【はじめましての方へ】まずはじめに読んでほしい記事10選
スポンサーリンク

ドラマ『プロポーズ大作戦』を見て思う「後悔」について

考え方
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。うつ病ブロガーの大ちゃんです。

僕は夕方にやっている再放送のドラマを見るのが今でも楽しみの一つで、「次はどのドラマをやるのかな~?」と毎回楽しみにしているのですが、今、僕の住んでいる地域では、山下智久さんと長澤まさみさんが主演の『プロポーズ大作戦』というドラマの再放送がやっているんですよね。

このドラマは、大好きな女性(長澤まさみ)に想いを告げられないまま彼女の結婚式に出る羽目になってしまった青年(山下智久)が、謎の妖精(三上博史)に過去をもう一度やり直すチャンスをもらったことで、他の男性(藤木直人)に奪われてしまった彼女を取り戻すべく奮闘するという内容の、実際にはありえない設定のラブコメディーなんですが、僕はこのドラマが1番のお気に入りといってもいいくらい大好きなドラマなんです。

あんまりあらすじを書くとネタバレになるので、気になる人は再放送やDVDを見ていただければと思いますが、このドラマの青年のように「過去に戻ってやり直したい」と思いながら後悔していることって、人間であれば誰でも1つや2つはあるものだと思います。

そうやって、人間、生きていれば人生楽しいことも辛いことも含め様々なことがありますし、時には今の自分が嫌になるときだってあります。

だけれども、僕はそれも人生の一場面であって、自分が今を生きている証だとも思います。

僕はこのドラマの青年と同じく「過去に戻ってやり直したい」と、後悔している人っていうのは、過去に戻れなくても、まだまだ人生は捨てたものではないと思うんです。

今日はそんな話をしていきましょうか。

スポンサーリンク

過去に戻りたくなってもいいけど、過去には絶対に戻れない

誰が何と言おうとも、「過去に戻ってやり直したい」と思うのは別に悪いことではないと思います。

だけれども、実際にはドラマのように過去に戻ることは絶対にできませんし、過去の出来事ばかり見ていても未来が変わることはないので意味のないことです。

ドラマの中でも「大事なことは、過去を嘆く今ではなく今を変えようとする未来への意志だ」というセリフが出てきますが、やはり、大切なのは変えられない過去ではなく、現在であり、未来だと思うんです。

その今や未来のために過去の出来事を見直すのはいいことですが、何でも行き過ぎは禁物で、ほどほどにしておくことが大切です。

過去には絶対に戻れないんだから、過去に固執して後悔するのではなく、適度に過去の出来事とつきあいながら、これからの人生、そして、未来をどのようなものにするか考えていった方が有意義なのではと思います。

後悔して「やり直したい」と考えるのは変わりたいと思っている証拠

「あそこでこうしていたら良かったな・・・」

「あの時ちゃんと言えていたら・・・」

ああ、やり直してぇー!!

「人生というのは後悔の連続だ」と言う人もいるくらい、人間というものは何事も後になって大切なことに気づくものですが、僕は後悔して「あの時に戻ってやり直したい!」と考えている人っていうのは少なからず「未来である今を変えたい」と思っているだけマシだと思うんです。

本当に救いのない人というのは、過去に後悔する出来事があっても無関心で、その出来事さえもなかったことにしてしまおうとしてしまう人のことだと思います。

自分のことですら無関心になって何も考えない人生になってしまうと、幸せになるどころか、何もかもつまらない人生になってしまうのではないでしょうか。

だから後悔している間っていうのは、今の自分をどこかで変えたくて、心の支えになるものを必死で探している状態であるとも思うんですよね。

それが多くの人の中では、過去の、あの時の出来事だったりするんだと思います。

そうであるから、別に後悔しても全然いいですし、後悔を繰り返しながら人生というのは成り立っていくものだと思うんです。

むしろ、何一つ後悔もない人生なんてつまらないですし、すごい虚しく感じるだけなのではないでしょうか。

人生というのは楽しく生きれればそれで万々歳ですが、その楽しさを味わうためにも、その「後悔」というスパイスは必要なものだと僕は思うんです。

まとめ

後悔というと「後悔先に立たず」ということわざもあるくらい、人間というのは誰であっても後になって後悔はしたくないものだから、後悔しないために行動に移さないという選択をとることが多いです。

しかし、大半の場合、行動しなかったことによる後悔は行動したことによる後悔よりもはるかに大きいものです。

「告白するチャンスは何度も何度もあったのに、なぜ言い出せなかったのだろう?」

後からそう思っても悔やむに悔やみきれないし、所詮、現実では過去に戻ってやり直すことなんてできないので、人生において同じ後悔をするなら「行動しない後悔よりも行動した後悔」を選んで行動していきたいものです。

と、ドラマを見て思ったことを自戒も込めてここまで書いてきました。

最後に

あー、でもこの「プロポーズ大作戦」というドラマ、僕は今回の再放送で多分3回目の視聴になると思うんですが、歳を重ねてからもう一度見ると、前見た時と思うことや考えることも違っていて、すごい作品だなあと思うんですよね。まさに平成ドラマの名作の一つだと思います。

と思ったら2007年の作品で今からもう10年以上前に放送されていたもので、「そんな昔になるのか、それこそあの時に戻ってやり直したい!」と思ってしまいます(笑)

バカバカしく面白い部分もありながら、人生についてすごく考えさせられる部分もあって、演技はそんなに上手ではないけれど、主演の山下智久さんのさみしそうな目と表情が、ただでさえ甘酸っぱい青春の恋物語をさらに切ないものに仕上げてくれています。

そして何より、もう一人の主演である長澤まさみさんのウエディングドレス姿や制服姿がかわいいです。

今回の再放送こそは録画して地デジのきれいな画像+字幕付きで残そうと思っているのですが、『プロポーズ大作戦』は誰もが人生について楽しみながら考えるきっかけになりそうな作品だと思うので、テレビ局にはぜひこれからも定期的に再放送を行ってほしいなあと個人的には思います。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (2)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

タイトルとURLをコピーしました