【はじめましての方へ】まずはじめに読んでほしい記事10選
スポンサーリンク

2019年は10月22日も祝日に!その理由はなぜ?3連休にはなる?【即位礼正殿の儀の行われる日】

お役立ち
この記事は約5分で読めます。

2019年4月1日に新元号である「令和(れいわ)」が発表され、その1か月後である2019年5月1日の「天皇の即位の日」から元号が令和に改められました。

「天皇の即位の日」である5月1日(水)が祝日となったことで、祝日と祝日に挟まれた日は休日とするという法律により、前日の4月30日(火)と翌日の5月2日(木)がそれぞれ「国民の休日」となることから、その前後の祝日や休日と合わせて2019年のゴールデンウィークは10連休になり、話題となりました。

10連休が楽しかったという人がいる一方、サービス業の方は休めなくて大変だった、また、銀行や病院、保育園や役所等の公共施設の営業にも影響が広がるなど、社会生活において実に様々なことが話題となったのは、記憶に新しいことだと思います。

しかし、そんな10連休の話題に隠れてか、2019年(令和元年)に限り、10月22日も祝日であることを知っている人は少ないと思います。

僕もつい最近、iPhoneのカレンダーを見ている時に、2019年の10月22日が祝日であることを知りました。

そこで、

  • 2019年10月22日はなぜ祝日になるのか?また、その理由について
  • 3連休にはなるのか?
  • 2020年以降はどうなるのか?

の以上3点について、気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

2019年に限り10月22日は祝日に

2019年(令和元年)の10月22日は、1年限りの祝日になります。

内閣府の公式ホームページである国民の祝日について説明されているページを見てみるとこうあります。

天皇の即位の日の平成31年(2019年)5月1日及び即位礼正殿の儀が行われる日の平成31年(2019年)10月22日は、休日となります。また、これらの休日は国民の祝日扱いとなるため、平成31年(2019年)4月30日5月2日も休日となります

出典:国民の祝日について – 内閣府

2019年のゴールデンウィーク(大型連休)が10連休になったのはご存じの方がほとんどだと思いますが、このように、2019年に限り10月22日が祝日になるのをご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか。

なぜ祝日になるの?

ではなぜ、2019年に限り10月22日が祝日となるのでしょうか?

2019年10月22日は『即位礼正殿の儀の行われる日』です。

この日は「新天皇の即位を国内外に宣言する行事」が行われるため、1年限りの祝日となっています。

つまり、「新しい天皇が即位したよ」ということを知らせるための行事が行われる日が10月22日ということなんですよね。

では、なぜこの日が祝日になっているかというと、実は即位の礼の挙行日は、その年限りの祝日となることがこれまでの慣例となっています。

大日本帝国憲法下で即位の礼を行った大正天皇と昭和天皇の時には勅令によりそれぞれ祝日に、また、現在の日本国憲法下で即位の礼を行った今上天皇の即位の礼の時は法律によって、祝日として定められました。

今上天皇が即位なさった際は、『「即位礼正殿の儀の行われる日」を休日とする法律』に伴い、平成2年11月12日が祝日扱いになりました。

今回も、上記にあるように、2018年12月の臨時国会で法律により、2019年は「4月30日 国民の休日」、「5月1日 即位の日」、「5月2日 国民の休日」、「10月22日 即位礼正殿の儀」が新たな祝休日と定められたことで、10月22日は2019年に限り祝日となったのです。

3連休にはならない?

2019年の10月22日は月曜日や金曜日ではなく火曜日ですので、残念ながら学生や出勤日がカレンダー通りの人は土日を含んでの3連休とはなりません

しかし、前日の10月21日の月曜日を有給や代休などで休みにすると、前の週の土曜日も合わせて4連休にすることができる人もいるかもしれませんね。

2020年以降はどうなる?

改元に伴う行事はもちろん改元時された年のみ行われるため、2020年以降は祝日にはなりません

ただ、最短の元号である「暦仁」はたった74日で新元号に改められたことが過去にあったので、もし仮に、令和が1年未満で改元されるという可能性が無いとは言いきれません。

しかし、もしそうなったとしても、前回の今上天皇の即位の令の日は11月12日であったことから、毎回同じ日に即位礼正の儀が行われるわけではありませんからね。

ですので、2019年(令和元年)限りの祝日で、2020年以降については、この日が祝日になる可能性はほぼ0%だと言うことができるかと思います。

ちなみに2020年の10月22日はカレンダーを見ると木曜日となっています。

最後に

今回は2019年10月22日が祝日である理由に加え、連休になるのか、また2020年以降はどうなるのかについても見ていきました。

元号が変わって10連休になるのは日本人の大半の方がご存知だと思いますが、2019年に限り10月22日が祝日になるのをご存じの方は意外に多くないと思います。

改元時の10連休の話題ばかりなのに加えて、カレンダーや手帳も新たな祝日に対応しきれなかったものが流通していることもあまり知られていない原因なのかなあとも思います。

ですので、今回初めて2019年の10月22日が祝日であると知った方は、直前になって「あれ、なんでこの日が祝日なのだろう??」とならないように、家族や友達などの周りの人に教えてあげるのもいいかもしれませんね。

以上、2019年(令和元年)に限り10月22日(火)も祝日である理由の説明でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

タイトルとURLをコピーしました