【はじめましての方へ】まずはじめに読んでほしい記事10選
スポンサーリンク

WAON POINTカードの会員登録と使い方を解説

お役立ち
この記事は約11分で読めます。

こんにちは。節約が好きな大ちゃんです。

この記事では2016年6月からサービスが開始されたイオンの共通ポイントシステムである「WAON POINT」(ワオンポイント)について特典やポイントの貯め方や使い方を説明しようと思います。

すぐに会員登録の方法が知りたい方はこちら!(このリンクをクリックすると、この記事内の会員登録方法を解説している項目へジャンプします。)

スポンサーリンク

WAON POINTとは?

今回新たにサービスが開始されたイオンの「WAON POINT」とは端的に言うと共通ポイントシステムのことです。

既存の共通ポイントカードの代表例としては「Tポイント」や「Pontaポイント」などがあり、通常のポイントカードだとその企業内の店舗しかポイントが溜まりませんが、共通ポイントカードではグループ会社以外の店舗でもポイントを貯めることができます。

わかりやすく言えばTポイントやPontaポイントのような加盟店であればどこでも使えるシステムをイオンが導入し、そのポイントを貯めるカードが今回紹介する「WAON POINT」だと思っていただくとOKだと思います。

なお、WAON POINTが導入されてすぐはイオン系列の店舗と一部の専門店のみでしか利用できませんでしたが、現在はイオンモール内の店舗をはじめ、ポイントを貯めることができる店舗が増えています。

このように、利用できる店舗もたくさん増えてきましたが、イオンはWAON POINTの利用者を2019年内に約6千万人とすることを目標としていることから、いずれは本屋やコンビニなどでも利用できる店舗が増え、「WAON POINTカードをお持ちですか?」と聞かれる日が来ると思いますので早めに作っておいて損はないでしょう。

発行手数料・年会費ともに無料で面倒な手続きもなしで入手することができるので以下の入手方法を参考にして入手しておきましょう。

後で説明しますが、既に電子マネー「WAON」、クレジットカード「イオンカード」を持っている方は新たにWAON POINTカードを発行する必要はありません。既に持っているカードに「WAON POINT」を貯めることができます。smart WAONのサービス開始からWAON POINTが自動付与されていますので、後述の会員登録に進んでください。
また、電子マネー「WAON」の「WAONポイント」と「WAONポイントカード」の「WAON POINT」は読み方は同じですが異なるものですので注意してください。

入手場所

WAON POINTカードはイオン系の店舗の承りカウンターで発行しています。

発行時には申込み等の手続きは不要でその場でカードを受け取ることができます。

実際僕も自宅近くのイオン系の店舗のサービスカウンターで店員さんにWAON POINTカードを作りたい旨を伝えるとカードを受け取ることができました。

もちろんその時の買い物からポイントを貯めることができます。

店舗によっては店の出入り口やレジ横等で無人で配布されている店舗もあります。

WAON POINTカードの特典

ここからはこのWAON POINTカードの特典を紹介したいと思います。

特典1 現金等での支払いでもWAON POINTがたまる!

WAON POINTカードではクレジットカードのほかに、現金・ギフト券・商品券での支払いでもポイントがたまります。

WAON POINTカードを支払い時に提示することで200円(税込)ごとに1WAON POINTがたまります。

また、1WAON POINT=1円として買い物時に利用することができます。

ただし、ポイントの利用には後述する会員登録が必要です。

特典2 ボーナスポイントがたまる!

対象商品の購入で通常のWAON POINTに加え、ボーナスポイントがたまります。

ボーナスポイントの対象商品は店舗ごと、週ごと、または月ごとに異なります。

ちなみに通常は税込200円以上の買い物をしないとポイントはつきませんが、ボーナスポイント対象の商品を購入する際は税込200円以下の買い物でもボーナスポイント分のポイントが付与されますので、この場合でもカードの提示を忘れないようにしてください。

ポイントがたまるレートは前述のとおり200円で1ポイントとあまり高くはないため、積極的にポイントをためようと思う人はボーナスポイントの商品を意識しての購入がおすすめです。

特典3 お客さま感謝デー

毎月20日・30日は「お客さま感謝デー」で、WAON POINTカードを提示することで税込価格から5%OFFで買い物ができます。

ビールなど、一部対象外商品あります。

特典4 お客さまわくわくデー

毎月5のつく日(5日・15日・25日)は「お客さまわくわくデー」で、WAON POINTカードの利用で利用金額200円(税込)につきポイント2倍になります。

特典5 ありが10デー(本州・四国のイオン系のみ)

毎月10日は「ありが10デー」で、WAON POINTカードの利用で利用金額200円(税込)につきポイント5倍になります。

本州・四国の一部店舗のみ実施しています。

各種WAONカードを持っている場合会員登録でさらにお得!

「WAONカード」、「GG WAONカード」を持っている場合、後述する会員登録をすることで通常のポイントに加え、利用金額500円(税込)につき1POINTたまります

例えば月間で2,000円の買い物を5回した場合、合計70WAON POINTたまります。(会員登録なしの場合は50WAONポイント)

イオンカードならいつでも2倍

イオンカードのクレジットカード支払いでときめきポイントがいつでも2倍になります。

さらにクレジット・電子マネーWAON・現金などすべての支払いでポイントがたまります。

イオンを一番お得に利用するならこのイオンカードがおすすめです。

特典のまとめと考察

以上、特典の内容をみてきましたが、WAON POINTカードでは現金・ギフト券での支払いでもポイントを貯めることができ、かつイオンの各種割引・ポイントデーが適用されることが特徴です。

これまではイオンの買い物では電子マネーの「WAON」、クレジットカードの「イオンカード」での支払いでしか上記の割引やポイントサービスを利用することができなかったため、電子マネーやクレジットカードを持っておらず、現金や商品券で支払いをしていた人はカードを持っている人に比べて損をしていました。

しかし、今回「WAON POINTカード」が新たに誕生したことで現金やギフト券・商品券での支払いでも各種割引の適用やポイントサービスが利用できるようになりました。

電子マネーやクレジットカードを持つのは嫌もしくは面倒、支払いは現金派の方にとって上記の特典が受けられることはこのWAON POINTカードを利用する大きなメリットとなっています。

また、電子マネーやクレジットカードでの支払いではポイントの二重取りができ、さらにお得になります。

これまでカードを持っていた人はさらにお得になると考えていいでしょう。

会員登録の方法

WAON POINTカードのポイントを使用するためにはウェブ上で会員登録が必要です。

電子マネーやクレジットカードを持たない方は手続きが面倒なため持ちたくないという方もいらっしゃると思いますが、このWAON POINTカードもポイントを利用するためには会員登録が必要です。

会員登録をしないとポイントが利用できません。

特にお年寄りの方にとっては会員登録が少し難しいと感じるかもしれませんが、ここから会員登録の方法を画像つきで説明しますので、参考にしてみてください。

ここではパソコンの画面を例にしていますが、スマートフォン・タブレットでも同じように登録できます。

まずはスマートワオンのページにアクセスします。

smart WAON|スマートワオン(パソコンはこちら)

smart WAON|スマートワオン(スマートフォンはこちら)

次に「会員登録/ログイン」をクリックします。

ワオンポイント1

次に「WAON POINT会員新規会員登録」をクリックします。

ワオンポイント2

利用規約を確認し「同意する」にチェックを入れ「登録手続きに進む」をクリックします。

ワオンポイント3

次に「smart WAONウェブID」(以下からは「ID」と表記)と「パスワード」を入力します。

ワオンポイント4

IDとパスワードは半角英数字、8文字以上20字以内の文字列の中から任意の文字が使用できますが、IDは他の人が先に登録したIDは使えないので注意してください。

IDとパスワードを入力し終えたら登録するカードを選びます。

ワオンポイント5

店頭でWAON POINTカードを発行した方はWAON POINTカード、既にWAONカード・イオンカードをお持ちの方はそれぞれのカードを選択します。

次にカード裏面に記載されている16桁の番号セキュリティコードを入力します。

ワオンポイント6ワオンポイント7

16桁の番号はWAON一体型のクレジットカードの場合はクレジットカード番号を入力します。

裏面のWAON番号ではないのでご注意ください。

番号の入力が終わったら基本情報(氏名・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号)を入力します。

ワオンポイント8

メールアドレスを入力すると本人確認の確認コードが記載されたメールが届きます。(省略可能)

ワオンポイント9

全ての項目を入力して入力内容に間違いがないか確認したら「入力完了」をクリックします。

画面が遷移されスマートワオンのトップページが表示されたら会員登録完了です。

メールアドレスを入力した方は本人確認用のコードが届くので、トップページの本人確認のお願いから本人確認を行います。

これで支払いの際にWAON POINTを利用することが可能になります。

なお、一部の店舗では郵送による会員登録も受付しています。ウェブでの会員登録がよく分からない方は各店舗のサービスカウンターでお尋ねください。

ポイントの貯め方

WAON POINTがたまる・使えるお店はスマートワオンの公式ページから確認できます。

2016年12月には、新たにイオン系のコンビニエンスストア「ミニストップ」でもWAON POINTカードが使えるようになりました。

ポイントの貯め方は前述した加盟店での買い物の他にウォーキングでたまるといった方法もあります。

スマートフォンをお持ちの方は専用歩数計アプリ「CARADA」または「RenoBody」とsmartWAONウェブIDを連携することでポイントをためることができます。

当月1日~末日までの、1日8,000歩を達成した回数にしたがって翌月末までにWAON POINTがまとめて付与されます。

また、キャンペーンとして、目標となる歩数を達成した人にWAON POINTが付与されるキャンペーンも不定期に実施されています。

今後も不定期にポイントが獲得できるキャンペーンが実施されることと思いますのでアプリと連携させておいて損はないかと思います。

CARADA

CARADA
開発元:MTI Ltd.
無料
posted with アプリーチ

RenoBody~歩くだけでポイントが貯まる歩数計アプリ~

RenoBody~歩くだけでポイントが貯まる歩数計アプリ~
無料
posted with アプリーチ

ポイントの確認

今現在、貯まっているポイントがどれだけあるのかは買い物したときのレシートの下に記載されています。

また、スマートワオンにログインすることで保有ポイント数を確認することができます。

ポイントを使う

会員登録が終わったらWAON POINT加盟店での買い物でたまったWAON POINTを利用することができます。

現在はイオン系列の店舗が中心ですがこれから加盟店が増えていくものと思われます。

ポイントを使う際はレジでの会計時に「ポイント使います」と申し出て、使いたいポイント数をレジ担当の店員さんに伝えることで買い物の代金をポイントで支払うことができます。

ポイントを使う際は前述の会員登録を忘れないようにしておきましょう。

また、WAON POINTを電子マネーの「WAON」に交換することもできます。

ポイントがわけあえる

また、家族でポイントをわけあえたり、友だちにポイントをプレゼントすることも可能です。

家族でポイントをわけあうにはIDを家族どうしで登録することで可能となります。

また、友だちにプレゼントするにはスマートワオンアプリが必要です。

smart WAONアプリ

smart WAONアプリ
無料
posted with アプリーチ

まとめ

今回はイオンの新しい「WAON POINTカード」の使い方と特典、会員登録の方法を紹介しました。

今回の新しいカードが誕生したことでイオンのカードの種類が多くなりややこしくなりましたが、既存のカードである電子マネーの「WAON」、クレジットカードの「イオンカード」、そして今回新たに生まれた「WAON POINTカード」の3つがあると思っていただくと理解しやすいと思います。

以下にカードの種類と貯まるポイントを表にまとめてみました。

イオンで使えるカードイオンカードWAONWAON POINTカード
カードの種類クレジットカード電子マネーポイントカード
支払方法クレジット決済
電子マネーWAON
現金・商品券・ギフト券
電子マネーWAON現金・商品券・ギフト券など
たまるポイント(支払方法)ときめきポイント(クレジット決済)
WAON POINT(電子マネーWAON、現金・商品券・ギフト券)
WAON POINT(会員登録あり)
WAON ポイント(会員登録なし)
WAON POINT

表を見ていただくとわかると思いますが、どのカードを使っても「WAON POINT」を貯めることができます。

クレジットカードを使わずにポイントをためるなら「WAON POINTカード」、クレジットカードでイオンを最大限にお得に利用しポイントもためるなら「イオンカード」がおすすめです。

これから加盟店もどんどん増えていくとみられるWAON POINT。いずれにしてもイオンをお得に利用するならカードは必須です。



以上、大ちゃんがお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (19)
  • 参考にならなかった (5)
  • どちらでもない (2)
プッシュ通知を

コメント

タイトルとURLをコピーしました