夢民島

~むみんとう~

青春18きっぷで行く香川・高松日帰り観光

calendar

reload

※この記事は約10分で読めます。

青春18きっぷで行く香川・高松日帰り観光

この記事は2014年8月19日(火)に奈良県在住の僕がJRの企画乗車券「青春18きっぷ」を使って香川県高松市に日帰り観光をしてきた時の旅行記です。

青春18きっぷを利用した日帰り旅行の第2弾で、今回の記事はその時の旅行記です。

旅行当日に撮影した写真や過去の(今振り返ると恥ずかしい?)ツイート、および携帯電話に残っている行程表から旅の思い出を書き起こしていきます。

なお、青春18きっぷを使ってこの年の夏に僕が実際に行ってきた他の行き先のレポートは以下のリンクを参考にしてください。

スポンサーリンク

往路~大阪(鶴橋)から高松へ~

JR大阪駅から姫路行き新快速に乗車

当日は午前6時30分頃に自宅を出発。

まずは僕の地元奈良から近鉄電車で大阪方面へ向かい、鶴橋駅でJRに乗り換え、大阪環状線経由で大阪駅へ。

鶴橋駅では有人改札にて駅員に青春18きっぷに印を押してもらいます。

7時56分、大阪駅から姫路行き新快速の電車の乗り込みます。

車内の混雑度は三ノ宮を過ぎる辺りまでは立ち客が多くて座席には座れませんでしたが、ここからは徐々に乗客は減っていき、途中から座ることができました。

車窓は左手に海が見えてきて明石海峡大橋も望めます。

内陸県に住んでいる僕は海が見えるだけでテンションが上がり旅行気分も高まります。

新快速電車はあっという間に明石を過ぎて、乗車から約1時間で終点の姫路駅に到着します。

姫路駅で播州赤穂行きに乗り換え

9時03分、姫路駅に到着。この電車は姫路止まりだったので、先へ向かう播州赤穂行きである別の電車に乗り換えます。

が、乗り換え先の電車は乗客が詰め込みほぼ満員に。

それもそのはず、乗り換える電車は今まで乗ってきた新快速電車より車両数が半分以下だったためです。

姫路駅は播但線や姫新線へも乗り換えができますが、18きっぷシーズンはよく混みます。

しかし僕はここではあえて座ろうとはせず、駅でトイレを済ませ発車時刻ギリギリに扉近くに立ち乗車。

9時10分、姫路から約20分間、満員電車を我慢します。

相生駅から岡山行きに乗り換え

そして9時29分、列車は相生駅に到着。

到着後、電車の扉が空いたと同時に次の電車の座席を確保するため、乗っていた乗客のほとんどがダッシュで乗り換えます。

いわゆる「相生ダッシュ」。

僕はこの相生ダッシュで座席を確保するため、あえて姫路からは座らずにいました。

相生から岡山までは18きっぷ利用者にとっては難所区間で、距離は短いにもかかわらず各駅停車で時間がかかる区間です。

ここから岡山までは約70分かかり、立つのが嫌な人はこの「椅子取りゲーム」になんとしても勝たなければなりません。

9時33分、相生駅を出発。

ここからの車窓はのどかな田園風景が続きます。

トンネルもあり、スマホの電波も入りにくい区間もあるのでひたすら風景を見て到着を待ちます。

そして10時39分。岡山駅に到着。

岡山駅から高松行きマリンライナーに乗り換え

今回の目的地は香川県の高松なのでここから瀬戸大橋線に乗り換えです。

ホームで電車を待っていると、反対側のホームにアンパンマン列車が。(写真撮り忘れた…)

そして待つこと数分、岡山と高松を結んでいるマリンライナーが入線。

岡山駅は各路線ごとに接近メロディーが設定されていて、瀬戸大橋線は小柳ルミ子の『瀬戸の花嫁』が流れ、このメロデイーが旅情をよりいっそう深めてくれます。

10時53分。マリンライナーが岡山駅を発車。

ここで少し失敗したなあと思うのは、電車が折り返して進行方向が逆になるにもかかわらず、ここでも結構な数の乗客がいたため、座ることばかり考えてしまい、列車の座席の向きを進行方向に戻さず座ってしまったことです。

児島駅を過ぎると列車はいよいよ瀬戸大橋に差し掛かります。

この日は天気が良かったので、写真のように車窓から瀬戸の大小さまざまな島々をきれいに望むことができました。

高松駅に到着~うどんを食するも…

列車は瀬戸大橋を渡りきり四国に入ります。

ちなみに香川県に入るのは今回が僕の人生初のことでした。

11時49分、今回の目的地である高松駅に到着です。

高松1

ちょうど時刻は正午前、せっかく初めて香川県にきたのだから、名物のうどんを食べようと、僕は腹ごしらえも兼ねて駅の近くでうどん店を探して適当に入ることにしました。

事前に美味しいお店をネットで調べておけば良かったのですが、行き当たりばったりでお店に入ったため、味はまあまあでしたが「めっちゃ美味しい!」とまでの美味しさではありませんでした。(一応そのお店も香川では普通のセルフ式でしたが…)

また後から調べて分かったことですが、高松市は高松駅周辺より琴電の瓦町駅周辺の方が開けているため、そちらの方がしのぎを削っていて美味しいお店も多いようなんです。

※今回の旅行の約半年後に再び香川県を訪れたときはとても美味しいうどんをいただくことができました。

栗林公園へ

うどんの味はともかく、気を取り直して次の目的地、栗林公園へ向かいます。

高松駅から少し歩いて琴電の高松築港駅からことでんに乗車。

高松2高松3

3つ目の駅の栗林公園駅で降ります。

高松4

そこから歩いて5分ほど、正面に栗林公園が見えてきました。

栗林公園は公園という名称ですが、国の特別名勝にも指定されている日本庭園です。

高松5

日本庭園といえば日本三大庭園である水戸の偕楽園、金沢の兼六園、岡山の後楽園が有名で、僕は兼六園と後楽園には一度訪れたことがあるのですが、ここ栗林公園はそれに劣らず、いや、人も少なかったのでそれよりも良かった感もします。

敷地が広大にもかかわらず、松並木も丁寧に手入れされており、松はもちろん、池や築山からの風景など見どころも満載です。

高松6

ここに行くためだけに四国を訪れる価値はあるなあと思いました。

高松7

見事な庭園風景に魅了され、写真を何枚も撮ってしまいました。

高松8

高松9

高松10

日差しも強く夏の暑い時期でしたが、その暑さを忘れてしまうほど綺麗で、平日ということもあってか観光客も少なく、写真を見てもらってもわかるとおり、この美しい景色を独り占めでき、ゆったりと楽しむことができました。

高松11

来る前はそれほど期待はしていませんでしたが、ほんとに来てよかったなあと思いました。

栗林公園北口駅から高松駅へ戻る

栗林公園に1時間以上は滞在していたでしょうか。

周囲には観光できるところは他にないので、とりあえず高松駅に戻ることにします。

今回は時間はたっぷりあったので、1時間に1本しか列車が来ないJRの栗林公園北口から高徳線で高松駅に戻ります。

ここはJRの路線なのでこの日使っている18きっぷが使えます。

栗林公園北口駅は無人駅で改札もなく、線路も電化されていない単線ですが、ホーム正面には高松市街のマンションも見えることから、田舎と都会が交わった少し不思議な景色でした。

高松12

高松シンボルタワーへ

高松駅に戻った後、サンポート高松にある高松シンボルタワーの展望台へ行きました。

高松シンボルタワーは再開発で立てられた近代的な複合ビルで、四国で一番高い建物です。

ここはいろいろなイベントも行われているようですが、この日はイベントもなく人もまばらで、ビルが静かにそびえていました。

展望台があるロビーはタワー棟最上階の30階にあり、エレベーターで昇ることができます。(無料)

展望台からは高松の街や海を見渡すことができ、とっても綺麗な景色が楽しめます。

高松13

また、ホール棟の屋上広場からは、瀬戸内海の大自然や港町のほか、奥の方には屋島も望むことができ、こちらも綺麗な風景を堪能することができます。

今回の旅行は前回と異なり、時間的にも余裕があったので、展望台を降りた後、周囲の海辺を散策することに。

高松14

天気が良く空も海も深い青に染まっていて、スマホのカメラでも絵になるような写真をたくさん撮ることができました。

高松15

夏休みだと思われる少年たちが広場で遊んでいる様子が微笑ましかったです。

復路~高松から奈良へ~

高松駅から岡山駅へ

高松駅隣接の売店でお土産を買い、改札前で帰りの電車が来るのを待ちます。

行きは乗り換えをするので精いっぱいで、電車の写真を撮るのを忘れましたが、こちらが瀬戸大橋を往復するマリンライナーの写真です。

高松16

ここ高松駅でも『瀬戸の花嫁』の接近メロディー。

16時40分、高松駅を後にして列車は本州、岡山駅へ向かいます。

車内はまあまあの混雑度。瀬戸大橋を渡り車窓を見ていると、なんと空に虹がかかっていました。

偶然の風景が見れるのも旅の醍醐味。

四国方面はこれまでの写真のとおり天気は良かったのですが、こちら本州では夕立があったようです。

岡山駅から姫路駅へ

17時32分岡山駅に到着。

姫路方面への次の列車は18時ちょうど発で少し時間がありましたが、行きの相生駅同様、人が多くて座れないだろうなあと思ったため、ホームの先頭で列車を待ちます。

岡山駅はいろんな方面から電車が来て、接近メロディーも様々なので待つことも苦になりません。

18時00分。姫路行きの列車が発車。

やはりこちらは天気が悪く、山を越える頃には大雨に。

列車が止まることも心配されましたが、雨は止み、そのまま辺りは暗くなっていきました。

難所を越え、19時26分。姫路駅に到着です。

姫路駅から大阪駅へ

ここまで来たら後は新快速なので家路までは楽々です。

19時27分発、始発駅の姫路では新快速列車の座席はがら空き。

夜で暗いので車窓は楽しめませんが、海側の座席に座ることで、途中の明石海峡大橋の夜景を見ることができます。

大阪駅から奈良駅へ

20時28分。新快速電車は大阪駅に到着。

帰りは大阪駅から大阪環状線を外回りに乗車し、天王寺から大和路線で奈良へ帰ります。

21時35分。今回も無事に地元へ帰ってくることができました。

〈参考〉今回の旅にかかった費用

交通費

  • 近畿日本鉄道(近鉄):近鉄奈良~鶴橋(490円)
  • JR:青春18きっぷ1回分(実質2,370円)

(参考:鶴橋~高松 普通運賃:4,620円、栗林公園北口~高松 普通運賃:210円、高松~奈良 普通運賃:5,270円、計10,100円)

  • 高松琴平電気鉄道(ことでん):高松築港~栗林公園(190円)

入場料等

  • 栗林公園:大人(一般)410円

(※交通費および入場料等は2014年当時のものです。)

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (2)
  • 参考にならなかった (0)
プッシュ通知を

関連記事&スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

青春18きっぷで行く豊岡・出石日帰り観光
青春18きっぷで行く日帰り金沢観光
友ヶ島探索【ラピュタそっくりの無人島を探検!】
大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
八幡・宇治観光
鳴門観光【とくしま好きっぷで2,000円!弾丸日帰り渦潮の旅】

書いている人

大ちゃん

社会人1年目で就職した会社で過労・睡眠障害によりうつ病を発症後、休職から退職に追い込まれた25歳の男。現在はうつ病療養の傍ら複数のサイトを運営。当ブログ『夢民島』は毎月5万人以上の人に読まれています。 [詳細]

folder お知らせ

当ブログ「夢民島」を常時SSL化しました!
more...

folder iPhone

【iPhone】「ウイルスを検出」と表示された時の対処法
機種変更して初めて分かった「クローンiPhone」の恐怖
【LINE】機種変更の際エラーが表示される時の対処法
more...

folder アプリ

ひとりぼっち惑星が面白い!遊び方と楽しみ方を徹底解説
more...

folder LINE

【LINE】機種変更の際エラーが表示される時の対処法
more...

folder うつ病

うつ病で働けなくて自分に価値がないと思っている人へ
「自分に価値がない」という人はただそう思い込んでいるだけ
生きているだけではダメですか?
more...

folder 政治

参議院選挙に思うことと若い有権者に伝えたいこと
more...

folder 副業

ビデオリサーチの会場調査に行ってきた
D STYLE WEBの会場調査で4,000円頂きました
more...

folder 音楽

『おふろのうた』をガチで考察してみた
more...

folder 旅行記

青春18きっぷで行く豊岡・出石日帰り観光
青春18きっぷで行く日帰り尾道観光
青春18きっぷで行く日帰り浜松観光
more...

folder 登山

大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
六甲山登山【阪急岡本~有馬温泉約9㎞コース】
more...

folder 経済学

学割がある理由を詳しく説明【価格弾力性とは?】
収穫逓減の法則とは?例を挙げてわかりやすく解説
機会費用とは?人生を損しない魔法の考え方をわかりやすく解説
more...

folder 大阪

心斎橋駅での乗換案内
きっぷは損!大阪の地下鉄は回数カードで常に割引で乗車!誰でも簡単にできる節約法を紹介
【無料&穴場!】大阪駅前ビルの展望台に行ってきた
more...

folder 京都

京都地下鉄1日乗車券でラクラク観光!優待特典もあって便利でお得!
JR京都駅から近鉄京都駅までの乗換案内
京都大原観光【のどかに佇む京の隠れ里へ】
more...

folder 奈良

地元民おすすめ!奈良観光に便利でお得な「ぐるっとバス」のすすめ
正倉院展へのアクセスと混雑を避ける方法

No Image

more...

folder 日記

仮想通貨(ビットコイン)を始めてみた
うつ病ブロガーのいらないものリスト
幸せに働くことができる社会を実現するために僕はブログを書き続ける
more...