スポンサーリンク

【大改悪?】WAON POINTカードの変更点と感謝デー特典を受け続ける方法を解説

節約
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。節約が好きな大ちゃんです。

先日、2020年4月1日(水)から、イオンのポイントカードである「WAON POINTカード」(読みは「ワオンポイントカード」で赤紫の方のカード)の特典が変更されるとの旨がイオン公式サイトで発表されています。

参考WAON POINTカード特典変更のお知らせ|イオン

そこで今回はWAON POINTカードの特典の変更点を説明していこうと思います。

結論を先に言うと、今回の変更は、はっきり言って改悪ですので、変更点の詳しい説明に加え、変更後もお得に買い物を楽しめる具体的な対処法も説明していこうと思います

スポンサーリンク

【2020年4月1日から】WAON POINTカードの特典が大きく変更

変更点その①現金専用のポイントカードとなる

イオンリテール公式サイトより

まず、WAON POINTカードの一つ目の変更点として、ほぼ完全に現金専用のポイントカードとなります。

実はこれまでは現金以外に、イオン以外の他社発行クレジットカードや電子マネー、それに商品券等で支払いをするときにも、レジにてWAON POINTカードを提示すると、税込200円につき1ポイントのWAON POINTが付与されていましたが、4月からはポイント付与の対象外となります。

例えば、これまでは「クレジットカードのポイント」と「WAONポイント」の二重取りが可能でしたが、2020年4月からはこの方法が封じられ、ポイントの二重取りをすることが不可能となってしまいます。

ですので、イオンでの買い物で、主にイオンカード以外のクレジットカードを使って買い物をしている方にとっては改悪となります。

例外として、イオン商品券やイオンギフトカードでの支払いはポイント対象のままとなりますが、4月からは基本的にWAON POINTカードでポイントがつくのは現金での支払いオンリーになると理解してください。

したがって、2020年4月からはイオンで買い物をするときにポイントの二重取りすることができなくなります。

変更点その②お客さま感謝デーの割引対象外となる

イオンリテール公式サイトより

次に二つ目の変更点ですが、WAON POINTカードはお客さま感謝デーの割引対象外となります。

特に今回、僕はこれが一番の改悪点だな思いました。

というのも、イオンでは毎月20日と30日にはお客さま感謝デーが実施されており、2020年3月までは、WAON POINTカードを含め、イオンカードや電子マネーのWAONで支払いまたは提示すると、ほとんどの商品が5%オフになります。

しかし、2020年4月からはWAON POINTカードがお客さま感謝デーの対象から除外され、カードを提示しても5%割引の特典を受けることができなくなります

僕のTwitterでも紹介しましたが、この点についてはかなりの改悪で、こちらも主にイオンカード以外のクレジットカード、または現金で支払いをしている人にとっては正直に言って大改悪です。

ちなみに、こちらは4月の最初の感謝デーである4月20日(月)から適用されますので、3月30日(月)がWAON POINTカードの提示で5%オフの特典が受けられる最後の感謝デーとなります。

変更点その③ボーナスポイントの付与も対象外になる

イオンリテール公式サイトより

店舗により異なりますが、イオンで売られている商品には期間限定でボーナスポイントが設定されている商品があります。

これまでWAON POINTカードで買い物すると通常のポイントに加え、ボーナスポイントも付与されていますが、2020年4月からはボーナスポイントの付与もWAON POINTカードでは対象外となります

WAON POINTカードを持つメリットはもうない?代替案も紹介

感謝デーの割引対象外となるのは痛手

ここまで、2020年4月からのWAON POINTカードの変更点を3つ説明しましたが、どれについてもほとんどの利用者からしたら改悪だと思います。

特に二つ目の紹介した、WAON POINTカードが感謝デーの割引対象外となるのはかなり痛い変更点です。

また、「ポイントが貯まるから」、「イオン以外の他でのお店でも使えて便利だから」といって他社のクレジットとWAON POINTカードを併用していた人、

そして現金で支払いをしていた人にとっては死活問題とまでは言いませんが、家計や財布のことを考えると悩ましいことだと思います。

じゃあどうすればいい?対処法や代替案を紹介

ではこれまで通り、WAON POINTカードを使っている人がお客さま感謝デーの5%割引の特典を受けるためにはどうしたらいいのか、

また、これからもお得に買い物を楽しむ方法を含め、いくつか代替案を紹介しておきます。

他社クレジットカードを使っている人⇒イオンカードを作る

まず、他社のクレジットカードを使っている人は、この機会にイオンカードを作ってしまうのもアリでしょう。

もともとクレジットカードを持っている方であれば審査も問題なく通過できると思います。

デメリットとして、ポイントの二重取りはできなくなりますが、イオンカードを持っていると、感謝デー割引の5%に加え、ボーナスポイントも貯まったり、イオンカード限定のお得なキャンペーンも定期的に開催されていたりしますので、

今は他社のクレジットカードを使っているけど、イオン系のお店をよく利用する

という人なら、特典が変更される前までにイオンカードへ乗り換えておけばまず間違いはないでしょう。

現金で買い物をしている人⇒イオンカード or 電子マネーWAONを発行する

次に支払い時にWAON POINTカードを提示して現金で支払っている方について。

この場合、前述したように通常のポイントは貯まりますが、感謝デーの対象外となったり、ボーナスポイント付与の対象外となったりするなど、デメリットが多すぎます

ですので、これまでどおりイオンをお得に利用するのであれば、思い切ってイオンカードを作ってしまうのが一番損しない方法です。

しかし、デメリットとしてイオンカードの発行には審査があります。

したがって、審査に通過できないのであれば、電子マネーのWAONを発行しましょう。

なお、イオンカードの発行は無料ですが、WAONの発行には300円がかかります

しかし、イオンを日常的に利用する人であれば、6万円以上の買い物 +感謝デーの割引特典で十分賄える金額だと思いますので、イオンカードの審査に通らない方は電子マネーのWAONに切り替えるとよいでしょう。

ちなみに、国の政策としてもキャッシュレス社会が推進されていますので、この機会にキャッシュレス決済に挑戦してみるのも十分アリかなと僕は思います。

イオンではなく他店を利用する

イオンはたまに行く程度でそんな買い物をしないけど、なんとなくお得だから持っていただけ

とか、

 

イオンカードとかWAONとか私にはイマイチよく分からない・・・

という方は、イオンで買い物をするのを辞めるのも一つの手です。

別にイオンではなくてもスーパーはたくさんありますし、特売日であればイオンの感謝デーよりも安い価格で売っているスーパーは実はたくさんあります

ですので、これまで感謝デーは5%引きになるという理由でなんとなく安く感じるイオンに盲目的に行っていた人は、この機会にイオンで買い物をするのはいったん辞め、家計の見直しを行い、いつも行くお店を変えてみるのもおすすめです。

商品にもよりますが、中にはネットスーパーの方が安い場合もありますし、最近ではドラッグストアでも食料品が売られている店舗も増えました。

さらに、頻繁に特売もやっているお店も多いですので、これをきかっけに「イオンを見切る」という判断もOKだと思います。

なお、その際はWAON POINTカードにたまっているポイントを全部使ってしまうのを忘れないようにしてくださいね。

また、近所のスーパーやドラッグストアの特売情報を手に入れるにはこちらの「Sfuhoo!」(シュフー)というアプリが大変便利です。

Tポイント×シュフー

Tポイント×シュフー
開発元:Culture Convenience Club Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

家で新聞を取っていなくても近所のお店のチラシがスマホのアプリで簡単に見ることができるので、特売のお知らせやお得な情報を見逃すことがなくなりますよ

「Sfuhoo!」についてはこちらの「Tポイントとお買い得情報を同時に毎日ゲットできる「Tポイント×Shufoo!」アプリの紹介」という記事で詳しく紹介しているので、使い方を詳しく知りたい方はこちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

Tポイントとお買い得情報を同時に毎日ゲットできる「Tポイント×Shufoo!」アプリの紹介
こんにちは。節約が好きな大ちゃんです。 今回は僕が愛用している節約系アプリのひとつである「Tポイント×Shufoo...

最後に

今回はイオンのポイントカードである「WAON POINTカード」の特典の変更点について詳しく見ていきました。

変更点のまとめとしては、

  1. 現金専用になる
  2. 感謝デーの割引対象外になる
  3. ボーナスポイントの付与対象外となる

の以上3点で、これはどれも利用者からするとはっきり言って改悪です。

特に感謝デーの5%割引対象外となるのは痛手でして、代替案としては、

  • イオンカードを発行する
  • 電子マネーWAONを発行する
  • 他店を利用する

の3つを紹介しました。

消費税の増税もあった中、特典が改悪されるのは残念ですが、まだまだイオンでお得に買い物を楽しむ手段も残されていますので、ぜひ今回紹介した代替案で改悪を乗り切って、楽しく節約に取り組んでいきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

イオンカードの発行はこちらから↓↓

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメント

「自由な人生を手に入れる教科書」を無料配布中!
【無料】ダウンロードはこちらから
「自由な人生を手に入れる教科書」を無料配布中!
ダウンロードはこちらから!
タイトルとURLをコピーしました