

ここまで、「生きづらさ」を感じる原因をひも解いていったところ、「ちょっと」、どころか、「かなり」暗い話になってしまいましたが、ここで僕が一番言いたいのは、

「時代の流れを考えてもどうしようもない!」

ってことです。

ここまでの話の流れを見ると、たしかに日本が急成長した時代に20代~30代を過ごした人はラッキーな世代だったのかもしれません。

だけど、ここで少し立ち止まって考えてほしいのですが、今がいくら「生きづらい」とか「昔の方が良かった」からといっても、もっと大きなスケール、例えば「狩りをしていた縄文時代」とか「世界大戦をやっていた時代」に生まれたいかといえばおそらくそうではないと思います。

こんな感じで、上記のように、ちょうどその高度経済成長期の日本の経済状況がたまたま良かっただけで、もし仮に日本のこれまでの歴史の中でランダムで決められた時代に行けるとなるとします。

すると、今は生きていく分にはモノがないどころか逆に溢れすぎているし、こうやってインターネットを使って世界中の人々とやり取りをすることもできるので、そう考えると結局はきっと「今の時代の方が良いなあ」って思うことの方がほとんどなんじゃないのかなあと僕は思うんです。

豊かになっても幸せにはなれない・・・!?

こうやってスケールを大きくして見てみると、結局のところ日本を含めた世界全体は少しずつ経済成長し豊かになっていて便利にもなっているんです。

だけど豊かになっていくにつれて人間が感じる幸福度も比例して上がっていくということは決してなくて、僕は幸せというのはいわば相対的なものだと思うんです。

というのも、今は「今なりの幸せ」というものがあるから、幸福度が昔と比べて格段に大きくなっているわけではないのです。

経済が停滞し始めると、やっぱり少し前の時代と相対的に見て比べてしまうのが人間なので、捉え方によってはやっぱり今は幸せではないのかもしれません。

だけどもう一度言いますが、ここで時代の流れを考えてもこれはしょうがないこと。

そして今はそういった時代に合わせた生き方もアリだなと僕は思うのです。

経済をはじめ、労働環境や社会状況が不安定で誰もが「生きづらさ」を感じる日本がこれからどこに向かうかは誰にも分かりません。

だけど、そういった時代だからこそ、実は何でもやりやすい時代でもあるんですよね。

それはつまりどういうことかと言うと、自分がやりたいことをやってもいいし、どの方向に向かうかは他でもない自分自身で選択していけばそれで良いそういった時代

それが今、僕たちが生きている「生きづらい」時代のもう片方の側面でもあるんです。

そのために僕が今日、一番言いたいのは、まずは今の時代に合っていない昔の慣習や常識は捨てようっていうことなんです。

そしてそこに正解や不正解というものはないので、自分の頭で考えて物事を決めていき、それに自分自身が納得できさえすればそれで良いのです。

時代の変化によって経済状況や社会状況は大きく変化したため、過去の常識や慣習はほとんど意味を持たなくなりました。

そのため、これらにとらわれないだけでけっこう生きやすくなるし、これから先がどうなるかは結局のところ完全には分からないし考えてもしょうがない部分が大きいので、未来は他の誰でもない自分の手で創り上げていけばそれでいいのではないでしょうか。

以上が「生きづらさの正体」と、僕が考える「生きづらさの対処法」です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

タイトルとURLをコピーしました