夢民島〜むみんとう〜

うつ病&コミュ障で働けないけど、ブログでどこまで稼げるか挑戦してみる

正社員になれなかったら人生終了とかバカすぎる

※この記事は約8分で読めます。

calendar

reload

正社員になれなかったら人生終了とかバカすぎる

こんにちは。うつ病ブロガーの大ちゃんです。

「大学を卒業したら正社員として就職すべきだ」

と、僕らは子どもの頃から言われ続け、それが正しいかのように信じてきてこれまで生きている人が大半だと思います。

僕もうつ病で会社を退職せざるを得なくなったときまで、「正社員じゃなきゃ人生終了」と思い込んでいました。

ですが、これまで僕が思っていたように、「本当に正社員になれなっかたら本当に人生終了なのだろうか?」

現在、うつ病で無職の僕が考えたことを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

全ての人が正社員になるのは不可能

パイは決まっている

少し前の記事にも書きましたが、大学を卒業した人全員が正社員として就職することは不可能です。

参考学歴は必要?大学に行くべきかどうか【人的資本論とシグナリング理論】

正社員としてのパイは決まっているので、誰かが正社員になれば誰かは正社員になれないのです。

また、今、正社員の方でも、これから先ずっと正社員であり続けることが難しくなってきています。

就職氷河期、不景気、ブラック企業、全人格労働、パワハラ・セクハラ、リストラ、倒産、うつ病、過労死…

今挙げたことにあなたが絶対に遭遇しないという保証はどこにもありません。

現在正社員である、または正社員を目指している限り、あなたはこれらのリスクがあるということを常に考えておかなければならないのです。

そうでもあるにもかかわらず、正社員になれなかったら人生終了なんていう考えをすること自体が、僕はばかばかしいと思うようになったのです。

正社員が勝ち組?

しかし、日本という国の人間は「正社員は勝ち組、非正規社員やフリーターは負け組」、特に現在正社員の人の中には「正社員である自分が正しい、正社員以外の人間は間違っている」と言わんばかりに主張を振りかざしてくる人も多いです。

ただよく考えてみてください。

他人と比べて優劣や勝敗を持ちこんであなたは幸せですか?

「俺は正社員、お前は非正規社員、だから俺は幸せだ。」

違いますよね。

そういう人は他人と比べて相対的に自分の方が正しいと言いたいのでしょうけど、人生というものは他人と比べることで計るものではないと僕は思います。

人生に勝ち負けや正解なんてありません。最終的には自分が納得するかどうか。

そう考えると正社員であるかないかとか関係ないと思うんですよね。

ここからは僕の個人的な考えですが、見方によってはこう考えることもできませんか?

「80年余りしかない短い人生のうち半分以上である40年もの月日をやりたくない仕事を我慢してする方がよっぽどバカじゃないか」と。

誰のために働いているの?

他人のために働いていない?

会社員やサラリーマンをディスるつもりは一切ありませんが、今の仕事に満足していない人はこの先も読み続けていただきたいです。

少し考えてみてください。あなたは誰のために働いていますか?

  • 「食っていくため」
  • 「家族を養うため」
  • 「大人は働くもの」

ここで一つ断っておきますが、僕は家族のためなど、他人のために働くことを否定するつもりはないです。

ただ、僕はたぶん自分勝手で他人のために働くということができないので、むしろ他人のために自分を犠牲にしてまで働いている人ってすごい偉いなあ、と感服するのですが、少なくともその理由はあなたがその会社で40年以上も働かなければばらない理由にはならないですよね

そして、あなたは気付いていないかもしれませんが、会社に雇用されて働くということは経営者や株主の懐のために働いていると考えることもできます

参考うつ病無職が考える 働いたら負けは本当だった【ただし語弊があります】

サラリーマンは結局「社畜」にしかなれない

一昔前まで、バブル経済がはじける前までは年功序列制によってサラリーマンであり年齢を重ねるごとに昇進し給料も上がるといった日本的雇用制度が維持できた会社が多かったですが、経済成長が低迷し、IT化やグローバル化が進むにつれて年功序列制を維持できる会社は少なくなってきています。

サラリーマンであれば社長も狙えるといった概念は、とっくに夢物語になって崩れ去っているのです。

最近の社会状況、経済状況をよく考えてみるとそういった年功序列という概念はこの先何年も続けていけるとは僕は思いません。

しかし、上記の参考記事にも書いていますが、生きるためには人間は働かなくてはなりません

そして、どんな仕事を選ぶのかについては本人の自由ですので、そこをとやかく言う筋合いは僕にありませんが、「本当はこんな仕事したくないのに家族やお金のために仕方なく嫌々働く」というのであれば、僕はそれはちょっとおかしいのではないかと思わざるを得ません

もし、あなたが誰かのために嫌々働いているのだとしたら、それはりっぱな社畜の何者でもありません。

死ぬまで働くことを前提で

話は変わりますが、日本は少子高齢化が進み人口が減り始めています。

これから先、働き盛りである労働力人口がますます減少し、そのため年金の受給開始年齢が引き上げられればおのずと定年が引き上げられることになるでしょう。

(年金制度が維持できるのかもビミョーですが…)

そうすると、働かなくてはならない期間は間違いなく増加します

一億総活躍社会だとか言われていますが、本当に冗談抜きで死ぬまで働かなければ生きていけない時代になる可能性もあります。

先ほど、「80年余りしかない短い人生のうち半分以上である40年もの月日をやりたくない仕事を我慢してする方がバカじゃないか」と書きましたが、もしやりたくもない仕事を死ぬまで続けなければならないとしたら、死んだ方がマシだと思う人もでてくるでしょう

これから先の未来を考えると、死ぬまで働くことを前提で考えておかなければ生活できない恐れも十分にあり得ます

厳しいことを書きましたが、景気がよくなっていくとも思いませんし、少子高齢化が治まり、逆にこれから人口が増えていくとは僕は思いません。

それでもまだ好きなことを仕事にするより正社員の方が良いと思いますか?

と言うより、将来はそもそも「正社員」と言う肩書きはなくなるかもしれません。

参考正社員は幻?同一労働同一賃金から考える

楽しい仕事を探すのは労働者の義務

ここで少し考えてみてください。

あなたはスーパーやコンビニの店員が辛そうに苦しそうに嫌々働いているのを見てそのお店で商品を購入しようと思いますか?

あなたは飲食店で従業員が辛そうに苦しそうに嫌々働いて作った料理を食べようと思いますか?

あなたは人が仕事の能力を発揮できるのは「その人が楽しんで働いている時」と「嫌々辛そうに働いている時」のどちらだと思いますか?

僕はもちろん前者だと思います。

「仕方ないから」と消極的な理由で働いているということは、十分な能力を発揮できずに働いているということになります。

もしあなたが嫌々働いているならお客さんも会社もそしてあなた自身も誰も幸せになりません。

労働者が楽しいと思えるような仕事を探すのは権利ではなく義務だと僕は思います。

あなたが楽しいと思う仕事をすることはあなた自身が幸せになるだけではなく、社会全体の利益にもなるのです。

正社員でない方が選択肢は広い

正社員として就職できなくても人生は終わりではありません

終わるどころかむしろ僕は正社員でない方が幅広い選択肢や生き方ができるということに気付かされました

僕は現在うつ病療養中で世間からみたらただの無職です。

それでもブログに文章を書いて収益を得ているのです。

本来、人はさまざまな生き方を選べるのです。

「正社員でなければならないと誰が決めたのですか?」

今の仕事に満足していない人は一度自分の仕事を見直してみてはいかがでしょうか?

正社員という荷を降ろした時、自分らしい生き方につながる仕事の選択肢が見えてくるのかもしれません。

また、以下で紹介している『自由な人生を手に入れる教科書』という本は、そんな「正社員じゃなければ生きていけない」と思っている人の価値観を180度変えてくれ、正社員とか非正規社員とかという肩書抜きに「本当に幸せな人生を送るためには何が必要なのか」教えてくれる一冊です。

僕もこの本を読んだことがきっかけで、「別に正社員にならなくても生きていけるし、むしろ経済的に自由になりたいのならば正社員にはなってはいけないんだな」と思い知らされてこのブログを開設した経緯があります。

ですので、もしあなたが僕のこの記事をここまで読んできて、正社員になることに疑問に思っているのならばぜひ一度は目を通して読んでいただきたい本です。

また、通常ではこの本は1,000円するのですが、以下のリンクからだとなんとこの本の電子書籍版が無料でダウンロードすることができます。

僕もこの本を読んでこれまでの常識がひっくり返り、ものすごく感銘も受けたのでオススメしたい一冊です。

この記事も、この本に触発され、「こういうことはより多くの人に知ってもらいたい!」という思いで僕はここまで書いてみました。

下記のリンク、または画像をクリックすると、電子書籍のダウンロードページへ移動できますので、ぜひ一度読んでみてください。

『自由な人生を手に入れる教科書』を無料で読んでみる

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (47)
  • 参考にならなかった (4)
  • どちらでもない (1)
プッシュ通知を

関連記事&スポンサーリンク



この記事をシェアする

コメント

  • 全員が正社員として就職するのはありえない時代なのに、非正規社員を見下す人はたくさんいます。どう働くのが幸せか感じるのは自分なのに人と比べる必要があるのか?と疑問を持ちます。どんな雇用形態であろうと安定してないのに、雇用形態の身分差別があるというのも人としてどうかと思いますね。

    by eri 2017年6月20日 1:03 PM

down コメントを残す




CAPTCHA


書いている人

大ちゃん

社会人1年目で就職した会社で過労・睡眠障害によりうつ病を発症後、休職から退職に追い込まれた26歳の男。現在はうつ病療養の傍ら複数のサイトを運営。当ブログ『夢民島』は毎月5万人以上の人に読まれています。 [詳細]

folder お知らせ

当ブログ「夢民島」を常時SSL化しました!
more...

folder アトピー性皮膚炎

正直うつ病より辛いアトピー性皮膚炎が障害と認定されないのは絶対におかしい件
more...

folder テレビ

ストロベリーナイトの前作が再放送できない理由
more...

folder 政治

参議院選挙に思うことと若い有権者に伝えたいこと
more...

folder 音楽

ゆっぴの歌う『メロンパンのうた』がゆるさ全開で面白い!
奈良のご当地ソングを10曲厳選して紹介!
『おふろのうた』をガチで考察してみた
more...

folder 旅行記

大阪周遊パスはどれだけお得になるのか?実際にパスを使って観光してみたまとめ
青春18きっぷで行く豊岡・出石日帰り観光
青春18きっぷで行く日帰り尾道観光
more...

folder 登山

大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
六甲山登山【阪急岡本~有馬温泉約9㎞コース】
more...

folder 京都

JR京都駅から地下鉄京都駅への乗換案内
京都地下鉄1日乗車券でラクラク観光!優待特典もあって便利でお得!
JR京都駅から近鉄京都駅までの乗換案内
more...