【はじめましての方へ】まずはじめに読んでほしい記事10選
スポンサーリンク

丸亀製麺での注文方法【はじめてで分からない人もこれで安心!】

お役立ち
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。大ちゃんです。

うどんチェーン店の丸亀製麺は本格的な美味しいうどんを低価格で食べることができるので老若男女問わず幅広い世代に人気です。

僕も今となっては気軽にお店に行くことができますが、初めて丸亀製麺のお店に行ったときは注文方法が分からなくて少しドキドキしたんですよね。

初めて行った時は僕は他のお客さんを見ながら見よう見まねで注文をしたのですが、

「ちゃんと注文できるのだろうか?」

と少し緊張したのを覚えています。

最初に言っておくと丸亀製麺はセルフ式となっているのですが、今回は僕もよく行く丸亀製麺の注文方法をはじめての方でも分かりやすいようにまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

丸亀製麺での注文から食事までの流れ

①うどんの種類を決めてお盆とお皿を取る

まず、自分が食べたいと思ううどんの種類を決めます

メニューは店頭の注文口前にも掲載されていますが、丸亀製麺の公式ホームページにもお品書きが掲載されているので、はじめての人はお店に行く前にあらかじめ決めておくといいでしょう。

なお、お昼時などは混雑していて注文口に行列ができている場合がありますので、自分の番が来るまでに注文するメニューを決めておけばOKです。

自分の番が来ればお盆と、天ぷらを食べる場合はお皿も取ってうどんを注文しましょう。

②注文口でうどんの注文をする

メニューが決まったら注文口に行ってうどんを注文します

注文の仕方は、基本的に、

  • 「うどんの種類」
  • 「並・大・得」
  • 冷たいor温かい

を口頭で伝えればOKです。

例えば「温かいかけうどんの並サイズ」を注文したい場合、

かけうどんの並で温かいの(お願いします)」

って感じで全然OKです。

もし、うどんの量や冷たい・温かいなどを言い忘れていても店員さんが、

「うどんは並でよろしいでしょうか?」

「温かいのと冷たいのどちらにいたしましょう?」

などと丁寧に聞き返してくれるので、心配しなくても大丈夫です。

また、温泉たまごや大根おろしなど、トッピングを注文する場合もこの注文口で注文します。

うどんの注文の後に「温泉たまごもお願いします!」と言えばOKです。

うどんを受け取ったらお盆に乗せて次の天ぷら・おむすびコーナーへ移動します。

③天ぷらやおむすびを選ぶ

お好みで「天ぷら」「おむすび」をお皿に取ります。

天ぷらやおむすびは注文形式ではなく、学食のようにお客さん自身が好きなものを取ってお皿に盛っていくセルフ形式となっています。

揚げたての天ぷらや作りたてのおむすびが並んでいるので自分の食べたいものを選びましょう。

すべて選び終わったら会計に進みます。

また、うどんだけを食べたい場合はここをスルーして次の会計に進んでもOKです。

ちなみに、もし自分が欲しい天ぷらやおむすびがない場合、店員さんに言うとすぐに作ってくれますよ。

④会計をする

メニューが揃ったら会計をします。

割引クーポンやうどん札を利用する場合、会計時にレジに出してください。

参考丸亀製麺のうどん札の使い方と有効期限は?【月またぎでも利用できる?】

参考丸亀製麺の「こころのかわら版」クーポンがお得すぎてヤバイ!入手方法と使い方は?

⑤薬味や飲み物を取る

会計が終わったらお好みで天かす・ネギなどの「薬味」、それに「お冷」「お茶」などの飲み物を取ってから空いている席に着きます。

⑥席について食べる

席にはおはし・七味・だししょうゆ・だしソースなどがあります。

お好みに合わせて利用するといいでしょう。

⑦返却口に食器を返す

食べ終わったら食器を返却口に返しに行きます。

丸亀製麺での基本的な注文から食事までの流れはこんな感じです。

この一通りの流れをあらかじめ知っておけば、初めてでも戸惑うことはなく、スムーズに注文することができますよ。

基本的な注文の仕方は上記のとおりですが、さらに以下のことを知っていると店内で困惑することはまずなくなると思います。

【チェック①】うどんだしは自分で入れる!

「かけうどん」などにかけるうどんだしは丸亀製麺の場合、自分で入れます。

薬味が置いている場所の横に水道の蛇口のような「だしサーバー」が設置されているので、そこで熱々のうどんだしを入れます。

【チェック②】店舗によって若干仕組みが異なる

注文の流れとしては上記のとおりで大きな違いはありませんが、店舗によっては若干仕組みが異なる店舗もあります。

例えば、大型商業施設のフードコートに入っている店舗では、かけうどんなど、うどんだしが必要なメニューであってもあらかじめ、だしが入った状態で提供されます。

ですのでこの場合は自分でだしをかける必要はありません。

ただし、④の会計と⑤の薬味の順番が入れ替わっている店舗もあります。

また、フードコートの席には基本的にお箸や七味、ソースなどがないので、席に着く前に薬味を取るのに加え、お箸などを取るのを忘れないようにしてください。

最後に

今回は丸亀製麺での注文方法を紹介しました。

なお、丸亀製麺の公式チャンネルでも今回記事で紹介した注文方法を動画で紹介しているので、この記事を読んでもまだ心配な方はこの動画も事前に見ておけば完璧だと思います。

丸亀製麺は本格的なうどんを低価格で食べることができるのでおすすめです。

行きたくても注文方法が分からず食べていない人は絶対に損をしていますので、丸亀製麺に行くのが初めての人もぜひ一度行ってみて美味しいうどんを食べてみてくださいね。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (1)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

タイトルとURLをコピーしました