夢民島

~むみんとう~

友ヶ島探索【ラピュタそっくりの無人島を探検!】

calendar

この記事は僕が2014年5月4日に和歌山県和歌山市加太にある友ヶ島に行ってきた時の旅行記です。

スポンサーリンク

友ヶ島とは

友ヶ島とは和歌山県和歌山市の加太(かだ)に属し、和歌山と淡路島の間の紀淡海峡に浮かぶ4つの無人島群の総称です。

瀬戸内海国立公園に指定されており、沖ノ島・地ノ島・虎島・神島の4島を総称して「友ヶ島」と呼ばれています。

インターネット上ではこの友ヶ島の沖ノ島にある要塞跡がスタジオジブリの映画『天空の城ラピュタ』に登場する天空の城に似ていることから話題となり「ラピュタの島」とも呼ばれています。

友ヶ島は現在無人島ですが、沖ノ島と虎島には船を利用して立ち入ることができます。

そしてネット上で話題になったことから現在では若者を中心に多くの人が訪れる観光地となっています。

この記事では僕が話題になり始めた頃に友ヶ島に行ってきた様子や感想をまとめようと思います。

加太駅から加太港へ

南海難波駅から電車で約1時間、和歌山市駅で南海加太線に乗り換え約25分で加太駅に到着。

加太駅は南海加太線の終点ですが小さな駅です。

加太駅

さらに加太駅から徒歩で約20分。

友ヶ島への定期便が出ている加太港へ向かいました。

駅から加太港までは住宅街を海の方へ抜けます。

ここまでの道は少し入り組んでいて少し分かりにくいので地図を見ながら進みました。

いかにも田舎の港町という印象を受けます。

船が出ている加太港も道路の橋の下にあり分かりにくいので初めて行く人は注意が必要です。

この写真の奥に見える島が今回の旅の目的地である友ヶ島です。

加太港1

事前に船の運航時間を調べ、11:00発の船に乗ろうと思っていた僕は加太港に10:30分頃に到着したのですが、何しろこの日はゴールデンウィーク真っ只中の日曜日。

僕が港に到着した時はすでにざっと見て400人ほどが友ヶ島行きの船を待っていました。

写真を見ていただくと分かると思いますが、橋の下には多くの人が行列を作っています。

加太港2

(こんなにたくさんの人が来てるとは…ネットの影響ってすげー)

当日乗船の整理券が配られていたのでそれを手に入れた僕は順番がくるまで加太の港町を散策することにしました。

船の定員は100人。所要時間は片道15分~20分ほどなのでこれぐらいの人数だと船に乗るまで3時間ほどかかるのではないかと思いながらも僕は待つことにしました。

途中、あまりの人の多さと待ち時間に諦めて帰っていく人もちらほら見かけましたが、僕は3時間もかけてはるばるやってきたのでここで引き返す選択はありえません。

いざ友ヶ島へ

結局待ち時間は2時間弱だったのですが、この日船は出航時間と関係なくピストン運航していたためもあってか思ったより長く感じなかったです。

それよりこんなに人が押し寄せる観光地ってどんな所だろうとわくわくしながら待っていました。

整理券を乗船券に引き換え船に乗船。

友ヶ島汽船チケット

たくさんの人で船が沈んでしまわないか心配になるほどでしたが、約20分のクルーズは潮風と潮騒がとても気持ち良かったです。

だんだんと船が友ヶ島に接近。船からは岩肌が露出している島を見ることができました。

友ヶ島1

野奈浦桟橋に到着

船が到着したのは友ヶ島の玄関口、野奈浦(のなうら)桟橋です。

僕を含め、多くの人が友ヶ島へ上陸するのを待ちわびていました。

友ヶ島2友ヶ島3

いよいよここから冒険の始まりです。

友ヶ島4

ここは友ヶ島への船の唯一の発着所で奥は広場になっており案内所や売店もあるのでこの野奈浦広場を拠点に探索の予定を立てるといいでしょう。

友ヶ島5

船に乗る前にパンフレットがもらえますが、ここの案内板に友ヶ島全体の地図や見どころ・距離や所要時間も書いているので参考にしてみて下さい。

第2砲台跡へ

まずは野奈浦広場から西へ向かい、第2砲台跡を目指します。

道は海沿いに面しており整備されていますが、写真のようななだらかな登り坂が続きます。

友ヶ島6

海の向こうには淡路島を望むことができます。

友ヶ島7

徒歩で約20分。第2砲台跡に到着です。

そしてこちらが第2砲台跡の写真です。

第2砲台跡1 第2砲台跡2

終戦後に爆破処理されたため崩れていますが、それが逆に迫力のある景観となっています。

第2砲台跡3

内部は危険なので中には入れませんが、崩された砲台がそのままになっていることやツタが砲台跡に絡まっていることから長い歴史を肌で感じ取ることができました。

友ヶ島灯台へ

第2砲台から島を南へ約10分ほど進むと友ヶ島灯台が見えてきます。

友ヶ島灯台

この灯台は明治5年(1872年)に日本で8番目に建てられた洋風建築の灯台で現在も稼働中です。

灯台の側には気象庁のアメダス観測器もあります。

アメダス友ヶ島観測所

台風の時など何メートルの最大瞬間風速が和歌山県の友ヶ島で観測されたとニュースでよく聞きますが、ここが観測所となっています。

この灯台の西側は広場になっており、東経135度の日本標準時子午線が通っていることから「子午線広場」との名称がつけられています。

友ヶ島8

灯台からさらに南へ向かうと岩場の海岸(孝助松海岸)になっており、潮だまりができていることから、貝やカニ、小魚などの観察ができます。

友ヶ島9

近くにはキャンプ場もあります。

旧海軍聴音所跡へ

キャンプ場から約15分。影のない海岸絶壁の山道を進んでいきます。

友ヶ島10友ヶ島11

こちらは旧海軍聴音所跡です。

旧海軍聴音所跡

この施設は潜水艦などの侵入を察知するために造られた施設です。

こちらは建物の中へ入ることができ内部の状況を見ることができます。

旧海軍聴音所跡2

この先は行き止まりになっているので僕は元きた道を引き返します。

タカノス山展望台へ

次は友ヶ島の最高峰であるタカノス山展望台を目指します。ここからは山道が急な上り坂となり、景色も鬱蒼としてきます。

山道を進んでいると時々木の葉から毛虫が落ちてきますので、虫が苦手な方は注意が必要です。

展望台へ登ると紀淡海峡を見下ろすことができ淡路島の他、六甲山系や和泉山脈、四国の山々を眺めることができます。

友ヶ島12

ベンチもあるので僕はここで昼食を摂りました。

第3砲台跡へ

昼食を摂った後は、展望台のすぐ南にある友ヶ島最大となる砲台跡、第3砲台跡へ向かいます。

友ヶ島13

友ヶ島内には第二次世界大戦まで使用された6つの砲台跡がありますが、この第3砲台跡が最大の規模で友ヶ島のいちばんの見どころです。

この第3砲台の景観が「天空の城」や「ラピュタの島」と呼ばれる所以(ゆえん)となったのでしょう。

第3砲台跡1

苔やシダに覆われたレンガ造りの要塞跡がなんとも非日常的な景色を醸し出しています。

一緒に船で来た観光客が物珍しそうにたくさんの写真を撮っていました。

第3砲台跡5

友ヶ島に来たならこの第3砲台跡は絶対に見ておくべき場所です。

そして写真のように随所に階段や入口があって建物の内部には入ることができます。

第3砲台2

まさにゲームのダンジョンに出てくる下り階段みたいですね。

内部は真っ暗で闇に吸い込まれるような錯覚を起こします。

第3砲台跡3

要塞の内部を探索するには懐中電灯かライトが必須となります。

僕はiPhoneのライトで足元や頭上を照らしながら奥へ奥へ進んでみました。

内部は複雑な構造となっています。

第3砲台4

建物の中に入ると涼しく少し不気味な感じがします。

そして気持ち悪い虫が壁や天井に無数に張り付いていました。

一緒に探索していた女の子たちは気持ち悪い虫に対して悲鳴をあげていましたが、僕は内部をくまなく探索しました。

虫が苦手な方は無理に要塞内部へ無理に入ることをおすすめはしませんが、そうでない方は懐中電灯やスマートフォンのライトを利用してぜひ内部へ入り自然と人間が造り出した景観を全身で感じとってくれたらなあと思います。

南垂水キャンプ場へ

第3砲台跡を十分に楽しんだ僕は山道を東へ30分ほど歩き、南垂水キャンプ場へ立ち寄りました。

こちらは芝生に覆われた広場となっており海を見渡すことができます。

南垂水キャンプ場 

僕が訪れた時はキャンプをしにテントを建てている人がいました。

案内センターへ事前に連絡をすることでキャンプもすることができます。

破壊された砲台跡もありこちらもゲームに出てくるような風景で非日常的な気分が味わえます。

南垂水キャンプ場

野奈浦桟橋へ戻る

南垂水キャンプ場から北へ徒歩約20分。

友ヶ島発の帰りの船に間に合うように野奈浦広場へ戻りました。

しかし帰りもたくさんの人で積み残しが発生し結局次に出航する船まで待つこととなりました。

さらば友ヶ島

船に乗り込み僕は友ヶ島を後にします。

友ヶ島14

帰りの船は行きと異なるルートで戻ります。

僕は船の甲板の角にいたのですが潮風と水しぶきがとても気持ち良かったです。

友ヶ島15

20分ほどで加太の港町に戻ってきました。

感想

僕の感想は恥ずかしながら当時ツイッターでつぶやいた時のものを貼っておこうと思います。

ここにくると誰もが一度は憧れるゲームの主人公のような非日常な空間を楽しむことができます。

今回は時間や潮の満ち引きの関係上虎島までは行くことができなかったのですが、次に来る時は虎島まで渡ってみたいです。

この記事を読んで友ヶ島へ行こうと思った方へ

友ヶ島は意外と広く高低差もあるので登山の装備とまではいかなくてもそれなりの靴や服装(ハイキング程度)で行った方が良いと思います。

さらにそれぞれの名所を周る場合かなり歩くこととなりますので、特に夏場など暑い時期は水分補給と休憩をこまめにとっていただけたらなあと思います。

そして時期によって船の運航時刻や込み具合が異なりますので、事前に調べてから行っていただけたらなあと思います。

詳細情報

参考和歌山市観光協会

参考友ヶ島汽船株式会社|和歌山加太 友ヶ島(ともがしま)

旅客運賃

  • 大人 往復2,000円
  • 小人 往復1,000円

運航時刻

3月1日~11月30日

火曜日・水曜日(4/28 – 5/6 、7/20 – 8/31の期間を除く)は運休します。

(ただし火曜日・水曜日が祝日になる場合は運航します)

臨時便は4/28 – 5/6 、7/20 – 8/20の期間に運航します。

 

便 加太港発 友ヶ島発
9:00 9:30
臨1 10:00 10:30
11:00 11:30
13:00 13:30
臨2 15:00 15:30
16:00 16:30

 

12月1日~2月末日

12/29 – 1/3を除く、土曜・日曜・祝日に運航します。

 

便 加太港発 友ヶ島発
10:00 10:30
15:00 15:30

(※公式サイトより引用、情報は2016年5月現在の情報です。)

 

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
プッシュ通知を

関連記事&スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

京都大原観光【のどかに佇む京の隠れ里へ】
比叡山横断チケットで比叡山を横断してみた
青春18きっぷで行く日帰り尾道観光
八幡・宇治観光
大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
青春18きっぷで行く日帰り浜松観光

書いている人

大ちゃん

社会人1年目で就職した会社で過労・睡眠障害によりうつ病を発症後、休職から退職に追い込まれた25歳の男。現在はうつ病療養の傍ら複数のサイトを運営。当ブログ『夢民島』は毎月5万人以上の人に読まれています。 [詳細]

folder お知らせ

当ブログ「夢民島」を常時SSL化しました!
more...

folder iPhone

【iPhone】「ウイルスを検出」と表示された時の対処法
機種変更して初めて分かった「クローンiPhone」の恐怖
【LINE】機種変更の際エラーが表示される時の対処法
more...

folder アプリ

ひとりぼっち惑星が面白い!遊び方と楽しみ方を徹底解説
more...

folder LINE

【LINE】機種変更の際エラーが表示される時の対処法
more...

folder うつ病

うつ病で働けなくて自分に価値がないと思っている人へ
「自分に価値がない」という人はただそう思い込んでいるだけ
生きているだけではダメですか?
more...

folder 政治

参議院選挙に思うことと若い有権者に伝えたいこと
more...

folder 副業

ビデオリサーチの会場調査に行ってきた
D STYLE WEBの会場調査で4,000円頂きました
more...

folder 音楽

『おふろのうた』をガチで考察してみた
more...

folder 旅行記

青春18きっぷで行く豊岡・出石日帰り観光
青春18きっぷで行く日帰り尾道観光
青春18きっぷで行く日帰り浜松観光
more...

folder 登山

大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
六甲山登山【阪急岡本~有馬温泉約9㎞コース】
more...

folder 経済学

学割がある理由を詳しく説明【価格弾力性とは?】
収穫逓減の法則とは?例を挙げてわかりやすく解説
機会費用とは?人生を損しない魔法の考え方をわかりやすく解説
more...

folder 大阪

心斎橋駅での乗換案内
きっぷは損!大阪の地下鉄は回数カードで常に割引で乗車!誰でも簡単にできる節約法を紹介
【無料&穴場!】大阪駅前ビルの展望台に行ってきた
more...

folder 京都

京都地下鉄1日乗車券でラクラク観光!優待特典もあって便利でお得!
JR京都駅から近鉄京都駅までの乗換案内
京都大原観光【のどかに佇む京の隠れ里へ】
more...

folder 奈良

地元民おすすめ!奈良観光に便利でお得な「ぐるっとバス」のすすめ
正倉院展へのアクセスと混雑を避ける方法

No Image

more...

folder 日記

仮想通貨(ビットコイン)を始めてみた
うつ病ブロガーのいらないものリスト
幸せに働くことができる社会を実現するために僕はブログを書き続ける
more...