【はじめましての方へ】まずはじめに読んでほしい記事10選
スポンサーリンク

【2020年版】近鉄電車でお得に初詣!「伊勢神宮初詣割引きっぷ」の詳細

お役立ち
この記事は約9分で読めます。

こんにちは。大ちゃんです。

来年の初詣はどこに行くかもう決まっていますか?

まだ計画中だという方は三重県にある伊勢神宮へ初詣に行くのはいかがでしょうか。

ですが、伊勢神宮へは正月三が日はたくさんの人が初詣に訪れるため、車で行くとなると交通規制のうえ駐車場探し、さらにはお参りにも相当な時間がかかってしまい大変です。

車より電車で行った方が間違いなく混雑が避けられると思いますが、電車だと人数が多いほど運賃がかさんでしまい、家族連れなど大人数だと躊躇してしまう方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回はそのようなお悩みを抱えている方に、近鉄が毎年恒例で発売している「伊勢神宮初詣割引きっぷ」を紹介したいと思います。

僕も過去にこの伊勢神宮初詣割引きっぷを使って伊勢神宮へ初詣へ行きましたが、このきっぷを利用するとお得に快適に伊勢神宮へ初詣に行くことができ、さらには記念品がもらえたり初詣ついでに観光も楽しめたりとお正月からハッピーな気分になれます

この記事ではそんなお得なきっぷである「伊勢神宮初詣割引きっぷ」の説明をしていますので、

来年の初詣は近鉄電車で伊勢神宮へ行こうかなあ

と計画している方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

伊勢神宮初詣割引きっぷとは

「伊勢神宮初詣割引きっぷ」とは近鉄が期間限定で発売している企画乗車券のことです。

この伊勢神宮初詣割引きっぷ、上述したように電車の運賃が割引になるだけではなく、嬉しい特典がたくさん付いています。

以下でその特典の中身を詳しく見ていくことにします。

「伊勢神宮初詣割引きっぷ」のセット内容

まずは「伊勢神宮初詣割引きっぷ」のセット内容を見ていくことにします。

  • 発駅からフリー区間(松阪~賢島間)までの往復乗車券
  • 発駅からフリー区間までの往復特急券※往復特急券は「往復乗車券+特急券タイプ」のみ
  • フリー区間(松阪~賢島間)の3日間乗り放題
  • フリー区間(松阪~賢島間)の特急券引換券2枚
  • 伊勢神宮参拝記念品引換券
  • 伊勢志摩特産品が抽選で当たる応募はがき
  • 伊勢志摩の主要観光施設の優待割引

出典近畿日本鉄道公式ホームページから引用

ここで一つ注意が必要なのは、近鉄線で発売されている伊勢神宮初詣割引きっぷには、往復の乗車券の他に往復の特急券がセットされている「往復乗車券+特急券タイプ」のきっぷと、往復の乗車券のみで特急券がセットされていない「往復乗車券タイプ」のきっぷの2種類があります。

どちらともフリー区間以外での途中下車は不可となっています。

また、フリー区間である松阪駅~賢島駅間が3日間乗り放題となるうえに、フリー区間の特急列車に2回乗車可能な特急券引換券が付いています。

この特急券引換券はフリー区間以外での区間では使用できません。

そして、伊勢神宮の内宮(参集殿横または神楽殿)または外宮(神楽殿)で参拝記念品と引換可能な引換券が付いています。

さらに、きっぷに付いている応募はがきでプレゼントに応募すると、抽選で伊勢志摩の特産品が当たります。

さらには、対象の観光施設で伊勢神宮初詣割引きっぷを提示するときっぷの有効期間に限り観光施設の入場料や利用料が割引料金で利用できます。

発売額

気になるきっぷの料金ですが、往復乗車券+特急券タイプは近鉄奈良線や京都線、けいはんな線の各駅、および河内国分および上ノ太子以西の駅が発駅となる「関西発」のきっぷがおとな5,300円、こども2,650円、近鉄名古屋線の近鉄名古屋から近鉄蟹江までの駅が発駅となる「東海発」のきっぷがおとな4,800円、こども2,400円となっています。

また、往復特急券がついていない往復乗車券タイプは発売額がエリアによって異なっていて、大人が900円~2,900円、こどもが450円~1,450円となっています。

往復乗車券タイプの詳しい発売額は近鉄のホームページをご覧ください。

これだけの特典があるにもかかわらずこのきっぷの料金はかなり安めに設定されています。

発売期間

ここで注意が必要なのは、この伊勢神宮初詣割引きっぷは期間限定の発売で、2019年11月15日~12月31日までの年内限定発売となっています。

利用を考えている人は必ず年内に買っておくようにしてください。

有効期間

利用期間は、2019年12月30日~2020年1月31日で、この利用期間中の乗車開始日から連続3日間有効です。

1月30日、1月31日に利用を開始した場合は、1月31日まで有効です。

1月いっぱい利用することができるので、混雑している元旦や正月三が日は避けて少し空いてから行きたいという方にも便利です。

発売場所

発売場所は近鉄の駅営業所や特急券発売の窓口のほか、近畿日本ツーリストなどの旅行会社の営業所でも購入が可能です。

こちらも詳しくは近鉄のホームページを参考にしてください。

利用方法

改札口で駅員にきっぷを提示することで乗車できます。

改札を通るときに係員に印を押してもらいその日から3日間またはフリー区間外の駅で下車するまで有効です。

自動改札機は使えません。

「往復割引乗車券」のみのタイプの利用方法

発駅→フリー区間(松阪~賢島)→着駅までの乗車券と、フリー区間(松阪~賢島)用特急券引換券2枚がセットされています。

発駅および着駅はきっぷに記載のエリア内の各駅から選ぶことができます。きっぷに記載のエリア内より外側を乗車する際は別途運賃が必要です。

フリー区間(松阪~賢島)は乗降自由です。フリー区間以外の各駅で下車すると改札口で乗車券が回収されます。

フリー区間(松阪~賢島)用特急券引換券はあらかじめ駅窓口で特急券に引換えて乗車します。

なお、引換券のままでは特急に乗車することができません。またフリー区間以外で特急に乗車する場合は別途特急券が必要です。

「往復割引乗車券+特急券」タイプの利用方法

上記の「往復割引乗車券」のみのタイプに加えて、「ゆき」の特急券引換券(発駅→松阪駅~賢島駅間)と「かえり」の特急券引換券(賢島駅~松阪間→着駅)がセットされています。

特急には特急引換券をあらかじめ特急券に引換えたうえ、乗車します。

特急券の引換えは2019年11月30日~2020年1月31日までです。

ただ、初詣期間中は多くの人が近鉄特急を利用します。

近鉄特急は全席座席指定のため、特急券はなるべく早めに引換えることをおすすめします。

お問合せ

  • 近鉄旅客案内テレフォンセンター(8:00~21:00)年中無休

大阪 (06)6771-3105

名古屋 (052)561-1604

阪神版伊勢神宮初詣割引きっぷ

阪神マップ

近鉄電車と阪神電車は相互直通運転していることから、阪神電車沿線からも伊勢神宮へ行くことができます。

そのため、阪神電車からは阪神版の伊勢神宮初詣割引きっぷも期間限定で発売されます。

これを利用することで近鉄電車が乗り入れている難波や天王寺からだけでなく、梅田や神戸三宮などの阪神電車沿線からもお得に伊勢神宮へ初詣に行くことができます。

セット内容

  • 発駅〈阪神電車各駅(神戸高速線除く)〉⇔近鉄線フリー区間(松阪駅~賢島駅間)のカード乗車券
  • 往復近鉄線特急券引換券
  • フリー区間(松阪~賢島間)の3日間乗降自由
  • 近鉄線フリー区間(松阪~賢島間)内の特急券引換券2枚
  • 伊勢神宮参拝記念品の引換券
  • 伊勢志摩特産品が抽選であたる応募はがき
  • 伊勢志摩の主要観光施設の優待割引利用

セット内容は近鉄版の特急券がセットされているタイプに阪神電車(神戸高速線を除く)の全線乗り放題がプラスされています。

阪神線の全線と近鉄線のフリー区間は自由に乗り降りが可能です。

大阪難波から近鉄線フリー区間までの間(松阪)は1往復に限り乗車可能です。(※途中下車は不可)

また、近鉄版と違い阪神線および近鉄線のフリー区間はカード乗車券での利用となります。

発売額

発売額はどの駅からも一律おとな5,800円、こども2,900円です。

発売期間

阪神版伊勢神宮初詣割引きっぷも近鉄版と同じく期間限定の発売で、2019年11月15日~12月31日までの年内限定発売となっています。

年が明けると買えなくなるため、購入を考えている方はお早目に購入することをおすすめします。

有効期間

近鉄版と同じく、利用期間は2019年12月30日~1月31日で、この利用期間内の乗車開始日から連続3日間有効です。

ただし、1月30日、1月31日に利用を開始した場合は、1月31日まで有効です。

発売場所

発売場所は阪神電気鉄道の梅田、尼崎、甲子園、御影、神戸三宮の各駅長室、阪神電車サービスセンター(神戸三宮) のほか、大阪難波、および旅行会社等でも購入できます。

利用方法

発駅→フリー区間(松阪~賢島)→着駅までの乗車券と、「大阪難波・大阪上本町・鶴橋のいずれかの駅」→フリー区間(松阪~賢島)→「鶴橋・大阪上本町・大阪難波のいずれかの駅」までの近鉄特急券引換券、およびフリー区間(松阪~賢島)用特急券引換券2枚がセットされています。

フリー区間(松阪~賢島)は乗降自由です。フリー区間以外の各駅で下車すると改札口で乗車券が回収されます。

「大阪難波・大阪上本町・鶴橋のいずれかの駅」→フリー区間(松阪~賢島)→「鶴橋・大阪上本町・大阪難波のいずれかの駅」までの近鉄特急券引換券はあらかじめ特急券に引換えたうえ、乗車します。

フリー区間(松阪~賢島)用特急券引換券はあらかじめ特急券に引換えたうえ、乗車します。

特急券の引換えは2019年11月30日~2020年1月31日までです。

また、初詣期間中は多くの人が近鉄特急を利用します。

繰り返しになりますが、近鉄特急は全席座席指定のため、特急券はなるべく早めに引換えることをおすすめします。

お問合せ

  • 近鉄 / 旅客案内テレフォンセンター(8:00~21:00)年中無休

大阪 (06)6771-3105

  • 阪神 / 運輸部営業課(平日9:00~17:00)

(06)6457-2258

〈注意〉駅から伊勢神宮へのアクセス

伊勢神宮に一度でも行かれた方は分かるかと思いますが、伊勢神宮は外宮を参拝してから内宮を参拝するのが古くからの慣わしとなっています。

外宮は近鉄の伊勢市駅から徒歩約5分のアクセスとなっていますが、内宮は外宮から離れており、外宮から内宮へはバスを利用して移動するか、伊勢市駅に戻って五十鈴川駅または宇治山田駅まで近鉄電車を利用、その後、五十鈴川駅か宇治山田駅どちらかの駅からバス、および五十鈴川駅から徒歩で移動することになります。

なお、今回紹介した「伊勢神宮初詣割引きっぷ」にはバスの乗車券は付いていないので、バスを利用する際は別途運賃が必要です。

外宮

  • 近鉄伊勢市駅下車徒歩約5分

内宮

  • 外宮前→バス約20分 内宮前下車
  • 宇治山田駅→バス約20分 内宮前下車
  • 五十鈴川駅→バス約10分 内宮前下車

最後に

今回は伊勢神宮への初詣にお得な「伊勢神宮初詣割引きっぷ」を紹介しました。

電車の往復だけでもかなりお得なこの伊勢神宮初詣割引きっぷですが、フリー区間の乗り放題や観光施設の優待割引を利用することで、初詣の後に伊勢志摩の観光も楽しむことができる点が魅力的です。

また、参拝記念品の引換券で記念品ももらえるため、近鉄電車・阪神電車で伊勢神宮へ初詣に行くという方にはこの伊勢神宮初詣割引きっぷの購入をおすすめします。

以上、この記事では近鉄が発売する「伊勢神宮参拝割引きっぷ」について説明しました。

この記事があなたの参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (3)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

タイトルとURLをコピーしました