【はじめましての方へ】まずはじめに読んでほしい記事10選
スポンサーリンク

東京オリンピックに興味がない人へ。興味がなくても全然おかしくない。

考え方
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。ブロガーの大ちゃんです。

2020年7月24日から「東京2020オリンピック」が開催されますが、先日、2019年5月9日からはオリンピックの観戦チケットの販売が始まったようです。

と言っても、僕は東京オリンピックにはほとんど興味はなく、家族が見ているテレビの音声を聞かされるくらいで、おそらく自分からすすんで見ることはないと思います。

スポンサーリンク

スポーツもオリンピックも別に嫌いではないけど、「日本国民全員がさも興味を持っているような前提」で話を進めるマスコミが嫌いだし怖い

子どもの頃はどちらかというとスポーツ全般は苦手でしたが、今の僕は特に「スポーツが嫌いだ」とか「オリンピックが嫌いだ」ということはありません。

ですが、「東京オリンピックを政府やマスコミなどが無理やり盛り上げようと全面的に国民に押し付け、日本国民全員があたかもオリンピックに興味があるような雰囲気を醸し出す社会」が嫌だし、それと同時に僕はその雰囲気に恐怖さえも感じるんです。

よく考えると当たり前の話なんですが、1億2千万人余りいる日本国民全員がオリンピックにすごい興味・関心を持っているわけではありません

僕のように、オリンピックには別に興味がないっていう人もいます。

と言っても、たしかにオリンピックは国内のみならず、4年に一度の世界的な一大イベントだし、興味がある人も多いです。

だけど、テレビやネット、特に大きなメディアほど、ほとんどの誌面や時間をオリンピックの話題に費やし、

「東京オリンピックは国民的な大イベントなんだからそれを見ない人は非国民だ!」

というような雰囲気になるじゃないですか。

きっと東京オリンピックの日程が近づいてきたら、注目選手の説明や競技の見どころばかり報道されることと思います。

「国民全員がオリンピックに興味があることが当たり前」。そして、「見ることが当たり前」だとされると、興味がある人は良いですか、興味のない僕はもともと何も感じていなかったのに、その影響でなんだか嫌な気持ちになります

そもそも、そんなに無理して興味のない人まで巻き込んで盛り上げようとしなくてもいいはずです。

なのにそこまでやられると僕のような興味がない人は逆に嫌気がさしますし、そんな雰囲気に醸成され日本中が「オリンピックに興味がないなんておかしい!」という雰囲気に包まることに僕は恐怖さえも感じます。

別にテレビで見なくても情報は入ってくる

そして、別にみんなでオリンピックをテレビで見なくても、試合の結果など、その情報は入ってきます。

よほど山奥の、テレビもネットも情報源がなにもない状況で生活しているのなら別ですが、テレビをつけるとニュースでもオリンピックの話題になりますし、ネットや新聞でも見出しにオリンピックの記事が載っていますので、たとえ興味がなくても必然的に情報は入ります。

ですので、その時にニュースを見て興味が出てきたら見ればいいことです。

わざわざ興味のない人にまで押し付けて見させようとするなんてやっぱり僕はおかしいと思います。

結論:オリンピックに興味があってもなくてもどちらでも良い

今回はオリンピックの観戦チケットが販売開始されたことから、2020年の東京オリンピックについて、僕が思うことを書いてきたわけですが、結論としては、

「オリンピックに興味があってもなくても、それは人それぞれだし、まあどっちでも良いよね。」

っていうことです。

今のところ僕は気になる競技や選手もいませんが、その時になって気になってきたり、興味が出てきたりしたら見るかもしれません。

だけど、自分が興味を持てないのに周りのみんなが見ているからという理由で興味のないものをわざわざ見るっていうのは違いますし、あくまでそれは「人それぞれだよね」っていう話です。

だから、あなたがオリンピックに興味が持てなくても全然おかしなことではありませんし、変なことでもないと僕は思います。

今回のお話は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

タイトルとURLをコピーしました