【はじめましての方へ】まずはじめに読んでほしい記事10選
スポンサーリンク

レールウェイカードを入手。地下鉄や私鉄では使えるのか?

レールウェイカード阪神お役立ち
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。電車に乗るのが好きな大ちゃんです。

2017年3月31日をもって関西一円の私鉄や地下鉄で利用できる磁気カード式の「スルっとKANSAIカード」の発売が終了しました。

関西のほとんどの私鉄や地下鉄、バスを1枚だけで利用でき、ICカードと異なり回数券と併用できたり、残高もカード裏面に記録され都度確認することで交通費の精算も簡単にできたりなどして、アナログなりにも何かと便利だったので利用していた人も多いはずです。

そのため、3月末の発売終了を前に買占めした人も中にはいるのではないでしょうか。

(僕もそのうちの一人です。)

しかしそのスルっとKANSAIカードも来年2018年1月31日をもって利用できなくなります。

そんな中、2017年4月1日からは、阪急電鉄、阪神電鉄、能勢電鉄、北大阪急行の4社の駅で、「阪急 阪神 能勢 北急レールウェイカード」というものが発売されており、そのレールウェイカードを僕が実際に購入してきたので、今回はこのカードがスルっとKANSAIカードの代わりとして使えるのか詳しくみていきたいと思います。

スポンサーリンク

阪急 阪神 能勢 北急レールウェイカードとは?

「阪急 阪神 能勢 北急レールウェイカード」とは、2017年4月1日から阪急電鉄、阪神電鉄、能勢電鉄、北大阪急行の4社のみで発売している磁気式カードです。

※以下、便宜上「レールウェイカード」と表記します。

4社各駅(一部の駅を除く)の自動券売機で、大人用が1,000円、2,000円、3,000円、小児用が500円、1,000円、1,500円の6種類が発売されています。

レールウェイカード阪神

阪神梅田駅の自動券売機で購入した「阪急 阪神 能勢 北急レールウェイカード」(大人用1,000円)の表面 路線図が描かれており、発売する会社によってカード上部の色が異なる

レールウェイカードはその名のとおりスルっとKANSAIカードと名称は全く異なりますが、利用方法はこれまでのスルっとKANSAIカードと全く同じで、この記事を読んでいる人には説明しなくても分かるかと思いますが、一応説明すると、そのまま駅の改札機を通ることで乗車駅を記録し、下車する駅の改札機で乗車した区間の運賃が減額される仕組みです。

地下鉄やその他私鉄も利用できる?

このレールウェイカード、カード券面には阪急、阪神、能勢電それに北急の路線図が描かれていますし、「阪急電鉄・阪神電車・能勢電鉄・北大阪急行の上記路線でご利用になれます。」となっているので「地下鉄やその他の私鉄では使えないのか」と思うのが普通だと思います。

しかしスルっとKANSAIと仕組みが同じならば地下鉄やその他の関西の私鉄(近鉄や南海、京阪など)でも使えるのではないかと思い調べてみました。

ちなみにスルっとKANSAIの利用可能エリアは以下のリンク先ページで確認ができます。

参考ご利用可能エリア|スルッとKANSAI

結論から言うと、2018年1月31日まではこれまでスルっとKANSAIカードが利用できたエリア内の地下鉄や私鉄でも利用可能であると阪急電鉄のホームページに書かれています。

参考レールウェイカードのご案内|乗車券のご案内|阪急電鉄

また、これまでのスルっとKANSAIカードと同様に乗車券(普通のきっぷ)、回数乗車券、磁気定期券との併用も可能です。

以上のことから、このレールウェイカードは従来のスルっとKANSAIカードと全く同じもので、発売しているところが阪急・阪神・能勢電鉄・北大阪急行の4社限りとなったと理解していただければOKです。

ただし、2018年2月1日以降は4社の路線以外のエリアでは利用さえもできなくなることが決まっているため、購入・利用する際はそれだけ頭の片隅に入れておくといいです。

ですのでこれまで電車に乗る際に回数券や磁気定期券を使っていて乗り越し運賃を精算するためにスルっとKANSAIカードを利用していたのであれば、レールウェイカードを持っていた方が便利だと思います。

ただ、その4社以外の路線をよく利用する人は阪急や阪神の駅がある場所、例えば梅田や難波まで行って買う手間がかかってしまうので、たまたま大阪方面に出かけたついでにまとめ買いしておく等、便利さを取るか安さを取るかこれまで以上によく考えないといけませんね。

いずれはICカード一択に?

スルっとKANSAIの発売が終了したのもICカードの普及が要因です。

現に関西以外の他のエリアではICカードがかなり普及しており、その波の勢いは止まることはないでしょう。

しかしこれまで関西だけICカードがあまり普及していない原因は、普通運賃より安く乗車できる回数券の存在です。

関西ではJRの昼間特割きっぷをはじめ、私鉄の時差回数券や土日休日回数券などは割引率が高く、特に私鉄の回数券は区間式ではなく金額式ですのでどの駅からも利用でき、安いだけでなく使い勝手も良いです。

このような背景から、関西ではICカードよりも長年磁気式の乗車券の利用が主流となっていました。

割引率の大きい回数券は魅力的ですし、同じ距離を同じ時間、同じ車両で移動する場合、少しでも安くなるのであればその方が嬉しいものですからね。

しかしここにきてスルっとKANSAIの共通利用が廃止されることが決定し、各鉄道会社の収益確保や乗客の利便性向上の面からみても早くて来年2018年から、遅くても東京オリンピックが開催される2020年頃までには回数券の割引等を含め、ICカードを主流とした仕組みへと大規模なシステムの変更がなされるのではと個人的には思っています。

今回のスルっとKANSAIの廃止、およびレールウェイカードの登場は阪急や阪神以外の関西の私鉄や地下鉄を回数券で乗車していた人にとってははっきり言うと改悪だと思いますので、いずれICカード一択になるのであれば、回数券等のシステムも早くIC化して利便性を向上してほしいものですね。

まとめ

今回はスルっとKANSAIの代わりに発売されている「阪急 阪神 能勢 北急レールウェイカード」の詳細を含め、地下鉄や私鉄でも利用できるのかについて見てきました。

以上で見てきたとおり、このレールウェイカードは名称は異なりますがこれまでにあったスルっとKANSAIカードと全く同じもので、とりあえず2018年1月31日までは関西の地下鉄やその他の私鉄でも使えます。

ただそれ以降はカードの券面どおり阪急・阪神・北急・能勢電の4社のみの利用となるため、その事を知ったうえ、回数券などと合わせて上手に使って電車に乗っていただけたらなと思います。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (63)
  • 参考にならなかった (8)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

タイトルとURLをコピーしました