【初心者必見!】読者の役に立つ記事を書くために大切なこと3つ

※当ブログにはアフィリエイト広告が含まれます。

「読者の役に立つ記事って具体的にどう書けば良いのだろう?」

当記事ではこういった悩みを解決します。

ブログやサイトを運営し、アフィリエイト等で収益を上げるには、読者の役に立つ記事を書くことが必要です。

ですが、読者の役に立つ記事って具体的にどういった手順で書けば良いか悩んでいる人も多いはず。

そこで当記事では読者の役に立つ記事の具体的な書き方を解説しています。

当記事を最後まで読めばあなたも読者を満足させる良質な記事が書けるようになりますよ。

読者の役に立つ記事を書くうえで大切なこと

読者の役に立つ記事を書くうえで大切なことは以下の3つです。

  1. 何のために書くのか?(What)
  2. 誰に向けて書くのか?(Who)
  3. 何を、どのように書くのか?(How)

この3つを明確化しておけば、記事を書く際に「軸」が定まります。

以下ではこの3つのポイントを順番に解説していきます。

①何のために書くのか?(What:目的)

まずは、記事を書く「目的」の明確化です。

おそらく、当記事を読んでいるあなたは「アフィリエイトで稼ぎたい」からでしょう。

もちろん、最終目的は「稼ぐこと」で良いと思います。

しかし、その考えはいったん脇に置いておいて「ブログを運営すること自体の目的」を考えて見てください。

たとえば、

  • 自分がこれまで学んだ知識をブログに残しておきたい
  • 自分と同じような悩みを持つ人の役に立ちたい
  • 自分と同じ志を持つ人とブログを通じて交流したい

など、ブログを運営する「目的」を明確化しておきましょう。

これは1つだけでなく複数あってもOK。

目的を明確化しておくと記事更新のモチベーションも維持できますし、途中で面倒になってやめてしまうということもなくなります。

ちなみに、僕の場合、このサイト以外にもいくつかサイトを運営しているのですが、その中の1つである「乗換案内ナビサイト」は、方向音痴の人でも迷わずに駅から駅への乗り換えがスムーズにできるように、「読んだ人を絶対に迷子にさせない!」というのが目的の1つです。

そのため、パソコンに向かって作業するだけでなく、実際に現地に行って写真を撮り、他のサイトよりも分かりやすいようにたくさんの写真と解説を載せて駅ごとに1つずつ記事を作っていきました。

実際に現地に行くのは記者になったような気分で楽しく取材や撮影ができましたし、「どうやって解説すればより分かりやすくなるかな?」などと考えながら記事にする作業はとても楽しく、1年以上更新を続けることもできました。

このように、「何のために書くのか?」という目的を明確化しておくことで、モチベーションを維持し、どんな時でも安定して書き続けることができます。

これはアフィリエイトに限らずどんなジャンルのブログやサイトでも非常に重要なポイントとなりますので、実際にブログを作る前にまずはじっくり考えておきましょう。

②誰に向けて書くのか?(Who:対象)

これは後々の「ターゲティング」にも共通しますが、「あなたのサイトや記事はどんな人に読んでもらいたいのか?」ということです。

というのも、誰に向けて書くのかによって、文章の表現方法が大きく変わっていきます。

したがって、「誰に向けて書くのか?」ということは常に意識すべき重要なポイントなのです。

この点がしっかりしていないと、あなた自身はもちろんのこと、サイトを読んでいる方も違和感を覚え、ファンになってくれません。

たとえば、同じ「アフィリエイト」をテーマにしても、

  • 空き時間にお小遣い稼ぎとしてアフィリエイトに取り組みたい主婦に向けて書く場合
  • 給料の他に副収入を得たいと思ってアフィリエイトに取り組みたいサラリーマンに対して書く場合
  • アフィリエイトサイトを運営しており、ゆくゆくは起業や独立したいと考えている大学生に向けて書く場合
  • すでにアフィリエイトで独立しており、組織化してさらに収益を大きくしたいと考える経営者に向けて書く場合

といったように、「誰に向けて書くのか?」ということだけでも、記事の内容も書き方も全く変わっていきます。

たとえば、月に5,000円のお小遣いが欲しい主婦に「会社を設立して独立する方法」は不要ですし、逆に会社を立ち上げたい人に「月5,000円を稼ぐ方法」はいらないわけです。

あなたが作るサイトや記事は「誰に」伝えたいメッセージなのか、「どんな人」に読んでもらいたいのかを明確化することで、記事にも一貫性が生まれます。

そうすると、読者はあなたのファンになってくれやすくなります。

そのため、「誰に向けて書くのか?」を最初によく考えて、慣れるまでは常に意識しながら記事を書くようにしましょう。

③何を、どのように書くのか?(How:内容・表現方法)

先ほどの「誰に」向けて書くのが決まれば、「何をどのように書くのか?」ということも見えてきます。

たとえば、主婦に向けて書く場合は柔らかい文体を使った方が好まれますし、サラリーマンの方に向けて書くのであれば、少し固い文体の文章になるかもしれませんね。

このように、誰に向けて書くのかによって、内容や表現方法が変わってきます。

また、専門家に向けて書くのであれば、専門用語をたくさん使った方が伝わりやすくなりますが、一般人に向けて書くのであれば専門用語はあまり使わない方が良いでしょう。

一般人に向けた文章の場合、専門用語には注釈を入れて説明したり、たとえ話を入れたりしてできるだけ丁寧に分かりやすく説明する必要があります。

さらに、文章が中心になるのが画像やイラストなどを多用するのかといったことも「誰が読むのか?」が決まっていれば、ブログの運営方針や方向性もある程度は決まってきます。

最後に

  1. 何のために書くのか?(What)
  2. 誰に向けて書くのか?(Who)
  3. 何を、どのように書くのか?(How)

以上3つが読者の役に立つ記事を書くうえで最低限おさえておきたいポイントです。

この3つはアフィリエイトで稼ぐための記事を作るためには外せない基本的な基礎知識です。

そのため、慣れるまでは必ず意識して記事を書いていってくださいね。

なお、「目的」「対象(ターゲット)」「内容・表現方法」はセットで考える必要があります

なぜなら、セットで考えることで一貫性が生まれるからです。

たとえば、ある記事では主婦向けに育児の記事を書いているのに、別の記事ではサラリーマン向けに投資や副業の記事を書いていると「このサイトって一体何のサイトなんだ?」というように読者は混乱してしまいます。

ですが、一貫性があると「このサイトは自分のために必要な情報が書かれているサイトなんだな」と読者は思ってくれるので、信用してくれるようにもなりますし、ファンにもなってくれやすくなります。

読者の役に立つ記事を書くことはアフィリエイトで稼ぐための必須条件です。

ぜひ当記事を参考にしてあなたも読者の役に立つ記事やブログを作っていきましょう!

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (0)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA