【はじめましての方へ】まずはじめに読んでほしい記事10選
スポンサーリンク

万代ではクレジットカードや電子マネーは使える?万代での支払い方法を調べてみた

節約
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。節約が好きな大ちゃんです。

先日、近所にスーパーマーケットの「万代」が新しくオープンしました。

万代(mandai)は、大阪をはじめ京都や奈良、兵庫など、関西圏を中心に展開するスーパーマーケットで、関西にお住まいの方にとっては昔からなじみもあり、知名度もけっこう高いのではないでしょうか。

そんなスーパーの万代。

並んでいる商品の価格は他のスーパーと比べるとリーズナブルなものも多く、他店より比較的安くで購入することもできるため、家計の節約にもなって大変助かりますが、万代ではクレジットカードでの支払いや電子マネーでの支払いは可能なのでしょうか?

キャッシュレス化も進みつつあり、カードやQRコードで支払うとポイントもつくことから、節約好きの僕のような方は、

もともとの価格が安い万代で、さらにカードやスマホで支払いができればポイント還元もあってめっちゃ便利でお得なのでは!?

と考える方も多いと思います。

そこで今回は、

「スーパーの万代ではカードやスマホ決済が使えるのかどうかについて」

まとめていこうと思います。

スポンサーリンク

結論:万代での支払いは現金のみ【万代ではカード支払いや電子マネー・QRコードでの決済はできない】

早速ですが、結論から述べると、スーパーの万代においては、全ての店舗でクレジットカードや電子マネー、それにQRコードなどのスマホ決済を利用して決済することはできません

キャッシュレス派の方には残念ですが、その理由は万代の経営方針で、クレジットカードなど外部の決済手段を導入しない代わりに、商品価格でお客さんに還元させていただくという姿勢で経営をされているからだそうです。

したがって、万代での支払いは全ての店舗で現金のみということになります。

クレジットカードや電子マネーでの支払いに対応しようとすると、当然ながら全ての店舗の全てのレジを新しい仕組みのものに入れ替えないといけないので膨大なコストがかかります。

また、クレジットカード払いに対応すると、加盟店となるお店側がカード会社に手数料を支払う必要がでてきます。

万代だけに限った話ではありませんが、商品の安さを売りにしている会社は「薄利多売」が基本です。

つまり、売上が多くても利益にはあまりならず、多くのお客さんを呼び込み、そこでできるだけ多くの商品を買ってもらうことで初めて利益が出ます。

たかが数パーセントの手数料でも、このような薄利多売の企業にとっては負担が大きくなってしまうのではと考えられます。

そのため、万代では、キャッシュレスに反対というよりかは、商品の安さを維持するために支払いは現金オンリーという方針で経営していると推測されます。

ですので、普段から現金を持たずにクレジットカードや電子マネー、それにスマートフォンで決済をしている「キャッシュレス派」の方にとっては、不便を感じる方も多いと思います。

しかし、クレジットカードや電子マネー・スマホ決済が利用できない分、万代では商品価格にしっかり反映して経営しているので、逆に現金支払いのみだからこそ安い価格を維持できていると言えそうです。

なお、万代のレジは半セルフとなっています。

店員さんがバーコードを読み取ってレジに商品の登録をし、代金の支払いはお客さん自身が機械で行います。

カード派・キャッシュレス派でも万代の利用価値は十分にアリ

万代ではクレジットカードや電子マネー・スマホ決済は使えない。

だけどそれだけで万代を選択肢から外すのはもったいないかもしれません。

なぜなら、万代では上記のようにカードが使えない分、価格は他のスーパーよりも安めに設定されている商品が多いからです。

また、もちろん他のスーパーと同様に、卵や油、乳製品などの特売も頻繁に行っているので、カードやスマホ決済でのポイントの還元分以上に得をする場合も多々あるからです。

さらに、夕方から夜の時間帯においては、惣菜やお刺身、それにパンなどの日持ちしない商品を中心に、値引きシールがよく貼られます。

雨の日や特売を行っていない日などを中心に、夜の6時半を過ぎるころから、中には半額になる商品もありますので、カードやキャッシュレス派の方でも、節約のためであるなら万代は十分に利用価値はあると言えるでしょう。

節約派は万代と他のスーパーとの価格や所要時間など全体的に勘案して判断

節約に力を入れている方には、複数のスーパーをはしごして、少しでも安い値段で生活に必要な商品を手に入れているといった方もいると思います。

万代では、上記で見てきたとおり、カードやスマホ決済でのポイント還元が受けられないので、節約にこだわる方は、他のスーパーでポイントの還元が享受できる場合と比較して、「万代が得か、あるいは他のスーパーが得か」見極めて判断する必要が出てきます。

例えば、他のスーパーにおいて、還元率が1%のクレジットカードで、1回に2,000円の買い物をするとなると、そのスーパーでの買い物で得られるポイントの還元は、

  • 2,000円×1%=20円相当のポイント

となります。

したがって、2,000円分の買い物をするときに、20円分以上のお得感を万代での買い物で見込むことができれば、万代で買い物しても損をすることはないと言い切ることができます。

逆に、ポイントの還元があるからといって、わざわざ万代より遠くのスーパーに行き、そこで買いすぎてしまったら節約の意味がありませんし、さらにはその分、時間も余分にかかりますからね。

ですので、価格の面以外でも、商品の質や品揃え、それに所要時間などを全体的に勘案したうえ、自分にとってより楽しく買い物ができる方を選ぶと良いのではと僕は思います。

最後に

今回は関西を中心に展開するスーパーマーケット「万代」での支払い手段について見ていきました。

万代では現金払いのみで、クレジットカードや電子マネー、それにQRコード等のスマホ決済は一切利用できないので、キャッシュレス派の方にとっては注意が必要です。

ただし、最近はキャッシュレス推進にともない、クレジットカードやスマホ決済に対応しているスーパーも出てきているので、これからは万代でも新たな支払い方法が追加されるかもしれませんね。

以上、今回はスーパー「万代」での支払い方法について説明させていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

タイトルとURLをコピーしました