夢民島〜むみんとう〜

うつ病&コミュ障で働けないけど、ブログでどこまで稼げるか挑戦してみる

うつ病回復期はどう過ごせば良いのか

※この記事は約5分で読めます。

calendar

こんにちは。大ちゃんです。

僕はうつ病と診断されてから約9か月が過ぎました。

自己判断ですが、僕自身はうつ病の急性期は過ぎ現在は回復期を向かえていると思います。

この記事では僕がうつ病回復期の独自のつらさとうつ病回復期の患者さんがどう過ごせばよいのか今の僕の体験談から思うことを書いていこうと思います。

同じうつ病で回復期を向えて焦っている人の参考になれば嬉しいです。

(2016年9月26日に記事を加筆・訂正しました。)

スポンサーリンク

体力が続かない

なんといっても体力が毎日持たないです。

うつ病になる前の体力と比べると全然体力がありません。

例えば調子が良くなったと思い1日行動すると、その後2~3日間はほぼ寝たきりになります。

1日普通の人のように仕事や家事や運動をすると次の日は必ずダウンします。

普通の人ならその日の疲れは一晩十分に眠ると取れると思いますが、僕の場合は体力を回復させるのに最低でも2日はかかります。

調子が良いと思って活動量を増やすと翌日にはまた悪化します。

僕は最近の2~3か月はその繰り返しの毎日です。

僕はつい調子が良くなると嬉しくて早く元の身体に戻そうと思い運動量を増やしてしまうのですが、次の日は起き上がれなくなるほどの倦怠感に襲われます。

つまり無理をしているということです。

「気持ちはあるのに体力が続かない。」

「体力がないとやる気も起こらない。」

このサイクルが本当に治ってきているのかとても不安になり、悪循環に陥るのですね。

僕は脳が「これ以上動くと危険だぞ。」と命令を出して守ってくれているものだと思い、割り切ることにしました。

この対処法ですが、調子が良いと思った日でも100%の活動を行うのではなく、60%ほどの力で活動をしてみることを心がけることが大切かなあと僕は思います

しかし60%といってもゲームのように数値で出るわけはないのでそこが難しいところなんですけどね。

参考「60%できたら合格」ってどういうこと?なんで60%なの? |ナミうつブログ

家族の理解が得られない

僕は実家で過ごしており、母は自身もうつ病になったこともありよく理解してくれるのですが、父は一切理解を示してくれず、心配してくれるどころか引きこもりの僕を見て挙句の果てに「お前は仕事もせずにうらやましいな」と嘲笑しているようです。

僕は機能不全家族で育ちアダルトチルドレンであると自覚しています。子どものころからずっと父の理不尽な言動に耐えていました。このような親を俗に「毒親」と呼ぶそうです。

参考僕が生きづらい理由

(父自身も「毒親」に育てられたようです。)

僕は現在無職でうつ病になってからは家族に養ってもらわなければいけない立場になってしまいました。

そのプレッシャーが僕の精神に重くのしかかります。

父のプレッシャーから逃れるためバイトでもいいから仕事に行ってお金を稼いで自分の生活費だけでも自分で賄いたい。

しかし上記のように体力が持たない。

僕は「働きたくても働けない」状態が続いています。

真面目な性格が余計生きづらさに

ここまで読んだ方は週1回3時間ほどでもアルバイトに行けばいいのではないか。

アルバイトなら責任もないし短時間で働けるのではと思われたことと思います。

しかし僕は超がつくほど真面目な性格のため体調のせいで遅刻や欠勤をし職場の人に迷惑をかけることが許されない、また仕事だからお客さんにとっては社員であろうがバイトであろうが関係ないと思う責任感から外で働くことに躊躇してしまいます。

僕は前職は警備員をしていたのですが、やはり仕事が原因でうつ病になったので「仕事」となると身構えてしまいます。

よく仕事を「上手にサボる」人がいますよね。例えば業務中上司が見てない時に携帯をいじったり休憩を取ったり等。

僕は真面目過ぎてそんな真似は到底できません。

こんな考え方が僕がうつ病になった理由の一つだと思うのですがこれは個人の性格の問題で変えることは難しいです。

うつ病になった方はこのような真面目さに悩まされて余計生きづらくなるんだろうなあと僕は思います。

在宅ワークを行うことに

ではどうすれば良いのか?

実は僕はインターネットのサービスを利用して学生時代からポイントサイトやアンケートサイトなどから月100円~1,000円ほどのお小遣い程度ですが収入を得ていました。

参考D STYLE WEBの会場調査で4,000円頂きました

そしてインターネットにつながったパソコンやスマートフォンがあればお金は稼ぐことができるということを知っていました。

その延長もあって自宅でもできる仕事である在宅ワークを始めました。

仕事内容は主にデータ入力や文章作成などです。

これは自宅でパソコンに向かうだけで仕事ができ収入を得ることができるのでうつ病回復期の中、外で働くことに不安がある僕のようなうつ病回復期の方にはもってこいの仕事だと思います。

ブログを執筆

僕は在宅ワークと並行してブログを書き始めました。

それが当ブログ「夢民島」です。

ブログを始めようと思ったきっかけは当ブログの1記事目である「うつ病で無職になって7か月でブログを始めてみた」というエントリーに詳しく書いていますが、うつ病になってから考え方も変わり文章を通して自分のことを表現したいと思うようになったからです。

自分の書いた文章が誰かの役に立てばいいなあと思い、そして自分のためにも人のためにもとなれば一石二鳥だと思いながら当ブログを書いています。

実は僕はこのブログ以外にもサイトを運営しておりわずかながらもそのサイトから広告収入を得ています。

自分の書いた記事が誰かの役に立っている、そしてそれで収入を得るということは僕たちのようなうつ病になって無職になり社会とのつながりがない人にとってはとても有効なのではないかと僕は思います。

これらの活動で生活費が賄えるほどは稼げませんが、収入を得ながら社会に関わっているという自覚を持つことがうつ病の治療やリハビリには必要なことだと思います。

まとめ

仕事にしても学校にしても家事にしても自分にできることから少しずつ無理せずに、そしてやってみようと思ったら少しでいいので何かやってみることで生きがいや人生の目的が見つかるかもしれません。

僕は「こんなうつ病無職の自分でも誰かの役に立ちたい」、「文章を書いて自己表現したい」そして「文章を書くことによってお金を稼ぎたい」と思ったため、今日もブログを書いています。

うつ病回復期で何か仕事をしなければと焦っている方、でも外で働くことに不安を感じている方はまず在宅ワークから始めてみてはいかがでしょうか

もちろん自分の体力と相談して60%の力以上は出さないようにしましょう。

という僕もつい調子の良い時は100%以上の力を出してしまうんですけどね。(笑)

★この記事は参考になりましたか?
  • 参考になった (4)
  • 参考にならなかった (0)
  • どちらでもない (0)
プッシュ通知を

関連記事&スポンサーリンク



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

うつ病の状態はまるで電池の劣化したスマホのようだ
うつ病の治療には日記が効果的だと思う3つの理由
うつ病になって生きている意味が分からない時の考え方
うつ病に自律訓練法は効果があるのか?
【無職はつらいよ】うつ病で無職になって1年たったので振り返ってみる
僕がうつ病になるまでの過程

書いている人

大ちゃん

社会人1年目で就職した会社で過労・睡眠障害によりうつ病を発症後、休職から退職に追い込まれた26歳の男。現在はうつ病療養の傍ら複数のサイトを運営。当ブログ『夢民島』は毎月5万人以上の人に読まれています。 [詳細]

folder お知らせ

当ブログ「夢民島」を常時SSL化しました!
more...

folder 政治

参議院選挙に思うことと若い有権者に伝えたいこと
more...

folder 副業

副業の解禁や推進は大量倒産・大量失業時代への伏線だと思えてならない話
ビデオリサーチの会場調査に行ってきた
D STYLE WEBの会場調査で4,000円頂きました
more...

folder 音楽

ゆっぴの歌う『メロンパンのうた』がゆるさ全開で面白い!
奈良のご当地ソングを10曲厳選して紹介!
『おふろのうた』をガチで考察してみた
more...

folder 旅行記

大阪周遊パスはどれだけお得になるのか?実際にパスを使って観光してみたまとめ
青春18きっぷで行く豊岡・出石日帰り観光
青春18きっぷで行く日帰り尾道観光
more...

folder 登山

大台ヶ原ハイキング【自然の森を体感!】
六甲山登山【阪急岡本~有馬温泉約9㎞コース】
more...

folder 京都

JR京都駅から地下鉄京都駅への乗換案内
京都地下鉄1日乗車券でラクラク観光!優待特典もあって便利でお得!
JR京都駅から近鉄京都駅までの乗換案内
more...